フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース]

上京民商ニュース 2008年3月24日号

年金天引き税金さかのぼって還付請求

先日年金をさかのぼって受け取った人の「源泉徴収票」が07年にまとめてあったのを、各年分、5年分に分けた「徴収票」に変更をしてもらったわけだが、とりあえず天引きされている税金が返ってきそうな「収入」でした。
これまで事業申告を続けてきたわけで、1年分は更正の請求をしました。そして、今回のような新たな「発生」の場合は、受け取った(源泉徴収票を)日から2ヶ月以内ならさらにさかのぼって、還付手続きができるということです。

しかしめんどうなことだし、わからずに税金取られっぱなしの人がたくさんでるんではないでしょうか?

ここで民商が、もっと活動を強めんいかんという落ちになるわけです・・・・皆さんからのご相談お待ちしています。

看板出したら使用料?

看板の道路占用許可申請とか言う文書を久しぶりに見た!他府県の人はしらんやろうけど、看板を出していると「税金払え」という京都市独自の悪税、まあ、しかし、市民もたくましく「そんなのしるけえ」と申請していない人も大勢いるようだ。それは申請すると平看板だと9000円ほど、ちょうちんみたいなものだと7000円ほど取られるわけで、ひどいもんですな、この「税金」。

京都市は「条例で定められた道路占用料(使用料)といっている。こんなものは早くやめさせないとあかんですよね?

払いきれない消費税、納税緩和制度活用を

消費税申告は3月末が締め切りです。1000万円以上の売上があれば「課税」となって3年目です。

年々、事業者の所得状況は減る傾向です。

税務署の資料によると、上京税務署では平成17年度個人申告総数は3174人の内、所得200万円以下の個人営業申告者は1295人、40、8%です。この層が年々増える傾向です。一方、消費税は赤字でもかかる税金、上京民商の今年の申告相談の中でも「所得税はかからへんのに、消費税はこんなに・・・税金が払えへん」という声が多く聞かれました。

だから滞納者が増えています。上京税務署の17年度の16年からの繰越滞納が2322件、新たな発生滞納が2821件となっています。毎年5千件を越える滞納、金額では12億円が滞納と発表されています。

滞納増えてる、納税相談は民商へ

税務署は、3月末から「個人事業者の消費税滞納の集中発生が懸念」「より一層効果的な滞納整理の実施」の取り組みをと異例の指示を出して税金の取立てを強めようとしています。

民商では、払いたくても払えない過酷な課税の実態も示して、憲法の要請でもある「納税緩和制度の活用」を強めていきます。

税金や国保料、年金など支払いで困っている中小業者は上京民商にご相談ください。

共済会の30周年記念プレゼント実施

京商連共済会は今年30周年を迎えます。

1978年、昭和53年生まれの30歳、民商共済会は30年の歩みを通じて仲間を増やし、当初病気入院給付を一日500円から1,000円1500円、現在の3000円にするなど切実な給付改善の願いに応えてきました。健診給付や大腸健診なども京都独自の活動として行なってきました。こうしたことも数は力の結果です。京都の助け合いの共済活動は「目配り、気配り、心配り」の活動スローガンも生み出しました。

さて、民商共済会30年を記念してもプレゼントは、「行っとこ・食べとこ・遊んどこ」と旅ペアーで3万円分のご宿泊券、5000円分の食事券・ニンテンドウ・WIIとWIIフィットを抽選でプレゼントです。

詳しくは、班支部の役員さんや世話役さんを通じてパンフレットと応募ハガキをお渡しします。締め切りは5月20日、お楽しみに・・・・・・

共済会へお礼のハガキ届く

1月11日、主人が他界しました。共済の死亡見舞金本当に有難うございました。これからも会員がどんどん増え助け合いの輪が広がり共済が大きく無事発展していくことを願っています。
   仁和支部  Yさん

入院するとき寝具(パジャマ)等、何かとお金がかかりましたので本当に助かりました。ありがとうございました。      正親支部  Sさん

主人を亡くし、なんとも遣り切れない気持ちで、毎日を過ごしていた時に、暖かいお金をいただき、ホット春まだ早い日だまりのタンポポを見たように勇気づけられました。ありがとう御座いました。人生ゆっくり歩いていきます。
   出水支部  Tさん