フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2008年10月6日号]

上京民商ニュース 2008年10月6日号

まさか?の優勝、39回目の室町釣り大会

9月28日、室町支部は恒例となった39回目の支部釣り大会を行い、会員や読者など18人の腕自慢が参加しました。当日は、どんより曇った天候で、時折雨がちらつく中、車を走らせ、福井三方五湖のひとつ久々子湖に到着、朝の8時ごろから午後3時の大会締切時間に向かって、腕?をふるいました。

大会優勝者の脇さんより感想をいただきました。

 暑い夏が過ぎると共に、鮎つりも終わり、植山支部長より、久々子湖でのサヨリ釣り大会に誘いを受け、参加させていただきました。大会参加2回目で幸運にも、今回、優勝の栄誉をいただきました。
 初秋の一日、のんびりと、サヨリ釣りで遊んでいましたが、まさか優勝するとは思いもしませんでした。
 はじめに、釣りをしていた場所では釣れなかったので、友達に携帯電話で釣果をを尋ねたところ、「25匹ほど釣れている」とのことで、早速その場所に移動して釣り始めて3匹目に釣れたサヨリが、今回の入賞魚になりました。
 今回お世話をしていただいた皆様には、大変感謝しております。ありがとうございました。
  脇 保弘

住むところがない、胃の痛くなる相談

朝突然、心配顔のおばあさんが相談にきた。見た顔だ!以前連絡が取れなくなった会員さんだった。

近所に住んでいるのはわかってはいたが、「どうしたの」と聞くと、アパートを出て行けといわれたので、別のアパートを探し、保証金など最初に必要なお金の半分ほどは、払ったんだが、あとが用意できない、不動産会社から「預かったお金は仲介費用と10月の家賃分で返せない」といわれてびっくり、相談にきたという。

契約書も取り交わしていないのに、全額返せないのはおかしいやんと、もう一度不動産屋に掛け合ってみてとアドバイスしたが、実は深刻なのはそのあと、今のアパートの家賃も滞納していて、9月末で出て行けといわれているという。どっか、住むところはないかと言う相談だ。

福祉事務所にも相談したが、今のアパートにもうしばらく置いてもらう交渉をすることになった。

彼女は民商にも多少不義理しているので、敷居が高かっただろうに、行くところがなかったんだろう。

そういえば、先日も、元会員さんが来たが、彼も「生活と健康を守る会」にもいったん入ったがやめたという。相談はアパートの契約だった。

「貧困」が身の回りで広がり、いろいろな被害が起こっている。庶民はお互いに助け合う組織がどれだけ大切かということをつくづく感じさせる相談だった。

謝れない税務署、飲酒調査どこが悪い!

先週の商工新聞で報道された「税務署員が、ビールをジョッキーで飲んだ上で税務調査をした」という。民商の抗議に「飲んで調査して悪いんか」と居直り発言したというのには驚いた。しかし税務署は謝らんところで、「強気」で国民の声を封じ込めるのが、彼らの一つ覚えのやり方は、ここまで人間を腐らせるのか?

この飲酒調査員は、表ざたになって、せっかく開き直っていたのに、処分されたとか・・

ところで、上京税務署でも税金払えという税務署長の命令に対して、異議を申し立てを行った納税者に対して、その審理調査の途中で「違法性はなかった」と断言した税務署員。「審理途中で審理結果を言ったのはいかがなものか」と請願を出した件で、やっと統括官(いわゆる課長格か)が納税者本人にあって「説明」をした。

まずふるっているのは、「個々のことには答えられない」と前置きして(それじゃ、何を説明するつうっのか)審理途中に違法はないと「審理結果」を伝えた件は「適切であったかどうかは答えられない」ときた。彼は、国会に登場する高級官僚にでもなったつもりか、いやはや、謝ることをしらないこれが税務署の体質で全国どこでも一緒かという例なのだ。

要介護家族を抱える世帯へお見舞金

民商京商連共済会は、今年も助け合いの共済活動の事業とし要介護家族を抱える世帯へのお見舞金をお届けします。仲間同士の助け合い、励ましあいとして取り組まれるものです。これは共済加入の有無を問わず、大きな共済会を持っている京都だからこそできるお見舞金です。今後、共済会員を増やして、一層の充実した見舞金など運動を広げましょう。ぜひ、家族・従業員そろって共済に加入ください。

お見舞金概要

2007年4月から2008年3月末の1年間に3ヶ月以上にわたり、介護なしには日常生活に著しく支障をきたす同居家族を抱える会員世帯へのお見舞金制度で1世帯3000円をお届けします。
該当される方は支部、班の共済係りの方を通じて申請してください。
なお申請締め切りは12月20日です。

映画「母べえ」をいっしょに見ませんか!

上京業者婦人9条の会が発足しました。会では、最初の取り組みとして映画「母べえ」を一緒に見る会を計画しました。プロジェクターなる機械を使って、スクリーンで写します。参加費無料です。

とき:10月8日(水)午後8時から
ところ:上京民商事務所2階

映画「母べえ」

山田洋次監督が昭和初期につつましく生きる家族の姿をとらえて、現代の家族へのメッセージとしてつづった感動の家族ドラマ。夫のいない家族を支える強くてけなげな母親を演じた主演の吉永小百合をはじめ、坂東三津五郎や浅野忠信、子役の志田未来、佐藤未来が、戦前の動乱に翻弄(ほんろう)されながらも懸命に生き抜く人々にふんする。戦争の悲劇を描きながらも、平和や家族の大切さ、幸せとは何かを、改めて思い出させてくれる。(ヤフー映画サイトより)

健診受診に健康診断受診券は必ず必要

健康診断受診券がない方で市国保加入者は、市保険年金課(電話213―5861)にすぐ請求を!9月末に請求した人の再発行期日は11月20日発送といわれています。