フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2009年3月23日号]

上京民商ニュース 2009年3月23日号

雨を突き、重税反対の決起集会・デモ

雨の3・13行動となった13日の重税反対統一行動、朝9時20分の例年より1時間ほど早い決起集会、三々五々集まった会員さんや他団体の組合員、団体代表者など110人が参加しました。

越智副会長の司会で始まった集会、吉岡副会長、京建労の九里さん、生活と健康守る会の猪田さんのお三方が議長です。仕事の都合で参加できなかった小野会長に代わって、今村副会長が主催者挨拶、北上地区労働組合協議会の厨子さんが連帯の挨拶、光正企業組合の浜部さんがメッセージ紹介、上京民商村上事務局長が上京税務署に異議申し立てを行ない推計課税を取り消させたことなど重税反対運動の成果を報告、消費税をなくす会から出水支部の木下和子さんが発言し、料飲組合の松田さんが団結頑張ろうで締めくくりました。

デモは、集会後駆けつけた方なども合流し、150人が税務署近くまで、要求を唱和しながらデモを行いました。

(13日、税務署申告書提出机に婦人用帽子の忘れ物がありました。事務局に保管していますので、心当たりの方は、ご連絡下さい。)

よせられたメッセージを紹介します

第40回3・13重税反対全国統一行動に参加されたみなさんご苦労さまです
昨年は原油高騰、そして今年はアメリカ発の金融危機と相次いで日本経済を直撃し、私たちの暮らし、営業が大変な困難に直面している中で統一行動が開催されています。その危機を突破する戦いが求められています。
麻生内閣は支持率が10%に落ち込む一方で、一人一万八千円の「定額給付金」のバラマキと引き換えに、消費税の税率は引き上げ、国民に十二兆円もの負担増を押し付けようとしています。
逆に、ヨーロッパでは、金融危機による不況対策のために、消費税率を引き下げ、中小企業を助ける計画を立てました。
京都府では、各市町村と税務の共同化をはかり、府民税、市町村民税の税金取り立ての強化を来年度に決定しようとしています。その前触れが、左京区でおこった自動車税の滞納を国保からの出産祝い金の差し押さえで徴収する姿勢です。今回は、みなさんの機敏な交渉で解決しました。
いま全国で税金・国保料を「払いたくても払えない」人が増えています。
大増税に反対し、人権を守らない税務行政を許さないみなさん方の運動が、全国民を励ましています。
そして、増税反対の声を政治でもおこしましょう。
3月29日の下京区での市会議員補欠選挙に民商の仲間でもある森野修一さん。
来るべき総選挙では、小選挙区には「こくた恵二」、比例代表には「日本共産党」よろしくお願いいたします。 2009年3月13日
 日本共産党府議会議員 さこ祐仁

3,13重税反対統一行動にご参加のみなさん、ご苦労さまです。
永田町では、何千万円単位の献金が問題になっています。一方、国民のくらしは破壊の一途です。地場産業に関わる職人の工賃は、時給150円から200円台。
食べていけるわけがありません。先月、この上京区内に暮らしておられたご夫婦が自ら命を絶たれました。
わたしは、悔しくて、腹がたってたまりません。どんなことがあっても、これ以上犠牲者を出してはならない。この決意のもとに、消費税率の引き上げを阻止し、雇用と中小業者の営業を守るため、ごいっしょにたたかいましょう。
 市会議員 くらた 共子

共済会へ、ありがとうのハガキ

要介護見舞金をいただきありがとうございました。大切に使いたいと思います。
待賢支部 Hさん

入院見舞金大変ありがたかったです。
火災の方もぼやですみ、仕事は1週間やすんだだけで大事に至らずにすみました。
桃園西陣支部 Tさん

民商共済には「火災見舞金の給付」があります。Tささんへは全焼以外の場合として5万円を仲間同士の助け合い給付としてお届けしました。

仕事と地域に春を呼ぶ3・29府民のつどい

3月29日、梅小路公園にて、12時30分開会、1時半ごろからデモの予定で行われます。

コントグループ、ザ、ニュースペーパーの舞台有り、各階層の皆さんのお話ありで、楽しく元気になる集会です。大きなデモで、中小業者に仕事よこせの声を大きく広げましょう。各支部で、タクシーや車での乗りあわせにてご参加下さい。

申告後も相談次々

「タクシーの開業申請がしたいが・・・」「融資を受けたい」など申告後も相談が次々とよせられています。

環境にやさしい、山の斜面などの補強土木材料の開発をしているAさんは「特許申請もして、商品開発にあと一歩、その費用を申し込みたい」と相談に来られました。河原町のエコ農業のBさんも資金繰りの相談で民商に来られています。タクシー開業申請のCさんは今週入会予定です。

越智副会長は、以前から訪ねていた開業間もない近所のケーキ屋さんに商工新聞の購読を勧めて読者になってもらいました。会社経営者からの記帳や税務申告相談も増えています。民商では、銀行に断られてもあきらめないでとダイレクトメールを更に送って、中小業者支援の運動を広げようとしています。ぜひ、あなたも周りの業者に民商を勧めてください。

今週23日から25日は全府拡大連帯デー・ドリームアクションです。