フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2010年12月13号]

上京民商ニュース 2010年12月13号

京商連理事会で表彰!新会長の初舞台

12月5日、京商連理事会で「8月以降商工新聞に2通以上毎月通信を送った民商」として表彰され、表彰状と金一封を頂きました。理事会には芦原新会長と事務局長が参加しました。

会議の最初に上京民商選出の京商連常任理事を小野さんから芦原さんへの変更の報告がされ芦原会長が立ち上がって、挨拶をしました・・・。休憩中に下京の副会長からは芦原会長へ「下京民商での19日の業者青年交流会」へのお誘いがありました。そして右京の副会長が名刺を持って挨拶に来ました。下京も右京も30代40代の役員さんです。若い新会長は、すでに新しい空気をつくっているなあと思う場面でした。

仕事ないかと69歳の女性・相談会

相談者が5人、電話相談も2件、2日に行なわれた上京社保協相談会の結果です。

昼からできる仕事はないか?という69歳の女性、今も午前中掃除の仕事をしているといいます。生活保護を受けたいという49歳の男性は、年金暮らしの母親と同居、親のがん治療で医療費が不安、年末の生活費が借りたいと言う相談でした。

職安前のビラまきで案内もらったという人が多かったのが特徴です。生活保護がむつかしいとアドバイスした人が「なんで!」と相談員に怒ったという場面もあり、切羽詰った相談が多かったようです。

こうした相談活動をできるネットワークが、その一翼を担っている民商もがんばっています。相談会後も、電話相談が続いています。

生活費貸付相談申請受付始まる

今日から、年末の生活資金貸付の相談が始まった。1時に借入れ希望者のみなさんと行ってみた。区役所で1階の待ち合わせで、3階の相談会場には1時5分ごろになった。すでに3組の相談者が申込書の書き込みをしていた。やや、5分の差は大きいか?と思ったが・・・。そのあとも、次々と相談者がこられたが、さて顔ぶれは元会員さんが多い。顔がわからん人は一人だけ・・・。社保協でまいたビラを持った人もいる。民商に相談に来たおじさんの顔も見える。民商の掛かる電話相談では貸付制度を知らない人も多いのだが、元会員は一度は民商で経験した、今も情報をもらえる近しい存在だから来れているのか?要求を実現する団体の存在価値が光る、生活貸付初日の会場のようすだった。

税務署からアンケート、ハガキ、電話

東山では、祇園で料飲業者の税金申告ができていない店に、署員が訪ねてきて、事業主名や開業からどのぐらい経っているかというアンケートをおいていく。出さないと次には呼び出しハガキが届く、返事をしないと電話がかかってくると、いつにない税務署の動きがあります。福知山税務署管内でも、料飲業者に呼び出しがきています。

7日、翔鸞学区の飲食業者が、相談にこられました。「上京税務署から、今月15日までに、事業をやってるか否か、税務署に回答ください」とハガキが来たということでした。この人の場合は、お店をしているものの、税金がかからないようです。

しかし、上京税務署も、東山などと同様、料飲業者の無申告者への、「呼び出し・おたずね」を強めているようです。呼び出し・おたずねで困ったら、「一人で悩まず民商へ」と人助けの一声をかけましょう。

ボーリング大会日程変更のお知らせ

1月30日(日曜)で予定していました、「上京民商ボーリング大会」は事情により、日程を変更いたします。開催日は決まり次第、お知らせいたします。予定された方々には大変ご迷惑を掛けしますが、よろしくお願いします。
上京民商文化厚生部

年末調整自主計算会・記入会のお知らせ

青色専従者や従業員の給料分の税金の確定作業である年末調整の時期がやってきました。上京民商では集まっての書類記入作成会を例年どおり行います。ご希望の方はご参加ください。

なお今年度の源泉所得税納付締め切りは来年1月11日です。

12月22日(水曜)昼1時30分から3時
1月6日(木曜) 昼1時30分から3時
いずれも上京民商事務所にて

商工新聞簡単読みどころ