フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース]

上京民商ニュース 2010年1月18日号号

「仕事おこし署名」集めることを決定

上京民商新年理事会では「仕事おこし署名」を集めることを決定しました。1会員10筆目標に取り組みます。

まず、1月中に、門さんで府政転換と資金繰りや確定申告に役立つ情報満載の商工新聞号外をお届けします。署名と商工新聞号外をご近所の中小業者や住民の皆さんとの対話を通じてお届け下さい。集まった署名は役員さんや班長さん、事務局までお届け下さい。

「声」に押され知事も固定費補助に言及

「仕事おこし署名」とは、昨年6月からとりくんだ「休業補償、固定費補助、固定資産税の減額」などの署名を発展させたものです。昨年は、京都全体で58団体と2,136人の個人署名を京都府へ提出し府交渉を重ね、府議会でも繰り返し取り上げるなかで、現知事も「固定費補助」にやっと言及するところまで押しあげてきました。(12月議会では「交付金を活用し固定経費も含めて幅広く支援するための事業を提案している」と言及するに至る)

この願い実現は門さんでこそ

この到達点と中小業者の共感をさらに広げ、大企業やベンチャー企業への応援にかたよった現府政を根本から転換することが、中小業者の仕事づくりへの最も確かな道です。署名を通じて、府政転換のマニフェストを掲げる門ゆうすけさんを積極的に紹介し対話を広げるようにしましょう。

仕事よこせ、医療費負担を無料に要求

署名の要望項目は、@中小業者支援を府政の重要な柱として位置づけることや、A緊急支援策を実施して中小業者をつぶさないこととし、休業補償、家賃、固定資産税、リース代金など固定費への直接支援を実施すること、固定資産税、国保料などの減免を行うこと、信用保証料や金利の負担軽減を行うことなどを求めています。また、府の発注する仕事での府内建設業者や小売・サービス業者の仕事おこしをはかることも求めています。

そして府民の命と健康を守ることとして、京都府の制度として、子どもの医療費窓口負担を入院も通院も小学校卒業まで無料とすること、65歳以上の高齢者の医療費窓口負担を軽減することを求めています。

府民に冷たい現知事、門さんで府政転換

2002年12月京都府商工部は、「弱者救済的補助より、伸びる企業に重点をおいた施策が必要」と「京都産業活性化プラン」を策定し2004年4月、中小企業融資受付・診断窓口の廃止、金融機関への丸投げにより行政責任を放棄してきました。

知事は、「小泉構造改革に同感」(05年1月30日京都新聞)、「規制緩和によって強いものが勝つ。これは非常に成功した」「本来強いものが勝ち、日本全体の活力をあげていく必要がある」(08年2月7日関西財界セミナー)と、弱肉強食の新自由主義的経済政策を積極的に推進し、貧困と格差を拡大してきました。市町村合併の押し付け、また、大手企業の誘致には、1社当たり20億円の補助を行い、今日までに71億円の補助を実施しています。他方、2008年の商店街関連予算で9300万円の削減をはじめ、2億4100万円の中小企業関連予算が削減されました。そうしたなか、京都の事業所は、この10年間で5軒に1軒、2万7千軒が廃業に追い込まれる事態となっています。

商工新聞読んで「民商に入ります」

「商工新聞よく読んでます!民商さんすごい成果を上げている」といって料飲業者が入会してくれました!昨年入会の弁当屋さんも「フランチャイズのことも取り組んでるんですね」って、会員さんが渡してくれていた商工新聞を読んでの感想を聞かせてくれたし、年末には商工新聞の生活福祉資金の記事を見ての相談もあり山科で入会されました。良かったことは人にも知らせようですよね・・・・・・。

自転車に乗っていると、民商事務所のご近所の紋屋さんが声をかけてきた。「商工新聞とるわ・・」「え、?」よく聞くと昨年の全国商工交流会吟行の分科会に参加されたとか。商工新聞紙上の「読者の文芸」欄を読みたいとのことでした。

さすが、商工新聞・・・。みんなで配る商工新聞号外も人助けの大きな力になりそうです。

特定健診期間復活・・・?

医療保険ごとに、健康診断を「費用負担」することになって、料飲国保に入ってる女性からの問い合わせで、10月で「特定健診」受診期間が終わっていた問題・・電話で組合に問い合わせたのが・・?もしくはニュースで皆さんにお知らせしたからか、10月で終わっていた検診期間が再復活で「健診」受けれることになった。それも、上京料飲組合の事務局員さんに、話しておいたおかげで、「変更通知」があったことを教えてもらい、ご本人につなぐことが出来た・・・。やっぱり「言うてみるもんやね」はかの女性の一言・・やっぱり「ネットワーク」やねは私の一言・・・

健康診断結果報告会開催しました

健診受診は40人を超え、1月13日には、お医者さんも参加され健診結果報告会を行ないました。毎年健診を続けることで、自分も体の中のことについてよく判るようになると説明があり、御ひとり御ひとりへの医師からのアドバイスがされました。

共済会へお礼のハガキ届く

先日、入院見舞金を頂いて有難うございました。大変な病気にかかり、しんどくて自分の体をどう継続していけばと落ち込んでおります。年末に病院にとお金がかかる時に、たくさんお見舞金を頂いてありがたくてうれしく感謝の気持ちでいっぱいでおります。ほんとに有難うございました。   室町支部 Hさん

いつもお世話になっています。入院見舞金を頂戴いたしありがとうございました。お礼申し上げます。
出水支部 Kさん