フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2010年7月19日号]

上京民商ニュース 2010年7月19日号

参議院選挙・消費税増税計画押し返す

菅首相が選挙直前に打ち出した消費税率10%への引き上げに断固反対する全国のたたかいは、増税反対の世論を大きく広げ、与党を過半数割れに追い込む厳しい審判に結びつき国民の怒りで、来春3月末までに消費税増税案をまとめる計画は押し返す結果を作り出しました。大企業とアメリカにはっきり物をいい、消費税増税反対を貫いた政党が議席を減らしたの残念ですが、増税勢力には打撃となる結果です。

民主党の幹部は「来年3月というのはなかなか大変ではないか、これに固執せず進めるべき」(玄葉民主党政調会長)「当初想定していた期限にこだわらない」(枝野民主党幹事長)と言い出しています。

増税を押し返す運動では、わが民商も、宣伝カーの運行やポスターの貼り出し、消費税増税反対アピールビラの配布など大いに役割をはたしました。どうすれば政治が変わるのか、今後はいっそう政治の中身が問われます。13日に開いた消費税廃止上京区連絡会事務局会議でも、「今からが大事」「いっそう頑張ろう」とこれからの宣伝計画を決定しました。

消費税増税反対の人々が消費税増税10%を公約に掲げた自民党に投票するという矛盾した行動もあったわけですが、社会保障の財源をどうするか、財政赤字をどうするか。いずれ軍事費や大企業への課税の見直ししなくては解決できないことがはっきりする時期がくるでしょう。民商は、引き続き国民の暮らし、中小業者の営業を守る為、消費税増税反対を広げる運動が大切です。

共済総会、乾隆、滋野、出水、室町表彰

先ごろ京商連共済会総会が開かれ、上京民商から越智部長をはじめ5人の代議員が参加(出席率100%)。助け合いの民商理念を具体化した、共済会活動、命と健康を守りあう健康診断活動など各地の経験が交流されました。

総会では、会員比2倍の共済会員に新たに到達した支部として乾隆支部、生存者重視の本則制度へ全員が移行した支部として、滋野支部、出水支部。配偶者加入が対象者の8割加入した室町支部がそれぞれ、表彰され、金一封が渡されました。

7月24日比叡山から地上デジタル波

7月24日(土曜)には比叡山から地上デジタル波が発射されるらしい。

班会や支部の集まりでも、「話題」の地デジ、アンテナ工事がいるとか、デジタル電波を受けるテレビ、チューナーがいるとか、議論?がされている。

ところで、NHKに問いあわせした結果7月24日にデジタル電波を出すという。これで現在UHFでNHKとKBSのデジタル波を受け見ている家庭は民報4社4,6,8,10のテレビ放送もデジタルで見れるかも。そうしたら、アンテナ工事が不用になるか?

いずれにしても、来春来年2011年にはデジタル波へ完全移行というが、準備対応できない世帯の対策を求めていかなくてはならないでしょう。

フラワーレッスン・マエストロ

昨年秋の開業、今春民商に入会した「マエストロ」という花屋さん(仁和支部カセヤさん)が、フラワーレッスンをしていますのでご紹介いたします。

30歳の彼は、生花使用による店舗装飾を行っており、最近では京の大手百貨店のフラワー装飾も手がけています。

マエストロ・フラワーレッスンの案内には「イエロー&グリーンの元気いっぱいアレンジメント4500円、季節にあった花材を取り上げて完全フリースタイルアレンジメント7000円とあります。いずれも花代が込みのレッスン料金です。

商工新聞簡単読みどころ