フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2008年6月9日号]

上京民商ニュース 2008年6月9日号

調査理由など説明する気なしが本音

確定申告年度を越えた税務調査の続きがあった。

(調査理由は)説明し尽くしたので帳簿などを見せてほしいと哀願する署員。

しかし、調査を受けているご本人は「うちが調査に選ばれた理由がわからん」と頑張る。

署員は「所得の確認のためですがな」みたいな言葉を吐くが・・・・

ご本人は聞いている。税務署に乗り込んで目の前の税務署員の上司に問うた返事が「説明する必要がない」と言われたことを。

いくら、現場に署員が「説明した」と鸚鵡返しに繰り返しても、こんな答えを上司がしていては話は終わる。

現場の税務署員は理屈がわかっては仕事にならないのだろう・・気の毒なことだ。

この日もまた署員は次回の「説明」をお願いしてお引取り願った。きちんと理由を説明しないのは行政効率としても悪いと思うんだが、ほかでもこんな調子で納税者イジメを続けているんだろうか。納税者の権利を主張する民商の出番だ。

広がる”後期高齢者医療廃止せよ”の運動

5月22日、仁和支部では、学習会を行ない10人の会員さんが参加、75を超える人も「自分はどうなるか?」と3人来られました。お話は仁和診療所事務長の福谷さん。

「年金だけで食べてるのに、孫が働いてるいうて、保険料が高いんやんか。はよ嫁にいってもらわんとあかんわ・・・」と家族の幸せにまで話は及びます。「説明書見てもよくわからんへんし不安」「これから保険料どれだけあがるんやろ」と心配不安の声がいっぱいでした。

やめさせなあかんが結論、野党も共同して廃止法案だしてるやんと廃止署名を集めることになり、支部では6月5日現在396筆の署名を集めています。

5月27日には上京民商も参加する上京社会保障推進協議会の学習会が開かれました。「舞鶴や丹後では産科体制が弱く、お産をする母親がヘリコプターで運ばれるということもある」という話や、「今回の医療改悪も将来は医療への株式会社の参入、医療が儲けの対象になる、お金がなければ患者になれない」と医療の切り捨ての行き着く先を見た思いでぞっとする話でした。

民商って?今注目です

先月は40人の新読者を迎えました。そして、会員さんも先月今月と増えてきています。

入会者は「税理士の費用がとても払えない」ということや「商売を伸ばしたいので」など税金でも経営対策でもやっぱり民商と期待されています。

「会社を作ったのだが、何をどうしたらいいのかわからない」という相談も持ち込まれています。5日に開かれた本部役員会では「将来独立したいという水道工事の職人さんに、独立するんやったら、私を訪ねておいで、民商がええで」と勧めておいたでという話も出ていました。民商ってなにという人も多いのが現実。ぜひ皆さんからお勧め下さい。一人で悩まず民商へです。

班会で人生語った「善行おじさん」

数年前まで八百屋をしていたご主人は、満州から祖母と2人でやっとのこと帰国したという人物。小学校2年から世話になっていた親戚の八百屋で働いておばあさんとの生活を支えたとか。そして、リヤカーを買ってもらってまだ小さな子どものうちから「独立」して働きづめに働いてきた。

烏丸中学校では「善行表彰」を受けたと表彰状を見せてくれた。それは、多くの少年の模範と書いてあった。このことは新聞にも取上げられ、テレビにも出たそうだ。

おじさんの雰囲気から、小さな体で荷台いっぱいの野菜を載せて、踏ん張る子どもの姿がうかぶようだ。

こういう人に日本は支えられ、ここまできたんだろう。おじさんは、こんな表彰貰うと悪いことできんかったと笑顔で話す。この日の班会も「年より、はよ死ねということか」とあの姥捨て山制度をやめさせてとの声があった。人生の先輩に相応しい処遇があるんだろうに・・・・長生きを喜べない社会は間違っている。

共済会へ喜びの声届く

本日、満75歳を迎えることが出来まして、これからも第2の人生を頑張っていくつもりです。長寿のお祝、誠にありがとう御座いました。共済の仲間同士の助け合いに努力します。
滋野支部 Sさん

民商共済会お見舞金ありがとう御座いました。肺炎になり2ヶ月苦しみました。ほんとうにありがとう御座いました。
桃園西陣支部 Yさん

入院見舞金をいただきまして有難うございました。思いがけない長い入院になりましたが、共済のおかげで安心して療養ができました。これからもよろしく。
嘉楽支部 Iさん

2年ぶり上京民商婦人部総会

5月25日、上京民商婦人部総会が開かれ23人の方が参加されました。2年ぶりの総会で、パソコン教室や日帰り旅行など婦人同士の交流、班支部での世話役活動などの活動を振り返り、あらためて婦人部の役割を考えました。総会後、円卓を囲んで懇親会を行ないました。

総会では、部長に水野さん(仁和)副部長に間野さん(待賢)山内さん(仁和)高橋さん(翔鸞)会計冨永さん(出水)本部役員に高橋さん(正親)小野さん(室町)林さん(待賢)の8役員を選出し、京商連婦人部協議会役員として会計水野さん、常任理事間野さん、理事山内さん、会計監査小野さんを確認しました。なお総会では会計監査を誤って紹介しました。ここに訂正し、お詫びいたします。

商工新聞本紙では、3面分散会「商工新聞中心の活動に確信が」、7面下段、「3日間作戦に奮起・・・」に全商連総会での小野会長の活躍や発言が掲載されています。