フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2010年3月22日号]

上京民商ニュース 2010年3月22日号

門さんも参加!重税反対の集会・デモ

3月12日、重税反対決起集会3,13行動が開かれました。朝9時30分より決起集会、三々五々集まった会員さんや他団体の組合員、団体代表者など120人が参加しました。

「子どもなどの扶養控除をなくそうとしている」「配当所得や株取引にかかる税金が低すぎる、鳩山さんもブリジストンからの配当で5200万円も減税を受けている」など庶民増税ではなく、大企業・大金持ちからこそ「応分」の税金を払ってもらうべきだと発言者からこもごも訴えられました。

集会の最後には、門府知事選挙候補が駆けつけ、「私も上京の住民」と切り出して、「命の平等、暮らしの再生を」「政治を変えて、失う命を救いたい」と訴えられ、税務署に向かったデモ行進では役員の皆さんと共に先頭に立って歩かれ、道行く市民からも声援を受けるデモとなりました。

上京区内の諸団体・市民共同の集会として成功

集会では北上地区労働組合協議会の厨子事務局長、光正企業組合の浜部専務理事、京建労の酒井さん、消費税をなくす京都の会世話人木下和子さん、上京料飲組合の松田事務長さんが発言やメッセージの紹介などで参加いただき、迫府会議員、くらた市会議員が来賓としておこしいただきました。また越智副会長が司会、芦原副会長、京建労の九里さん、生活と健康守る会の猪田さんのお三方が議長。仕事で参加できない小野会長に代わって、今村副会長が主催者挨拶など上京民商の三役が先頭に立って運営しました。

扶養家族の所得控除なくさないでとハガキ

重税反対の行動する集会として、鳩山さんや菅大臣などへの抗議はがきも集まりました。

「年々、不況になり毎日生活が大変です、どうか私達弱いものがつつましく生活出来る様、これ以上の増税は止めて下さい」「消費税増税絶対反対、国民を苦しめないで」「後期高齢者医療保険を一日も早く止めて下さい、4年先までは命がありません。公約を守って下さい」と『私の意見』が書かれたはがきなどがたくさん集まり、民商ではさっそく投函しました。

違法な差押え止めよと区に抗議

「息子が府市民税を払うの忘れてたら、区役所から給料差押えると言うてきたんやわ」と支部役員会で話題に。仁和支部の越智さんが、息子のお嫁さんと一緒に右京区役所に相談に行った体験です。滞納税金は今年度の市民税7万5000円。差押通知には「給料から初回3万円、そのあと1万数千円づつ差し押さえる」と書いてあります。

「息子の会社では所得税は天引きするけど、府市民税は、それぞれが払うことになっていて、払えていなかったことも、よくわからんかったんです。とりあえず3000円づつ払います」と「相談」しました。区役所職員は「3000円ねえ・・・それではねえ・・」上司に聞いてみますと見えなくなったあと、「やっぱり3000円ではダメです」というそうです。越智さんたちは「そんならもう帰ろうか」という気分にもなったそうですが、なにせ給料の差押えが予告されているわけですからもう一度「相談」に行くことになっています。

差押え禁止の収入なのに

息子君は妻と子ども2人の4人家族です。実は収入によっては差押えの禁止が定められています。府の基準では4人家族は収入で465万円以下の場合は「禁止」です。越智さんの息子さんはこれを下回る収入、つまり給与差押自身が違法といえるものです。これは支部役員会の話し合いの中でわかったことです。民商では、あらためて、違法な差し押さえ止めよ、分納を認めよと交渉の予定です。

商工新聞読んで・融資が実現

居酒屋を営む会員さんは、2月半ばから、融資の準備をして申し込みを行っていました。上京民商ではこの一年の売上や経費の支払いの整理を応援し、ご本人も領収書などを月ごとにノートに貼り付けるなどの整理を行ない、面接の結果「21年度確定申告書を提出することを条件に」申し込みどおり実行すると通知がありました。「商工新聞を読んでいて、うちもいけるのではと思い、民商に相談してよかった。民商を周りの人にも勧めたい」と喜びを語っていただきました。

共済会へ、ありがとうのハガキ

この度は、長寿お祝い金をありがとうございました。6年前に主人がいただきました。お礼も言わずだったような気がします。今年はいろいろ祝い事が重なっていて本当にありがたく感謝いたします。
民商運動のますますのご発展をお祈りいたします。
ありがとうございました。  出水支部Kさん

入院見舞金ありがとうございました。4回もあった3日間の短い入院にも共済金がいただけて本当に助かりました。民商仲間の助け合いに感謝の気持ちでいっぱいです。
要介護見舞金をいただきましてどうも有難うございました。大切に使いたいと思います。
待賢支部 Hさん

商工新聞簡単読みどころ