フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2010年9月20日号]

上京民商ニュース 2010年9月20日号

ローンと支援資金でこれほどちがう?

推薦などで入学が決まる秋を迎えて、教育資金の相談も始まりました。

「生活福祉資金の教育支援資金を貸して欲しい」と社会福祉協議会に相談に行きました。この制度では借入れの名義人は、学校に行く子ども本人がなることに。親は連帯借受人となって保証支援を行う・・となっています。さすがに資金使途ははっきりしているし、相談員さんも「いついるんですか、逆算でいくと何日までに書類がそろわないと・・・」と話が早い・・・。一方、国の教育ローンという政策金融公庫での「ローン」は、ローンというだけ合って、「公共料金の支払い状況が遅れがちなので、(結果は)期待しないでください」ともうアカンというメッセージを窓口の女性が書類を預かりながらいったそうです。これだけの不況の続く中で、払えていないんじゃなくて、遅れるぐらいはありやんかと、といいたいところですが・・、秋から春にかけて子どもの教育費も頭が痛い時期になりました。

*教育支援資金、大学私学で自宅通学、貸付限度額、年額648000円、修学支援費50万円以内、無利子、返済期間は4年制大学の場合は8年返済

*「国の教育ローン」学生一人300万円以内、返済15年以内、元金据え置き、在学期間内

西陣織の部品枯渇対策、前向きの動き

西陣織の力織機の部品枯渇問題で、西工が事務局の京都伝統産業道具類協議会と民商や企業組合に参加する賃織職人さん、そして、京都府、京都市との懇談会が開かれた。京都府はその日になって、出席を断ってきた。いかに、現場を疎んじた仕事をしているかが「よくわかる」。現場の職人さんの声を聞くいい機会を自分のほうから拒否するようじゃ、職人の痛みが分る分らんのスタートにも立っていない。・・

それはともかく、京都市は伝統産業課係長、西陣織担当者の2人が参加した。西工碇山専務の「道具類協議会の活動報告」を受けて、議論が始まった。

市の職員は、「国の雇用対策事業を使って、部品づくりをする職人さんをハローワークで募集を始めた」と報告した。そんなことで、部品ができるかの声もあるが、まずは前向きな施策だろう。民商や企業組合の私たちからは「現行の機料品店を中心とした部品供給システムとメンテナンスシステム、それを支える職人さんへの直接支援を」と訴えた。職員は「考えて考えて・・・」「回り道の方策でも・・・」となんとかしなくては考え出している気持ちがにじんでいるかのような話をしていた。

いま、頑張って支えている西陣のすべての人々を励ますような施策や情報公開が急いで求められている。来年度の事業策定に向けて、職人さんをはじめ、西陣織の産地の声をもっと市、府に届けることが必要だ。なお、この懇談会にはさこ府会議員、くらた市会議員も参加されました。

保険料が払えない、医者にかかれない

13日(月)と日本共産党府会議員団と市会議員団は、ハローワーク前での医療保険証などについての聞き取り活動を行いました。その様子が迫府会議員から報告がありました。

「西陣ハローワーク前でも求職者の生活と健康保険などについて聞き取り調査を行いました。アンケートは1時間という限られた時間の中でしたが18名から回収できました。その中でも2名の方が無保険の状態でした。

40歳代の女性は今年の4月から無職に。そして保険料が払えなくなり、無保険に。これまで1年契約の社員で2回更新されてきたそうです。

28歳の男性は、今年8月に会社都合で離職。いま国保に入ったら、月に4万円かかるのでとても入れない。1〜2ヶ月で仕事が決まればよいが、…この後が心配です。」

さこ府会議員代表質問・・9月28日

迫議員が、9月28日、午後1時より、約1時間共産党府議団を代表して質問を行います。国保の無保険者問題をはじめ、中小業者の円高や不況問題、西陣織伝統産業に対する緊急支援問題、堀川団地問題など上京区民の切実な要求を取り上げ積極的な提案も行う予定です。傍聴ができます。ぜひ参加しましょう。

共済会助け合いの給付に「ありがとう」

今回で3度目の給付を受けました。何度もいただいて何だか恐縮致します。掛け始めた頃は、:一人はみんなの為に、みんなの一人の為に:という信条というか考えに賛同していましたが、どこか他人事として受け取っていたきらいがあります。まさか自分が:一人の為に:の当人になるとは思いもしませんでした。本当に助かりました。ありがとうございました。
 出水支部 YUさん

民商共済会に入れてもらってよかった。長寿お祝金ありがとうございました。
 桃園西陣支部 Yさん

未来に生きる中小業者を考える
9月22日全商連総会方針学習会

全国22万数千の民商会員の智恵が集められた、今年の全商連総会、何が議論されたか、みんなで学び、「時代を切り開く中小業者運動とは」を話し合う集いです。ぜひ、多くの会員の皆さんの参加をお待ちしています。

とき:9月22日(水曜)午後8時から9時半ごろ
ところ:上京民商事務所にて

商工新聞簡単読みどころ