フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2008年8月11日号]

上京民商ニュース 2008年8月11日号

健康診断!今年は色々変更あり

今年から健診の仕組みが変わって、国保や社保、組合国保など保険ごとに、医療機関が契約し、健診を実施することになりました。

上京民商では従来どおり上京病院にて、10月を目処に実施を考えていますが、現在のところ健診受診可能者は京都市国保加入者、組合国保加入者、政府管掌健康保険扶養者(社保本人は受診不可)となっています。

検診受けるには受診券必要

今回仕組みが変わったことで、検診受診券が必要となっています。京都市国保は、4月下旬に受診券が郵送されています。お手元にない場合は再発行が必要です。

再発行は、京都市の保険年金課(電話213―5861)に電話にて依頼してください。なお再発行には1ヶ月ほどの時間がかかるらしいです。

有料の検診項目増える

また従来の市民検診(500円のわく)で出来ていた胸部レントゲンと便潜血検査がともに、各1,000円の有料化となりました。大腸がんが増え、便潜血など基本検診の枠の中にいれてほしいと声を上げ、改善を求めていくことが必要です。

今回の検診の基本

なお、特定検診となった今回の検診の基本は(身体計測・・身長・体重・肥満度)(血液検査)(尿検査)血糖値や脂質、肝機能検査、血圧が行われる予定です。

なおオプション(有料検査)として骨密度、心電図、眼底検査・・各500円、前立腺検査、胸部レントゲン、便潜血検査・・各1,000円、ペプシノーゲン検査1500円、腹部超音波検査、内臓脂肪測定[CT]各200円となります。共済加入者には2500円の検診補助がでます。9月には、受診日時と内容をお知らせできると思います。

賃織職人さんが製紋・製織!できた織額

室町支部の広岡さん(賃織業)は、デジタルでの製紋お孫さんの写真を基にした織額を完成させ夢が形になったと喜びが広がっています。

今回の織額完成の出発点は織額づくりのグループでの仕事にヒントを得たことから始まりました。

昨年4月には、同氏が工場を持つ室町学区の町内に受け継がれてきた秀吉と前田玄以の書簡を、京都市産業技術研究所の繊維技術センターの応援も得て、デジタル写真を基にしたレプリカを作りました。

その後、これは自分でも製紋ができ、自分らしい織物が出来るのではと、センターに通い付めデジタルでの製紋技術を学んでこられました。

ここまで出来るとは実は思わなかったと広岡さんは言います。職人が自分の技を行かせ、作品を作り上げた喜びが感じられます。今後の発展に期待が集まる「織額」の完成です。

なお、繊維技術センターが西陣地区内にあったことが今回の成功のひとつの条件でした。このセンターを五条七本松下ルに移転の計画があり、再考してもらいたいものです。

新事務局員紹介

8月4日から、河野知世さんが上京民商事務局員として活動することになりました。

担当支部は、桃園西陣、正親、嘉楽、乾隆、室町、待賢、翔鸞の各支部と婦人部などです。

今後とも役員・会員の皆さんには、色々と教えて頂くことになると思いますがよろしくお願いします。

  事務局長 村上 栄一

このたび、上京民商でお世話になることになりました。
右京民商に入局して23年ですが、上京区は右も左もわからない新人です。くらしと営業が非常に厳しい今日この頃、まさに民商の出番です。微力ですが、役員、会員の皆さんと一緒に上京民商の一員として頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。
 上京民商事務局員・河野 知世

西陣大好き盆踊り、今年もやります

8月30日(土)午後6日から9時まで
翔鸞児童公園にて(七本松通五辻北西角)
上京民商もかき氷の出店を出店予定です。ぜひ、のぞいてみてください。

「民商」法律相談会のお知らせ

上京民商では毎月弁護士さんにお越しいただいて法律相談会を行っています。事前に予約が必要です。ご希望の方は事務局までご連絡ください。

日時:8月25日(月曜)、8月26日(火曜)
いずれも午後1時から午後3時まで

商工新聞簡単読みどころ