フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース]

上京民商ニュース 2010年6月7日号

子ども手当てが今月から支給

子ども手当てが今月から支給されます。今まで児童手当を受けておられた世帯は1ヶ月3歳未満の子どもの場合は1万円、3歳以上の場合は、一人5000円が1万3千円になるわけです。しかし、来年1月からは、15歳までの子どもの扶養家族控除、16歳から18歳の子どもの特定扶養控除として上乗せ分の一人25万円が廃止になる増税との引き換えです。

なお子ども手当は、現行の児童手当の対象世帯には自動的に支給されます。中学2、3年生がいる世帯や所得制限で児童手当の支給対象外だった世帯は、申請手続きが必要となるそうです。京都市は、該当世帯には案内文書を送ったとのことです。

夢を追う青年業者、融資同行紀

マエストロ君の融資申込みに同行した。事業の夢を語る彼は若い、夢を語るまぶしいほどの光がある。他店との違い作ることを意識しているなあと考えさせられることがあった。彼は花屋だが、ネットでのギフトの注文を受けたら、お届け先へ届けた花の写真を、注文主に渡しているという。気が利くねと言われてその写真は撮っておいてとっておいてくれたり、注文主の店などに張っておいてくれたりと、一味違う「足跡」を残すわけだ。マエストロのロゴ入りのギフトパックの包装材も考えているとか。ぜひ、商売も人生も応援したくなる青年だ・・。今度は民商の仲間ともっと触れたってもらえればとたのしみになってくる。

人生、民商、商売を一筋に生きている会員の皆さんは、みんな、味のある人ばかり。こんな人がみんな力を発揮できればオーケストラのようなハーモニーを生み出すに違いない

無保険者が増える、国保高すぎるから!

5月26日、日本共産党府会議員団は七条ハローワーク前で健康保険の実態や要望を聞くアンケート活動を行ない76人から話を聞きました。そのうち12人が無保険。20代男性は「保険のことを知らない。病気にかからんようにしている」「国保に滞納があるがとても払えない」「保険がなく病院にいけない」など大変な実態が明らかになりました。

迫府会議員も「私が話を聞いた6人のうち2人が健康保険に未加入でした。会社を辞め任意保険に加入しようとしたが、期限が過ぎており、国保に加入しようとしたが保険料金が高すぎて、「もうどうでもいい」とあきらめていた人や会社がつぶれ次の会社を探しているが、すぐ見つかると思って、任意保険にも加入しなかったが肝心の仕事が見つからない。もう半年保険がない。この間病院で治療したが、10割負担。今はまだ、蓄えがあるからいいが、今後不安だと率直に語ってくれた人など驚くような実態だ」といいます。

最後の受け皿になっているはずの国保の改善が切実に求められています。

普天間基地は無条件撤去を

5月上京区内の民主団体、労働組合などで、普天間基地無条件撤去を求めるデモを行いました。上京民商からも代表が参加しました。この問題では、鳩山さんが辞任にまで至りましたが、会員さんの中にも、怒りが広がっています。

ある会員さんと事務局との対話では、「基地なくなったら攻められるとちがう」「いえいえ、普天間の海兵隊は、世界中に攻め込む為の部隊やで」「そやかて、ないと攻められへん、中国とか」「戦後戦争し続けてるのはアメリカやんか・・」世界の本流は、力の解決ではなく、話し合いでの解決に向かってることをわからないと、なかなか抑止力論から抜け出せないようです。

しかし、「力で平和維持する考えは日本も核を持てというところまでエスカレートするで」には「原爆はアカン、絶対」と意見の一致をみました・・9条守れ、核の廃絶の人類的共感はかなりの幅広さ、世界でも核廃絶に向かって大きな一歩を踏み出しました。今、基地問題をめぐって平和について草の根で議論が広がっています。

民商会員の特典・共済会加入を

6月は19日20日と全商連共済会総会が新潟で開かれ、越智さんが参加予定です。また7月4日には、京商連共済会総会が開かれます。会員本人は年齢制限もなく無条件に加入できる助け合い制度です。

5月の末には、80歳を超える会員さんが共済会入会されました。75歳以上の入会者は翌月から入院給付が受けられます。また家族や従業員は入院中、通常の労務などに従事することが出来ない人を除いて加入できます。1年間は加入時に通院治療を受けている場合は、入院見舞金などは支払われませんが(災害に場合は除く)1年間の免責期間が過ぎれば、入院が3日以上の場合1日目から給付を受けることができます。現在通院治療中の人でも加入できるわけです。

共済会ありがとうの手紙

いつも、お世話になりありがとうございます。皆様の常日頃のおかげと感謝しております。
出水支部 Kさん

先日、長寿お祝い金を支給されて、ありがとうございました。本当に助かります。
仁和支部 Kさん