フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2008年9月8日号]

上京民商ニュース 2008年9月8日号

記念講演「地球温暖化防止と中小業者」

14日の上京民商総会では地球温暖化防止京都ネットワーク(以下、京都ネット)代表の榊原さんの記念講演を予定しています。

京都ネットでは地球温暖化防止のための様々な活動を続けられており、先ごろ開かれた大講演会の際次のように呼び掛けられています。今回の講演では、北山の自然の変化や琵琶湖の話、桜前線の異常など身近な変化をあらためて地球温暖化の影響として紹介されます。これからの中小業者の「ビジネスチャンス」としても興味深いお話です。ぜひ、お聞き下さい。どなたでも参加できます。

差し迫った課題となっている地球温暖化防止。ここに向けて今世界は大きく動いています。温度上昇を2℃以内で抑えるために、日本などの排出量は、「80%以上」の削減が求められおり、それは早ければ早いほど被害が少なくてすみます。

ところが日本では、地球温暖化防止に消極的な経団連などによって、その前進が阻まれており、国民に節電や省エネを求めるばかりで、大規模に確実に温室効果ガスを削減する法律や仕組みは実現していません。

地球温暖化防止にむけたこれからの運動づくりが、世論を大きく動かし、必要な政治・制度・法律を実現していく上で決定的です。

(「地球温暖化防止大講演会 よびかけ」より)

商工新聞代値上げのお知らせ

全商連では10月より商工新聞代金を100円値上げし、400円を500円にすることになっています。つきましては、読者の皆様は新聞代を500円に、会員の皆様につきましても、100円会費の値上げとさせて頂きます。諸物価値上がりの折、心苦しいお願いではありますが、よろしく御願い致します。
 9月3日
 上京民商第2回理事会

健康診断受診可能の保険決まる

10月から健康診断を始める予定です。上京病院で受診できるのは、京都市国保加入者と家族、各種組合国保加入者家族、政府管掌健康保険の家族です。

政府管掌健康保険の加入者本人は今年からは、検診の制度の変更で、上京病院での検診が受けられません。

民医連第2中央病院[左京区]などでの受診することができます。該当者は上京民商までご相談下さい。

なお今回から特定健康診査受診券が必要です。手元にない方で京都市国保加入者は、市保険年金課(電話213―5861)に再発行を依頼してください。

高血圧やったら検診受けられへん?

上京民商理事会では、「うちの組合国保から来た受診券と検診案内には、高血圧症の薬飲んでたら検診受けられへんと書いてあったぞ」と」質問が出されました。

書いてる案内よ読んでみると「糖尿病,高血圧症、脂質異常症の薬を服用している人や妊娠中の方は、特定保健指導の対象外となりますので、特定健康診査の受診はご遠慮下さい」とあります。

結局、検診後のメタボリックシンドロームらしい受診者に対する「特定保健指導」がどうせ受けられないんだから、検診を『遠慮』してということらしい。

治療中でも検診は受けられると病院から返事をもらいましたので、年に一度の体の総点検、健康診断をどなたもぜひ受けましょう。しかし、命や健康より、メタボ対策だけに目が行っている今回の検診の改悪に政治の貧困を感じます。

蛇退治もしてくれるまちの水道屋さん

上京民商の水道工事業者の会員さん、なんでも、人間、信用が大事がそこの奥さんの口癖です。小さな工事、パッキン1枚からが、当店のウリなんですと教えてくれました。

水道だけではなく、どんな工事でもやるのがまた喜ばれているんだそうです。その昔、銭湯のお得意先から、「蛇がでた」と連絡があったときには、うちは水道屋ですけどと言いながらも、さっそく出かけて、蛇退治をしたというのです。

地域に密着した中小業者でないとできない「仕事」です。

ところで、銀行や大学なども工事先で、土日がどうしても仕事になって、この盆も休めなかったらしい。

ここのところも、今のところの到達点として、中小業者の実情かもしれないと思います。休日には休めるような法整備が必要なのかなと思います。

助け合い・共済コーナー

上京民商共済会では、民商らしい共済会づくりとして、すべての民商会員さんの加入と付則加入者の移行を勧めていこうと話し合っています。

助け合い運動としての共済会は全会員の加入と移行がその運動のバロメーターではないかという議論です。

9月1日現在の未加入者は36人で各支部2,3人です。付則加入者は33人で、小川、正親、乾隆、出水、仁和は全員が本則加入です。助け合い運動へご協力下さい。

なお、8月の共済給付は入院が4人、安静加療が2人、長寿祝い1人、死亡弔慰金1人でした。

国保が下がったとうれしい声

国保減免申請の結果が8月半ばに届きました。パスポ問題で売上が急減しているタバコ屋さんは、7割減額になって、これからは毎月1300円ぐらいの支払いになったと喜んでおられました。「これ見せよ思ってもってきた・・」と減額通知を班会に持ってきて見せてくれました。国保減免はいつでも申請できます。高すぎる国保料、ご相談は上京民商へどうぞ

「民商」法律相談会のお知らせ

上京民商では毎月弁護士さんにお越しいただいて法律相談会を行っています。事前に予約が必要です。ご希望の方は事務局までご連絡ください。

日時:9月16日(火曜)
   9月22日(月曜)
いずれも午後1時から午後3時まで