フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2010年8月9日号]

上京民商ニュース 2010年8月9日号

高齢者狙う家の修繕?訪問営業

家の工事のクーリングオフの手続きをした。・・それは一人暮らし、女性の77歳の会員さんのことだ。先月の31日に男性3人がやってきて壁を指差して「ここも、前にうちがやらせてもらいました」とか言いながら、工事請負契約を書かせていった。契約書には「ボンプロンサンバリアフッ素工事・・高圧洗浄、下地調整、下塗り中塗り上塗り上塗り(2回並べて記入)などの言葉が並んだ契約内容と称する「書面」で合計金額が50万円とだけ記入されている。彼女は「お金を用意しとかんならん」と動き回っているときに、民商の仲間に助けられた。

工事はやりたくないのに押し切られた感じいっぱいだ。そこで、大阪に所在する一般建設業という会社に電話をして契約解除を通告したしだい。契約書には「クーリングオフのお知らせ」が印刷されていた。これは消費者国民の声で、このお知らせを載せておかないとこうした訪問販売、訪問営業の契約が無効になると法的規制がかかっているんだろう・・・。いま、書留で解約通知を送った・・・。高齢化する社会、一人暮らしの増える中で、地域の助け合いがどれほど「値打ち」があるかをしめす経験だった。・・・しかし、解除の通知電話をしている最中にも、置き薬屋さんから「今日行ってもええか」と電話があるなど、高齢一人暮らしに心配の種はつきないなと感じた。隣の民商役員は、「神も仏もあるなあ・・」よかったなと自分の事のように喜んでくれた・・・。

税務調査が始まった・・・

「帰ってきたら、玄関前に男がうろうろしていてな・・・」「税務調査です、売上、仕入れ、経費の分るものを用意しておいてください」上京税務署から署員が訪ねて、税務調査が発生しました。いずれも、消費税と所得税を対象とした調査となっています。集まって、税務調査にあたっての、「納税者の権利」を学んで、自主申告を守るためにも権利主張が大切です。

京都全体でも各民商で1件2件と始まっています。

上京民商では「調査対策会議」を開いて、みんなで自主申告を守ろうと計画しています。

(*納税者の権利10の心得を裏面に掲載しています。)

7月目標達成した仲間増やし

7月、京都全体で会員の2%を超える172人の商工新聞読者を増やしました。上京民商でも、「親戚のおばさんに頼んだわ」と水野さんや「神輿などで付き合いのある人にとってもらったで」と小野会長などで7月は6人の新読者を増やして会員比2%を達成しました。

約束期間切れなどで購読中止の読者も出ています。

8月も19日、20日(木・金)をドリームアクションとして商工新聞拡大会員比3%に挑戦します。上京民商では9人の読者増やしが目標です。

商工新聞は、中小業者の経営、くらしの情報がいっぱいです。ぜひ、会員の皆さんからお勧めください。

商工新聞簡単読みどころ