フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2009年9月14日号]

上京民商ニュース 2009年9月14日号

やめろ!命の差押え

税金が払えてへんねん、・・融資の相談から出てきたのは、消費税や国保料が払えていないという「実情」だった。「もっと早く相談しようと思ってたんやけど、仕事が入ると忙しくて」と彼は言っていた。春の班会での融資の話に、一度相談してみようと思っていたらしい。彼の滞納税金は20万円、そして延滞金が20万円だそうだ。母親がかけてくれている簡易保険を差押されているという。

税務署は資産調査をして、「簡易保険で借りて、消費税を払ってほしい、そのほうが延滞金より金利負担が安いやろ」ってなことを言うらしい。払えない事情を聞くべきだ、そして、換価の猶予なりの適用で延滞金をさげるべきではないか・?

いざ税務署へ・主張すると換価の猶予するつもり?

ということで、資金繰り表なども作り、いざ上京税務署へ・・・いつもと勝手が違って、1階の「特別徴収官」が応対した。

「得意先からの仕事が激減しており、一括して納税はできない」ことを伝えた。「私の責任ではない収入の急減によるもので、延滞金の減額を」と申し出た。すると先に送られてきていた、「納付誓約書」をだせば、換価の猶予の適用で、延滞金を減額するつもりだと徴収官は言う。彼は、「もっと前からなぜ、そのことを適用してくれなかったのか」と突っ込んだ。徴収官は、50万円以上の延滞金がある場合の換価の猶予は担保がいる、あなたに担保があるとは思わなかったというのだが、その一方で、簡易保険を差押えしている。納付誓約書を出せば、差押えも解除するという。それは、年度末には簡易保険から借入れして税金を払えという条件づくりだそうだ。

新政権の下で、無茶高い延滞金も下げるべきだ。

主張しなければ、馬鹿高い延滞金がまだまだ続くところだった・・・

税金や保険料等払えずにお困りの皆さん、まず民商にご相談下さい。

商工新聞を増やしてください

商工新聞が読まれています。今週も税滞納での差押解除させ、融資も実現した話が載っています。中小業者が困難を乗り越え、どっこい生きている経験談が満載です。今、京都では、11月に向けて、会員の24%、4分の1の商工新聞読者拡大を目指して奮闘中、上京民商は7月8月と目標の6%を拡大、9月は5%の15人が目標です。各支部では役員会でいかにして増やすかと相談中です。会員の皆さん、ぜひ、知人友人に商工新聞をお勧め下さい。よき一報お待ちしています。

天引きのはずが・・督促きた!

後期高齢者医療保険、年金で天引きされているはずやのに、督促がきたと会員さんが怒っていた。なにか、当局の都合で3ヶ月ほど「普通徴収」になったらしい。なんでやねん、・・会員さんが区役所までいったけど、・・怒りが収まらない様子・・他にも何人か同様のことがあった模様だ、・・・当局の都合とは昨年始まったとたん大不評のこの保険、時の政権は慌てふためき昨年秋に保険料の減額を実施した、その結果、昨年度後半年金からの天引きのなかった方々には、今年6月からの天引きができずに納付書で払って、となったらしい。天引きをしたりせんかったり、お年寄りイジメの制度ですな。先の選挙で、後期高齢者保険廃止を求める政党が多数派になった、ここはいっちょ、早くやめて欲しいね。こんな保険。.

緊急人材育成支援事業に問い合わせが続々

先週のニュースでお知らせした、職業訓練を受けることで訓練期間中の生活費の保証がある制度には、会員や読者の子どもやお孫さんなどからも問い合わせがありました。上京民商では、さっそく、14日にハローワーク西陣に出向き説明を受けることに成りました。具体的な活用の方法など、今後紹介していく予定です。

業者婦人の地位向上署名を集めて

婦人部では、10月8日、全国業者婦人決起集会を東京で開催します。上京民商からは、仁和支部水野さん、山内さん、河野事務局員が代表で参加の予定です。その日に向けて、「業者婦人の地位向上署名」を集めて、国会に届ける予定です。ぜひ署名運動にご協力下さい。

現在215筆が事務局に届いています。

秋の大連休、20日は岡崎へ

京都市商工交流会・元気位置とわっと shouw魂

上京民商では、参加の皆さんへ、わっとshouw魂で、行われる、ビンゴ参加券、飲み物つきをプレゼントします。行ってみようと思われる皆さん、事務局までご連絡下さい。チケットをお届けします。

商工新聞簡単読みどころ

次号21日号は、連休の為休刊です。次号は28日号