フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2009年5月25日号]

上京民商ニュース 2009年5月25日号

またまた詐欺!ハガキ手紙にご用心

東京管理事務局?からハガキが届いた・・民事裁判通告書という見出しが。送られた女性は、おどろいて、「詳細は当局まで」の当局に電話をした。

『取り下げ手続きなど東京に来てしてもらわないと・・・』『弁護士さんはどうされますか・・・』なんていったとか・・・彼女は「京都に知り合いの弁護士がいるから」と電話をきったのだが、心配で民商に電話をくれた。

「そら、詐欺やわ」といいつつネットで検索すると、案の定、徳島で750万円だまされた人がいたと20日付けのニュースが出ていた。

弁護士を「紹介」して、これが又詐欺一味で、この「弁護士」が訴訟取り下げ費用などとお金を送れという筋立て。この劇場型が新手のやり方か?

彼女へのハガキも5月20日が裁判取り下げ期日と書いてある。やっぱり、あせらしてだます古典的、かつ法則的な手法。

文面は、ひどいもんで、被告に対する裁判開始の通告と書き出して、原告だとか、指定裁判所だとかの言葉があちこちにあるが、固有名詞はいっさい出てこない、全国どこへでもだれにでも出しているんだろう。

相談者の彼女も詐欺やしネットで検索してみてというと、「詐欺のニュースを見た」と言っていた。

知っていても、自分にきたらどぎまぎするもんで、相談できる仲間が大事ってことだった・・・!

商店街に民商お勧め行いました

5月9日の常任理事会には9人の役員が集まり、融資や納税などの相談が相次いでいること、民商を大いに勧めようと話しあわれ、17日(日)午後1時から商店街に、商工新聞号外を配りながら勧めに廻ろうと申し合わせました。

17日には、正親吉岡さん、高橋さん、仁和越智さん水野さん、翔鸞今村さん、柴田さん、事務局2人も加わり、北野商店街と堀川商店街を訪問しました。約300部の商工新聞号外を配り、35軒のお店とは「困ったことあったら、民商へ」「商工新聞を読んでみて」と声をかけました。堀川商店街では、整体と飲食店で、「民商ってどんなことしているんです?」と対話になり、後日の再訪問を約束しました。

どこでも、ごくろうさまと好反応でした。

相談続々!入会も考えてみる!

元会員さんから「税務署から呼び出しがきた」と電話での相談がありました。

事務所に仁和学区で「語学教室」をしている女性が来所、「法人を設立したが、休業したい」「個人で続けることができるか」の相談、さっそく「民商に入るのが一番」と勧め、入会を検討してもらっています。

ビラを以前からみていたが、「この辺の繊維関係の商売人さんの会で、うちのような職種は関係ないかも」と思っていらっしゃたとか・・

3月決算の会社は、5月末が申告提出期限です。

会員さんから、消費税の分納を税務署に電話したら、3回までなら電話でいいが、それ以上は一度税務署に来てくれと言われたということも起っています。

ぜひ、まわりの中小業者に「困ってないか、知恵と元気のでる商工新聞を」とお勧めください。

介護保険の減免ができます

介護保険料の減免ができます。年金が国民年金だけの人は、満額もらってないわという方、年金プラス事業所得などが少なく、夫婦2人の場合、収入が168万円以下で、預貯金が336万円以下、住んでいる家以外に不動産を持たず、息子などの扶養家族や保険の扶養などをされていないの4項目が該当すれば減額されます。「うちは該当するやろか?」と思われる方、民商にご相談下さい。

支部総会が開かれています

5月17日、桃園西陣支部の支部総会が開かれ9人が参加しました。昨年総会時より会員が1人減少です。「毎年1人づつでも会員が増えればいいな」の支部長の言葉に一同同感、お互いの近況も語らいながら、楽しいひと時を過ごしました。

成逸支部も5月2日に、7人で支部総会をしました。支部総会は一年間のまとめや、今後の活動方向、支部財政の報告、新役員の選出と一年間の節目の取り組みとして行われています。

なお支部長には桃園西陣支部は、西脇さん(運送業)成逸支部は徳岡さん(自動車板金業)がそれぞれ再選されました。今後ともよろしくお願いします。