フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース]

上京民商ニュース 2009年10月19日号

行ってきたわ!全国業者婦人決起集会

「私たちは負けない。所得税法56条をなくし大増税をつぶして、この手に人権をつかもう」―台風の強風と大雨に負けず、各地から参加した業者婦人約1360人の熱気が東京・日比谷公会堂(東京都千代田区)にあふれました。これは10月8日、全国業者婦人決起集会の新聞報道です。

京都代表団は、台風のため、新幹線が運転を見合わせる中、京商連婦人部協議会三役が代表として参加をしました。上京民商からは、水野さんが署名を携え参加しました。

東京へは、正午前に到着、思ったより早く着く?昼食抜きで議員会館へ、4区選出の民主党議員とこくた衆議院議員の部屋を訪ねました。どちらも秘書の対応でしたが、56条を廃止して欲しいという要請文を読み上げ懇談し「思い」を議員に伝えてと訴えました、帰り際に訪問を予定していなかった日本共産党吉井議員の部屋が目に入ったので、思わずノック、議員本人と話ができました。「廃止に向けてお互いにがんばりましょう」と別れました。午後1時からは、決起集会に参加、台風の影響で代表1人だけとなった県連もありましたが、私たちは負けないのスローガンどおり、熱気溢れる集会に、大阪のおばちゃんのパワー満載の「コント56条」あり、消費税増税反対宣伝を10年続けている元気な経験談ありと盛りだくさん。この日は、デモは中止と成りましたが、業者婦人の心意気を示した一日となりました。

仁和支部が支部総会開く

10月10日、夕方から仁和支部が支部総会を行い18人の会員、婦人部員などが参加しました。

久しぶりに、見る顔もあちこちに、「元気にしてた」「なんとか」「ぼちぼち」と挨拶を交わす姿も。越智支部長は、「私たちの声と運動が、新しい政治を切り開いた、現実の暮らしは、すぐに良くなるわけではないが、中小業者の要求を実現するひとりひとりの声をまとめる運動と、班支部での助け合いの活動を進める民商出番の情勢」と訴え、この間、奥さんをなくされた方の『共済で思った以上の給付が届いて本当に有難かった』という声も紹介して、全会員の共済加入で助け合いの民商の良さを前進させようと呼びかけました。

来賓のさこ府会議員、蔵田市会議員それぞれから、総選挙後の府市会議会の変化や、政治の変化を暮らしの変化へと訴えられました。

総会は前総会後の活動のまとめや今後の計画、支部財政の決算、新役員などが提案され了承されました。引き続いて行われた懇親会では、会員どうしの交流が深められました。支部長には越智満子さん(フアッション・ディスプレイ業)が再任されました。