フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2008年11月3日号]

上京民商ニュース 2008年11月3日号

「株安・円高」国民につけ回すな

株安、円高がものすごい勢いですすんで、毎日ニュースで大騒ぎになっています。国民生活や中小業者にも大きな影響がでそうです。

しかし、もともと、この金融危機の原因は、投資フアンドやマネーゲームに踊った虚業経済の破綻であり、国民生活にそのつけを回さない対策こそ求められます。

京都の中小企業団体中央会も9月に「投機的な動きを抑制し中小企業等への抜本的な支援策を求める決議」を挙げています。そこでも、ものづくりなど「実業」への振興対策を求め、投機を目的にした資本の活動への規制として新たな税の創設なども求めています。

一方、国の対策は銀行支援や投資促進をまだ図ろうとしています。

株取引を優遇してきた証券税制は、上場株式の取引による配当や譲渡益には一律10%の税率での優遇策を行っています。実は、日本で100億円を超える株での儲けで申告する人は10人いるらしいが、この10人が183億円もの減税効果を受けています。こんな特別扱いを続けても、地域でお金がまわるような仕掛けにはなっていません。庶民の懐を暖める対策こそ必要です。

11月は、京都府、京都市にそれぞれ請願・陳情を行う予定。ぜひ要求ある人は参加してください。

11月10日(月)京都市個人請願、午前9時半。京都府庁包囲デモ、午後12時半府庁東門集合、個人請願1時から。

ほぼ、どの業種も借り換えが可能に!

セフティネット保証制度の対象業種が拡大しました。(「商工新聞」今週号3面に10月22日の中小企業庁の回答掲載)

小売業や飲食業も対象になり、ほぼすべての業種が対象に。これで、これまでの既往債務の借り換えをどの業者も申し込むことが可能になりました。

石油高騰の特別融資も全業者がつかえます。借り換えで、10年返済も可能です。

年末を控え、資金繰りの相談は上京民商にご相談下さい。

中小企業庁:セーフティネット保証制度

過払い請求は自分でできますか?

過払い請求は自分でできますか?こんな電話がかかってきた。手元に領収書はとっていないが、金融会社に取引履歴を出させたいともいう。

彼は派遣社員だそうで、今は失業中とか・・・プレイボーイ誌にこの手の記事が載っていて、民商が以前から成果をあげていることも聞き伝えに知っていたんだって・・・

よ〜く聞くと、まだ「払うばっかりで・・・」と過払いがどうかは不明で、とりあえず特定調停の窓口を紹介したが。

彼が言うには「弁護士に頼むと半分ぐらい(おそらく過払い金返還の)払ワンならんでしょ・・といっていたし、費用も用意できそうもなかった。

プレイボーイ誌を見てというので若い人だと勝手に思っているが、非正規、若者、貧困を食い物にする消費者金融という絵が頭に浮かんだ。

こうした被害者の駆け込み寺が民商か・・社会的連帯で反撃か、いずれにしても、顔の見える関係で相談に乗り、解決をめざさねば本当の解決にはならないだろうな・・

小野会長日比谷野外音楽堂で訴え

22日、中小業者決起集会に参加した小野会長、今村副会長、日比谷野外音楽堂の壇上に上って、皆さんと一緒に京都を代表して、「後期高齢者医療廃止決議を全国政令市初の決議を上げた、政治は変えることができる」と訴えました。

130万円以上働くな!なんで?

「今年・今のままでは年収130万円超えるので、越えないように11月、12月は仕事をセーブして」といわれたんやけど・・・パートに行っている会員さんからの相談があった。

相談者は一人暮らしで、130万円を超えようと超えまいと会社には関係がない基準なのだが。

この会社、大手のスーパーのグループ会社だが、日頃から週20時間を超えないようにと口うるさかったとのこと。あ〜そうそう、社会保険に入れたくないための「仕事セーブ」らしい。社会保険の加入資格は、正規職員の勤務時間の4分の3以上働くと加入させねばならないらしい。正規が週40時間として30時間以上働く場合は事業所に加入させる義務が生ずるわけだ。

雇用契約書があった、11月、12月はそれぞれ90数時間働くことの計画が明記されていること発見。契約書は双方が縛られるものやし、もう一度いうてみようよということになった。

しかし、月10万円ほどの収入の人に、まだ出勤の制限かけるような会社がマネージャーの判断か?いずれにしても、ルールのないことだ。だまっていてはあかん、気の弱そうな会員さんだが、すこしでも前向きな解決になればと思う、相談できるところがあってよかったという結果にしたいものだ。