フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2010年8月2日号]

上京民商ニュース 2010年8月2日号

入院治療費無料で助かった

会員のHさんは、このほど病気で入院と成りましたが、上京病院で行っている「無料・定額診療」制度を受けることができて、治療費が免除されました。Hさんは「入院費用が給食費だけはいったけどあとは無料で」「ホンマに助かったわ」と喜んでおられます。

以下、制度概要をお知らせします。

無料・定額診療制度

低所得で医療費の支払いが困難な方を対象とします。

世帯収入が生活保護基準の1,5倍までの人は、免除、1,5倍〜2倍までの世帯は自己負担金を半額にする制度です。

申請された病院・診療所の診療費に対し、保険分自己負担額を減額または免除します。その対象は、各医療保険の自己負担限度額(限度額適用認定証額等)までとなります。尚、入院食事代や院外処方箋による調剤薬局での負担金は対象となりません。

上京区内では、上京病院や仁和診療所、西陣病院などがこの制度を持っています。

市伝統産業活性化の取り組みを聞く

7月26日、西陣ミュージアム構想実行委員会で、京都市の伝統産業課山本課長さんなどから、市の伝統産業活性化の施策を聞く会が行なわれ、上京民商から廣岡さんと村上事務局長が参加しました。

伝統産業課職員からは「伝統産業活性化計画に基づき」「5つの計画、販路拡大、着物着用機会づくり、京もの活用事業、雇用対策事業、技術継承を重点的に進めている」と紹介があり、和柄の活用で、「和柄デザインのプリクラ開発と設置」「京もの記念品カタログづくり」「東京ガールズコレクション」へのきもの、帯の出展、「中学生の着物着付け体験事業」「きものでワイン&京料理パーティー」や四条通りの地下ショーウインドウへの伝統産業産品の展示や伝統産業職人さんの実演、製造工程のPR、そして道具類の確保事業などの説明が続きました。

これらの事業が伝統産業活性化にどれほどの効果を上げているか。事業の評価はどうかとの質問には、「活性化計画の委員会では、厳しい意見もある」という答えが返ってきました。全体でどの程度の予算が使われているのかも、すぐにはわからないとのことで、「ホンマに活性化に役立つ施策は」現場の事業者もいっしょに考えることが大切だと感じました。力織機部品対策は現在、府などと協議検討中という答えでした。

なお、その日に紹介された、支援事業を紹介します。

「京ものきらめきチャレンジ事業」

参考:「京ものきらめきチャレンジ事業」補助対象事業の募集について/京都市産業観光局伝統産業課

京都市では,京都の伝統産業を牽引するトップランナーを生み出すため,事業者等の創造的な活動を支援する「京ものきらめきチャレンジ事業」を実施します。本事業はマーケティングの視点や明確な戦略性の確立により現代における伝統産業製品の需要を掘り起こす事業活動をサポートするものです。

消費者の感性に合致したものづくりとともに,その製品の販路確保・拡大を行う明確な戦略を持った事業を対象とします。

@事業テーマ

平成22年度は「首都圏(事業効果が期待できる場合は,関西圏,中部圏も申請可)」

「団塊の世代」「海外」をターゲットとした事業を募集します。

※単に首都圏等で展示会を行う等の事業は対象となりません。

A補助対象者

伝統産業に従事する者が組織する以下の団体又はグループ。

1. 産地組合等(協同組合,商工組合,任意組合等)

2. グループ(それぞれ別々の事業所に勤務する4名以上の伝統産業従事者によるグループ及び事業実行委員会・協議会等)

3. 公益法人

4. NPO

B補助金額

・補助対象経費の1/2以内の金額とします。

・補助金額の下限を100万円,上限を300万円とします。

C申し込み

平成22年8月13日(金曜日)<必着>までに伝統産業課へ申し込み書ほかを直接持参されるか又は郵送で提出してください。

採択・不採択の通知を9月上旬(予定)に行います。

京都市産業観光局商工部伝統産業課(岩田)

詳しくは、上京民商までご相談下さい。

商工新聞簡単読みどころ

仲間が増えて・・みんな元気

7月21日、22日に取り組まれたドリームアクション(全府拡大連帯デー)で、商工新聞読者2人、新会員1人を迎えました。

「後期高齢者医療保険が高すぎる、なんとかならんか」と相談に訪れたNさんは、元商工新聞読者、朝から元会員のOさんからも「Nさんが行くし相談乗ったげて」と言う連絡もあった。なんともならんのやけど、みんなで制度を良くしましょうとお話して、商工新聞を再度購読頂きました。

乾隆学区でLED電球の販売を行っている会社のT社長は、「大阪の親会社に民商を勧められました」と相談にこられて入会されました。

一人で悩まず民商へとお勧め下さい。ご紹介お待ちしています。

「民商」法律相談会のお知らせ

上京民商では毎月弁護士さんにお越しいただいて法律相談会を行っています。事前に予約が必要です。ご希望の方は事務局までご連絡ください。

8月17日(火曜)、8月23日(月曜)
いずれも午後1時から午後3時まで