フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース2009年11月30日号]

上京民商ニュース 2009年11月30日号

ひとりで悩まず民商へ

●年末資金繰り相談が増えています。経営を見直し、プランを立てて銀行に融資支援を求めましょう・・「金融円滑化法」は新規融資実行、条件変更の努力義務を銀行に求めています。

●生活費の貸付は12月8日から14日まで、上京民商は12月9日(水)
午前10時区役所3階会議室集合 ・・・詳しくは本号折込チラシを!

●生活福祉資金貸付限度460万円、償還期間10年以内が新たに始まりました。

国保料が三分の一になった!

国保はやっぱり高い−社会保険が払えなくてやむなく会社を休業、やっとのことで社会保険を「脱退」して国保に入ったら、とほほ、20万円もの国保料の通知が来た。

所得割の基礎となる金額は113万400円、この人は給料なので、要するに月15万円ほどの収入、これから計算すると年間保険料が20万円、わからないでしょうが、計算はこうなる。ひと月の収入を超える保険料。

ところで、今年の収入が減少していれば保険料が軽減できる。知らないと、申請しないとだめなんだけど、大不況の会社からの給料なんて今年は出ていない、アルバイト収入があるだけ。申請すると年額7万円ほどになった。それでも7万円を3月末までには払いきれないので、毎月5千円としてもらった。とりあえず、民商に相談してよかったケースだろう。国保の減免はいつでもできる、まず民商へ相談を。

年金増えたら、保険やら税金ごっそり

年金が増額になったら、後期高齢者保険やら介護保険やら値上げラッシュという相談。会員のおばさん、ご主人が以前お勤め分の年金期間が新たに判った。さかのぼって年金が増額された。先のとおり、あれもこれもの値上げ、国保なんかは過年度分と19年度分の増額差額を請求してきた。

市民税課に問い合わせすると、配偶者控除、障害者控除も引けてない、知らなければ2万円ほど市民税は払いぱなしになるところだった。府市民税は聞かないんやね、控除がどうなってるか。賦課課税だからそんなもんなんだけど、その割には雑やね。税金のかけ方? 申告を出しにこんど区役所に行くことになった。税金はよく見れる目と頭が大事やね。

民商健康診断へのお申し込みをお急ぎ下さい。

今年4月から9月に行われた、全国の民商健診では「異常なし」が10%と年々下がっており、8割の人が健康上なんらかの問題を有していることが判りました。高血圧や高脂血症、肝機能障害が多いようです。民商共済会からの援助のある民商健診を受けて健康を守りましょう。なお、上京健康友の会の会員さんは、友の会キャンペーンで便潜血検査が「無料」となっています。

「民商」法律相談会のお知らせ

上京民商では毎月弁護士さんにお越しいただいて法律相談会を行っています。事前に予約が必要です。ご希望の方は事務局までご連絡ください。

12月21日(月曜)12月22日(火曜)
いずれも午後1時から午後3時まで

商工新聞簡単読みどころ