フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2008年9月29日号]

上京民商ニュース 2008年9月29日号

健康診断受診券ない方は急いで連絡を

健康診断にどうしても必要な「受診券」、先日仁和の会員さんが、京都市に受診券の再発行を求めました。市は「再発行は10月末になる」という答えだったそうです。「検診にまにあわへんわ」と事務局に怒りの声が届きました。

さっそく日本共産党市会議員団に調べてもらったところ、受診券は市は外注に出して発行しているとのこと、その上、QRコードというマークを印字していることもあって、2ヶ月に一度の再発行になっているらしい。市は今後の改善が必要だという認識はあるものの、今のところ、致し方ないという答えのようです。

上京民商の健康診断期間の延長も検討中です。

受診券のない方は急いで、市保険年金課に再発行を求めてください。
市保険年金課電話番号は213―5861です。

知らなければ291ヶ月掛け金がパー

年金をもらってない会員さんが、相談に来られました。年金特別便がきっかけです。一時金で少しはもらえるのでは?と友達に聞いたという事でした。一時金制度はありませんでしたが、「特別便」を見ると、ご主人は300ヶ月にあと9ヶ月足らないだけ、もっと早く判っていれば、任意加入で補え、もっと早くに年金支給を受けれた月数です。

年齢は65歳を超えているので、さっそく任意加入をすれば9ヵ月後には年金もらえるケースとなりましたが、年金は申請主義となっているとはいえ、もう少し親切な対応があってもよかったのではと思える相談でした。ちなみに、このような人には社会保険事務所から通知などされてはいないそうです。みなさん、しっかりご自分の年金確かめておきましょう!

商工新聞簡単読みどころ

共済会へお礼のハガキと届く

いつもお世話になっています。本日安静加療お見舞金を戴き感謝しております。ありがとうございました。
私共も年齢とともに、色々な病気が発生、自分自身ではがゆい想いをしております。
 出水支部 Kさん