フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース2009年7月13日号]

上京民商ニュース 2009年7月13日号

区国保課へ申し入れ・懇談

7月2日、上京民商や生活と健康守る会、上京社会保障推進協議会は、上京区役所国民健康保険課への「国保制度の改善を」の申し入れと懇談を行いました。国保課からは課長や係長、ほか課員2人が応対、上京民商会員など20人が参加しました。

今村副会長が「西陣は火が消えたような状況、商店街や地域の中小業者も同様、国保の値上げは、いっそう暮らしを困難にする、行政として支援をきめ細かい対応で願いたい」と申し入れ、「国保減免制度を徹底周知することや、減免取り消しなどは慎重かつ機械的対応を行わないこと。窓口では親切で丁寧に、加入者全員に無条件で正規の国保証を発行すべきこと」など6項目を要望しました。

保険料は減免してやっと払える

減免の丁寧で親切な適用をめぐって、国保課長は「本来、減免が通っても、業績が好転した場合、今はそこまでしていないが・・減免した保険料を修正してもらわなければならない」など、減免をめぐる「扱い」が議論になりました。

参加者からは、国保料が所得に比して高すぎること、今、生活保護基準を下回る収入でなんとか暮らしている業者や市民の実態から、保険料は減免してやっと払えるほど、減免してもらってもお金が残ってるわけではない」と率直な声が出されました。

保険料滞納世帯の実情を役所の側からきちんとつかんでほしい、役所の敷居は高いなどの声も出されました。

国保課長は、国保課窓口ではきめ細かい相談を行うよう努力している話が出され、短期証の問題でも『正規証がいいのに決まっている』と話されました。

実情に応じたきめ細かい相談で、国保減免を行うことや、減免取り消し問題も、実情に応じて処置することなども強く要望して懇談を終えました。

国保減免の取り組みについて・・留意事項

なお参加者には、国保減免申請書が交付されました。

当日参加出来なかった方々には、今後の班会や支部相談会でなどで書類をお渡しします。また事務局に書類はありますので、必要な方はご連絡下さい。

国保減免は申請書と収入申告書を国保加入の成年の家族それぞれの分を提出することになっています。昨年に比べて収入・所得が減少していることを記入します。なお年金受給者は最新の年金受給金額のわかるハガキが必要です。

京商連共済会総会越智さんが代表発言

7月5日、京商連共済会の総会が行われ、上京民商から、越智部長、小野会長、仁和支部の水野さん、松田さん、村上事務局長の5人が参加しました。越智部長は、拡大運動の経験として代表発言。

「上京民商共済会では、会員比90%のA会員作りを目指して、6月には3人のA会員を増やし、7月1日現在89,1%の到達となりました。

83歳のガレージ業を営むMさんは、年齢制限がなく、免責も1年になったことを知らせて、加入してもらいました。

保険は嫌いといっていた、靴下屋さんも、奥さんは、「主人は保険に入ってるけど、私はなにもない・・・」と話してくれ、入会してくれました。

理髪店を営むYさんは、共済は入らないと頑張っていた方です。保険には色々入ってるといっていましたが、今年班長になり、役員会に来てくれましたので、役員会で、助け合いの共済会はすばらしいという話や、共済会に入っていたいけど民商に残れないのでやむなくやめる人も多いほど人気がある民商共済は、入らないと損だという話などもすると、入会してくれました。

先の全商連共済会総会に参加して、入院が5日以上の場合からが3日以上入院した場合から給付を受けられるようによくなって、共済給付の改善を訴えていた亡くなった先輩を思うと素晴しい改善に感慨も深い」と感極まったようすで発言をし、大きな拍手を受け、「班支部の共済係の確立で、目配り気配り心配りの出来る組織へ前進したい」と締めくくりました。

*共済会は7月1日より、3日入院した場合1日目から入院給付を行うことに改善、また、通院中の方が加入した場合の免責期間を1年間に短縮!(従来は2年間)しました。その結果、病気治療中で加入しても、1年後には入院給付が受けられます。

民商しかない!仲間が増える

6月末から7月にかけて、「融資を銀行で断られた、なんとかならないか」「滞納保険料の納付約束で手形を差し入れているが、期日に落とせない、社会保険事務所が待ってくれないが助けて欲しい」などの要求で2人の中小業者が入会しました。

社会保険事務所の手形は、越智、芦原の両副会長も交渉に同席、京商連全商連とも連携し、厚生労働大臣への要望書を提出するなどの中で、6月末の手形は、銀行取立てに回さず「回避」されました。

いずれの方も、まだまだこれからの取り組みが必要ですが、多くの中小業者が様々なことで困っている、信頼できる相談相手を求めています。

困っているからと声に出せないのも中小業者です。会員の皆さん、一人で悩まず民商へと周りの中小業者に声をおかけ下さい。

なお13日、14日は全京都ドリームアクションとして9人以上の商工新聞読者拡大に挑戦します。ぜひご協力下さい。

共済会へお礼のハガキ届く

今回バイクの事故にあい、4月1日から4月24日まで入院。民商共済会に入りよかったと思います。ありがとう御座いました。
 桃園西陣支部 Yさん

「民商」法律相談会のお知らせ

上京民商では毎月弁護士さんにお越しいただいて法律相談会を行っています。事前に予約が必要です。ご希望の方は事務局までご連絡ください。

日時:7月27日(月曜)午後1時から午後3時まで