フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2010年1月25日号]

上京民商ニュース 2010年1月25日号

税「徴収猶予」実現!

固定資産税を滞納していたAさんは、区に呼びだされては、「少し払う」が続いていました。今回民商に相談し納税者の権利として、納税緩和措置があることを学んで、改めて役所に説明してみました。

「インフルエンザや不況での売上の減少、父親の病気の援助」などを説明した結果、税の徴収猶予が決定されました。これで、税金の支払いが猶予され、延滞税もその間は免除されます。Aさんはこの機会に、経営建て直しを考えています。

税金が払えなくて困っている人は、民商に相談してください。納税者が税・保険料などを払えない場合も、生活を保障する「納税緩和」の制度があります。

70才以上の医療費負担はどうなる?

「4月から70歳以上は、病院で2割払わんならのか」毎月の吉田分店での班会で飛び出した話。昨年10月に編集したらしい国保便りが届いて、4月から2割とかいてあるらしい。役所に問い合わせると、いまのところそうだという説明、よく聞くと4月から1割負担としようかと国で検討されているが決まらないとお知らせできないという。

この70才以上、74歳までの医療費窓口負担2割を凍結し、1割にしてきたのは、毎年先送りして2年になるわけだ。後期高齢者保険を廃止せず先送り存続させようという政府だが、参議院選挙もあり、国民世論が気になるわけだ。そこで、1割負担にするための特効薬はこの署名(「京都経済再生をめざす要請署名」)集めてとお願いしておいたが、さてさて、どうなることか・・世論が政治を動かす時代であることにもっとみんなが確信持って、署名を集め、仲間を増やそう。

固定費補助を、金利負担援助を

京都府下の市町村では、無利子融資が次々と生まれています。京丹後市では、利子全額補給の制度。宇治市や久御山町は利子分を補給してくれて、実質無利子、舞鶴市では、緊急無利子融資が実施されています。

今話題の日航の再建でも政府が支援をおこなってますが、中小業者への固定費補助は正当で緊急の要求です。民商で集めはじめている、「京都経済再生をめざす要請署名」は、休業補償、家賃、固定資産税、リース代金など固定費への直接支援を実施せよと求めています。全国、京都府下各地で色々な「支援策」が始まりだしています。大きな声にして、府や京都市に支援策を実施させましょう。あなたの署名が力になります。

確定申告書が届きだしました

申告準備の班会も始まっています。3月初旬までの期間に、各班、支部での税金申告相談会を行っていきます。順次お知らせをする予定です。個人の場合は、昨年1月から12月までの売上や経費の集計などを行ない、生命保険の掛け金など、保険料控除証明書、国民年金掛け金支払い証明書、国保など医療保険支払い金額などをまとめておきましょう。

仕事起こしの話合いしました

1月19日、仕事起こしの話合いを行いました。

これは会員さんから持ち込まれた、『有名寺院の発注する宗派の行事での「引き出物」グッズを作れないか』と言う話から、織物業者、印刷業者、お守り製造業者さんなど5人が集まりました。

「50年まえの節目のときにもグッズが作られた」「財布やタペストリーはどうやろう」色々と案が出され、作れる作品の概要をだして応募してみようと申し合わせました。どんなこと?興味のある方は、事務局までご連絡いただければご説明いたします。グッズ作り参加者募集中です。

楽しかった民商新春のつどい

1月17日(日)上京民商新春のつどいが開催され、30人が参加しました。会長の挨拶のあと、来賓として参加した伊藤京商連会長、くらた市会議員、さこ府会議員さんがそれぞれ挨拶され、吉岡副会長の乾杯の発声で「懇親」がスタート、開場に用意されたカラオケを歌う人、ダンスを踊る人、テーブルで歓談する人などなど楽しい一夜を過ごしました。

民商婦人部第三十六回定期総会ご案内

左記のとおり、婦人部総会を開催します。女性同士の懇親、交流もかねた会合です。ぜひお気軽にご参加下さい。

とき:1月31日(日)午後5時開会
ところ:味やす(一条通千本東入ル北側))
会費:2000円

商工新聞簡単読みどころ