フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2009年4月6日号]

上京民商ニュース 2009年4月6日号

20年目の消費税なくせ宣伝!

消費税が出来て20年目の節目の日となった4月1日、怒りの宣伝が全国のあちこちで取り組まれたが、上京でも、昼に出町の商店街で京都連絡会の行動に合流し、夕方には北野商店街で宣伝と、「宣伝三昧」の一日となった。

チラシを挟み込んだテッシュ宣伝は受け取りがよい・・おばちゃんが、あんた、なに党ってきいてくるし、共産党も入っている連絡会やというところを、はしょって共産党と答えると、うれしそうにテッシュを受け取り、「うちも応援しとるし」と言葉を残して去っていった。

露天のおばさんは「うちは安井病院にかかってるし・・」(今は名前の違う民医連の病院)「消費税は反対や」とさかんにしゃべってくれる。肝臓が悪いといっていた。

夕方の北野の宣伝では、通行人は少ないが、4団体から8人が集まっての宣伝、宣伝カーでしゃべっていると元会員さんや顔見知りの人からの声援も幾人かあった。今年は総選挙があるし、消費税を大争点にしなくてはという思いを強くした宣伝行動だった。

西陣のまちおこし産業再生議論始まる

西陣のまちおこし、まちをミュージアムにという運動が始まっています。

先日は、産業再生委員会という分科会の集まりがありました。この委員会には織屋の社長さんや、企業組合の理事長、企業組合の専務理事や職員さん、全西労委員長などのメンバーや、佛大の先生やらデザイン協会の理事さんやら総勢19人の大所帯です。

第1回目の委員会は西陣織のメーカーさんの話を聞く会でした。

社長いわく「織物でなく物を売るようになってあかんようになった」と。

彼の会社は、着物にまつわるエッセイを募集して年に一回表彰しているとのことでした。

見せてもらった最近の表彰式の写真には、二十歳成人式に病気で着ることのできなかった振袖を「ハレの場」で両親に見せたいという話をした女性とその家族が写っていました。その場にいた皆さんがその話に号泣したらしいです。

きものを生かした暮らしとその人の生き様に光をあてようとする「活動」に、西陣ときもの文化の素晴しさを感じました。西陣織、着物や帯など、そのすばらしさをもっと発信することで活路が開けるというヒントのようです。

西陣では産地ぐるみの運動をと言って久しいのですが、チャンスはピンチの顔をしてやってくるなんて・・・テレビドラマのセリフを思い出した委員会でした。

面白くなりそうな西陣のこれからです・・・。

年度末を飾るあったか民商、食事班会

年度末なんで、毎月ほど班会している班では、申告も終わって締めくくりのイベントをしようと、弁当をとったり、会場の食堂のうどん屋弁当でいっぱい飲んだりと、2日続けてのイベント三昧でした。

いつも集まっているので、わきあいあいのあったかい雰囲気がただよう班会です。

同じ釜の飯を食べることでいっそう親近感が沸くのはいずこも同じで、政治の話で盛り上がるのも、上京民商らしい雰囲気です。

弁当のほかに、差し入れのチジミがあったり、玉子焼きがあったり、これで、「花」があれば、ばっちり花見ですが・・・、アルコールは実費、それぞれ購入で、これも実に上京民商らしい・・・

年度末のイベントは班が生きている証拠、ほかの班でもぜひ、会員交流の場、しゃべり場班会を開きましょう。

説明書は書き換えないが・・
 −税金滞納があっても融資可

京都府議会では、迫府会議員が制度融資、税金の滞納があっても、徴収猶予などの手続きをしている場合は、分割納付であって、滞納ではないという答弁を引き出しました。

その後、迫議員は3月18日の労働商工観光常任委員会で、制度融資の申込資格に「府税の滞納がないこと」と「融資案内パンフレット」に書いてあり、「徴収猶予は滞納ではない」と説明書きすることを求めました。田中副部長は「融資を受けて頂く方には懇切・丁寧に分かって頂くよう努力しながら運営していきたい」と運用面で対処していくことの答弁をしましたが、融資の説明書を書き直すとは言いませんでした。

今後、ひとつひとつの具体的な融資申し込みで、税金滞納があっても受け付けさせることが必要です。

仲間増やしの努力が続いています。

仁和支部の山内さんは、月末の拡大デーでの吉岡さんの拡大以来電話を気にかけていました。

そこで、1日、仕事で取引のある近所のAさんとの対話で、「選挙もあるし、ええこと書いてある民商の新聞読んでよ」と商工新聞を勧めて購読してもらいました。

4月も融資相談などが続いています。ぜひ、周りの業者に民商をお勧め下さい。

共済会へ、ありがとうのハガキ

民商に入り50年、民商共済にも入れていただき励ましになりました。また、本日は長寿祝金をいただきありがとうございました。景気悪化のおり大切に使わしていただきます。
 待賢支部 Nさん