フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2011年6月27日号]

上京民商ニュース 2011年6月27日号

60周年記念2つのプレゼント事業

民商の全国組織・全商連創立60周年記念事業として
@歯ブラシセットを共済会全加入者と未加入会員へも1セットをお届けします。
A無料大腸がん健診・・・
2つのプレゼント事業をおこなっています。

班支部の世話役の皆さんには、お手数かけますが、もれなくお届けできるように、よろしくお願いします。

保険料確かに高すぎる!国保課と懇談

「国保料は高すぎる!払える保険料にして欲しい」、みんなの願いを市に届けようと、上京区保険年金課との懇談会が行なわれました。これには、上京民商も参加する上京社会保障推進協議会、生活と健康を守る会などとの共同の取り組みでした。上京民商からは芦原会長や吉岡、越智の両副会長など12人が参加、総勢19人が懇談に参加しました。

3年黒字の京都市国保、なぜ今年も値上げ?

芦原会長は「3年続けて黒字の京都市国保、なぜ今年も値上げなんですか?」と疑問をぶつけられました。

続けて「国保は会社経営ではない、累積赤字だからと、保険料上げてばかりで、払いきれない保険料ではあかん」「この保険料では憲法でいう最低限の生活保障する保証がない」「給料が年間30万円ほど上がったら、保険料23万円が33万円と10万円も上がった」「所得100万円、月8万4千円で生活する3人家族で、毎月2万5千円の保険料の通知が来てる、とても払えない」・・口々に高すぎる保険料に困り果てたという声が出されました。「となりの大津市では、3億円の黒字が出たからと1世帯5000円の値下げをした」と生活健康守る会の猪田さんから紹介されました。

うなずく課長、個々の実情に応じて対応したい

保険課長は「保険料は確かに高すぎる」「国保は社会保障制度」「(減免や納付相談など)個々の実情を踏まえて、対応したい」などと回答しました。「困っている市民の声はどう聞いているか」の質問に係長は「市民が相談にこられる声を、本庁に伝えている」と発言しました。市民の命と健康を守る国保制度・社会保障制度をどう守るか、職員さんと共に考える場となりました。参加者は、懇談終了後、国保料減免申請書の交付を受けました。申請と面接は左記のとおりです。

にぎわった復興支援のはんなり市

6月19日、業者婦人の「はんなり市」が岡崎みやこメッセで開催され、40に区切られた自慢のお店に750人の市民が買い物に、見学にと訪れました。上京民商婦人部からは「織額の展示」「西陣の顧問・手提げ袋の販売」などで参加しました。水野さん、間野さん、河野事務局などが交代で店番しながら、「お客さん」との交流を行ないました。

展示のつもりの「織額」が売れたり、手提げ袋も「友人に上げるし5枚ちょうだい」という人がでるなど好評でした。仁和、正親、乾隆、翔鸞などから会員さんが来て頂きました。

源泉徴収納付計算会・記入会のお知らせ

青色専従者や従業員の給与、税金の1月から6月分を納付する時期がやってきました(納付期日は7月12日)。上京民商では集まっての書類記入作成会を例年どおり行います。ご希望の方はご参加ください。

日時:7月6日(水曜)昼1時30分から3時
場所:上京民商事務所

夏季特別生活相談及び別生活資金貸付事業について

京都市は、生活に困っている世帯の生活相談として、生活費を貸し付ける事業を行っています。次のとおりです。

実施時期:7月8日(金)から13日(水)まで
資金貸付:7月25日(月)
貸付内容:1世帯15万円を限度に、世帯員一人当たり3万円を目安に貸し付ける・担保、保証人は不要です。無利子です。

ご相談は上京民商へどうぞ。

支援物資あればお届けします

震災支援・被災地へ物資を16日から届ける予定です。

Tシャツや男女下着、タオル(以上新品に限る)殺虫剤や食料品、大工道具などなど求められています。提供いただけるものがございましたらご連絡下さい。