フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2011年6月13日号]

上京民商ニュース 2011年6月13日号

借金なし、資産があっても融資だめ?

融資を断られたと相談があった。店舗付き住宅を買いたいと申し込んでは断られ、それではとやっとのことで用意した自己資金で店舗を買い取ったものの、今度は改装資金、これも断られたという。売上が年商300万円程度、確かに多くはないが、蓄えた資産などを活用して、ちゃんと食べていけている。店舗住宅を活用すれば、これまでの店舗家賃がなくなり、経営は改善するのははっきりしている・・・。が本業だけで食べられていないことを政策公庫は問題にするらしい。「だから、経営改善策をやろうとしているのに」がご本人の主張だし、その通りよくわかる。民商は応援するよと話をした。融資もひとり一人の様々な事情がある。融資する側にわかってもらうことには、仲間の力が必要だ。..仲間になってくれればと思う女性企業家だった。

京都経済へ万全の対策を!

京都市議会で、くらた市会議員の質問に、市長は「中小企業の経営支援に万全を期す。保証しぶり、貸し渋りがないよう、信用保証協会や金融機関等に要請する」と答弁しています。この言葉どおり望みたいものだ。

特定調停申し立てで借金残が「消滅」

4月中旬、Tさんから4社の消費者金融から借入れがあり、相談がありました。民商では、「特定調停」を勧めました。調停を申し立てた結果、4社で430万円ほどあった借金が半分以下に減っています。1社は150万円ほどの借金残額が0になりました。これは、長年の返済が多く払いすぎた利息による過払いです。

民商に相談してよかった、光が見えてきたとTさんは喜んでおられます。上京民商ではTさん以外にも、過払い請求を「簡易裁判所の訴訟代理等関係業務にかかる認定を法務大臣から受けた司法書士さん」の協力で次々と取り組んでいます。

*特定調停とは・・

このままでは返済を続けていくことが難しい方が、債権者(貸主などのこと)と返済方法などについて話し合い、事業の再建を図る手続きで、話し合いには調停委員が中に入って進めてくれます。

あったか民商に確信、京都・民商総会

5月6月と京商連総会、京商連共済会総会が行われました。京商連総会には、芦原会長、越智副会長、吉岡副会長、今村副会長、仁和支部山内さん、村上事務局長、共済会総会には越智共済部長、正親支部吉岡さん、室町支部小野冨美さん、河野、村上の両事務局員が参加しました。

東日本大震災から2ヶ月あまり、京都の仲間からの義援金、支援物資を届け、現地では会員会員外の区別なく支援物資などを届けて喜ばれていること、共済会は特別措置で、被災した共済会員へのお見舞金が再建・復興への大きな励ましのなっていることなどが報告され、あったか民商、助け合いの民商共済会の役割を深め合いました。

優れた活動実績上京民商支部・班に表彰

総会では、この1年間の活動で優れた実績を上げた支部・班への表彰が行われました。

上京民商からは、支部役員会の部では年12回以上開催支部「正親支部、翔鸞支部」の2支部、年6回以上開催支部「成逸・仁和・室町・桃園西陣」の4支部。

班会の部では年12回会開催「室町8班・出水1班・仁和B1班・正親3班」の4ケ班、年6回以上開催で「成逸2班」が表彰され、金一封を頂きました。

共済会総会では、「今期、新たに全会員が共済加入し加入者が会員数の200%以上の到達」で正親支部、「毎月95%以上の共済会費回収を維持している支部」として待賢支部がそれぞれ表彰され、金一封を頂きました。

「一人で悩まず民商へ」翔鸞支部で業者訪問

翔鸞支部は、先日民商から送ったダイレクトメール先の中小業者を訪問しました。柴田支部長と河野事務局のペアーでの訪問、和装小物販売や宝石のお店、すし屋やウナギ屋さんなどで話ができました。震災影響で客が減っていることなど聞くことができました。ダイレクトメールでの相談が事務所に続いています。各支部での名簿先への訪問活動は、引き続き行う計画です。

6月19日、京・婦人部協「はんなり市」

京のこだわり商品・作品を集めた「1日マーケット」です。京の仏具、数珠、和装雑貨、皮革小物、都うちわ、日傘、などと、京生菓子や手焼きせんべい、丹後からの焼きイカ、へしこ、魚の干物、沖縄特産品の沖縄ドーナツなどお菓子類も出店予定。

会場の「みやこめっせ」内の京都伝統産業ふれあい館(入場無料)では、この日上七軒の舞妓さんによる「舞(舞妓舞台)」が披露されています。(14時、14時半、15時の各15分間)またこの日はメッセ内で京画・水彩画展覧会が開かれているなど、一日岡崎で「文化」に浸ることができます。はんなり市での「落語」桂団朝も楽しみです。

今・関心事の原発を学ぶ
京婦協、業者婦人のための教室

「原発について正しい認識を」学びましょう。講師は京大原子物理学専攻の市川先生です。

日時:6月29日(水)午後7時より
場所:京都府中小企業会館704会議室