フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2009年2月23日号]

上京民商ニュース 2009年2月23日号

届け!天の声、中小業者決起集会

2月12日、全国中小業者決起集会に参加させて戴きました。

消費税増税反対・仕事よこせ・保険業法見直し等々、皆んなが必死に集めた3種類の署名を預かり、その重さと責任がずっしり体にの(の税)しかかりました。

12時、日比谷公会堂に到着、全国から集まった業者1800人、26万の署名を持って会場を埋め尽くし、その熱気と活気が一つになった瞬間でした。

100年に一度と云われる大不況、トコトン追い詰められた弱いものいじめ(いじめ追)の悪政、各団体から血を吐く様な叫び、悲壮な訴えが続き、崖っぷちに立たされた危機感に何とか政治を変えなければと体の震える思いがしました。 2時半、日比谷公園から国会迄、デモ行進、聞け、届け、天の声をーと割れんばかりの大声でシュプレヒコール、衆参両会館、共産党議員団の大歓迎を受け、4時半解散。全国の仲間と総選挙頑張ろう、政治を変えようを合言葉に強い握手で別れを惜しみ、無事、8時京都着、帰路に着きました。

仁和支部 山内 栄美子 記

税務署!立会い拒否は「行政指導」?

2月18日、重税反対統一行動実行員会で「納税者の権利を尊重し、憲法に基づく税務行政を」と上京税務署への申し入れを行いました。上京民商からは吉岡副会長をはじめ、北上京区の民商と京建労の代表8人が参加しました。

実際が伴わない「法律に沿って」

私たちの要望には、総務課長も「法律を守ってます」とか「法律に沿って」「(申告書の受付など)親切丁寧にやります」などなど、そのとおりやってもらえば結構なことを並べて回答していました。しかし、参加者からは「昨年暮に、収支内訳書の添付がないことを「理由」に還付しなかった。抗議してやっと税金を還付したが、このようなことがないように」と実際の署員の対応に問題があることが指摘されました。

立会人の同席を認めるかどうかも議論

「立会い拒否は職権の行使か行政指導か?」の質問に、課長は行政指導であると答えました。それでは、「行政指導で納税者が不利益扱いを受けているのでは?」の問には、立会人がいてはお話できないだけで不利益扱いではないと言い切りました。しかし、実際には、更正処分やら、納付相談が出来ないなど、納税者が不利益な扱いを受けていることを指摘すると、それには答えませんでした。行政指導であれば納税者が文書での説明を求められることも提起しましたが、これにも課長は答えず、時間が来たということで終了しました。

今後、税務調査や納付相談の際に立会人同席を「拒否」した場合、行政指導であることを確認して、充分説明を求めることが必要だと感じました。立会い拒否がいかに、法律上の根拠のないものであるかが明らかになりました。なお、行政手続法では行政指導とは「あくまで相手側(国民)の任意の協力によってのみ、実現されるものであることを留意・・」「行政指導に従わなかったことを理由に不利益な扱いをしてはならない」と定めています。法律どおりの対応を求めていきましょう。

わかっちゃいるけど、やめられない?

会員のAさんの夫は、数年前になくなった、色々事情があり、相続放棄した。

税務署からAさん宛の「未納国税の納付について」というお手紙が届いた。ちゃっかり・納付書も入れてある、もち、名前は印字無し。

家族が税務署に電話をすると、「Aさんがなくなっていることは承知している」という、そして、未納国税についての文書にも「滞納処分は停止している」と書いてある。

それでは、何のためか?署員いわく「これだけあるという現況をお知らせする為」といったとか?そして「お変わりございませんか」というので、「すでに亡くなっております」と応えると署員は「そうですね」といったとか?

ふむふむ、あわよくば振り込んでもらおうという魂胆なんやわ・・・うむそんな気がしてきたぞ、納付書を見ているうちに・・・

これって、やっぱり、税金のムダ遣い?それとも、ひっかけ・・・とにかく国民には理解できない税務署の仕事ぶりだ!

身近な中小業者ご紹介下さい・・・!

確定申告受付が始まり、上京税務署での「税金相談」は、今年から椅子もなく相談者は立って、背の高い長机の上のノートパソコンに向かって、「自分で」入力して、申告書を作成しています。これでは、「相談」しながら申告することなど不可能でしょう。

上京民商には、税金相談が会員外の業者、市民の皆さんから寄せられています。先日来られた、出水の食堂は、昨年9月ごろ開業とか、初年度は設備などかかる費用が大きく「赤字」になるだろうし、「青色にしたら赤字が翌年に繰りこせる」と税務署に「指導」を受けて、「青色」にしたが申告書が書けないとこられました。一人暮らしの店主は「税金どころではない」といいます。年度末である3月での不況の一層の深化も言われています。税金も金融も民商へ、皆さんから周りの業者に民商をお勧め下さい。中小業者をご紹介下さい。

共済会へお礼のハガキが届きました

(結婚祝い金)ありがとうございました。
  仁和支部 Iさん