フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース]

上京民商ニュース 2008年2月11日号

上京税務署、「そんなこと言えまへん」

税務署への「行政文書開示請求」に不開示の決定がとどいた。

差押さえを解除に当たって、顧客名簿の提出を強要された小売店が、「なぜ顧客名簿を強制的に提出させ、返還を申し出ても拒み続けるのか、根拠となる文書の開示をせよ」と求めたことへの回答が不開示。

その理由が「開示請求に係る行政文書の有無を答えることにより、特定の法人が「差押さえ」等の滞納処分を受けた事実という・・・不開示情報を開示することになるため、・・・当該文書の存否を明らかにせず、当該開示請求を拒否します」というものだ。

解説すると、「税務署が悪いことをしたことの法律的な根拠も文書も言いたくないわ、あんたに対して税金滞納でいったんは差し押さえたという情報を示すことになるということを理由にしとこ。だから回答は拒否するぞ。文句あっか」とまあこんなところか?

そもそも、差押さえされた当人だから情報開示を求めているのに、「差押さえの事実を開示することになるからとは・・・」普通では意味がわかりかねる。

これでは、税務署というところは、説明なしに国民の権利制限をすることは、なんでも出来るというようなもの。

そういえば、税務署の中の公共スペースの移動を禁じた木村総務課課長補佐の行為に「その根拠は」と開示請求したら、「そんなもんあるか」という返事が返ってきたし、恐るべし上京税務署である。なお税務署長さんは橋本さんと書いてあるがほんまにしってはんのやろか、部下がこんなことを言うたり、やったりしていることを?

税金の不正支出、市長個人責任問われる

受験シーズンだ。私立の高校へ通うとなると、年間100万円ほどの費用がかかると、知り合いのお母さが怒っていた。源泉徴収票やらそろえて申請する京都府の私学助成はひとり年間4万何がしかしかないそうだ。

かたや、昨日、京都市が無審査で同和地区の師弟にたいする「奨学金」返済を肩代わりしてきたのは違法と暴かれ、桝本市長に1,898万円の返還命令が、京都地裁で下った。

この肩代わり返金は2年間で4億5千万円ほどにもなるということだ。この先もずっと続けることらしい。市長が変わらんとやめられないのか?まったくもってムダ遣い、私学通学者への補助金が4万ほどなのにとなんべんもいいたくなる。リーダーを変えないと変わらない税金のムダ遣いだ。

一人5万円やと何人分になるのか。税金のムダ遣いで個人責任を問われることは少ない。貴重な責任を問われた桝本さんや一緒にやってきた人たちは、その重みを知るべきだ。

責任を取らねば、選挙で結果を出さんとあかん。いよいよ市長選挙17日が投票だ。

国保引き下げ、保険証取り上げで市会論戦

くらた市会議員のホームページより 080123 厚生委員会質疑要約メモ

くらた  国保署名17万人を超えて提出されたが、受け止めはどうか。資格証明書の発行はやめるべき。子どものいる世帯への発行は、子どもの権利も奪っている。世帯人数が多いと保険料が高くなるのはおかしいとの声もある。
→生活福祉部長 国保はたしかに他の保険よりも高い。資格証はなかなか接触できない方で、公平性の観点から発行することは止むを得ない。ご理解いただきたい。こどものためにも、保険料を払ってほしい。

こんなことを言ってる京都市幹部「高い」のは認めざるを得ないのだが払ってくれと言うしかないのだろう。

今の市長の後継の市長候補は先の生活福祉部長以上に市民生活に目がいかないのか「京都市国保は高くない」と言ってはばからない。その上「乾いたタオルを絞るような行革を進める」とも言っている。こんな人では、まだまだ続く値上げ値上げで市民負担が増え続けるのかと空恐ろしい。よ〜く考えて市長を選らばなくっちゃ!

共済会・助け合いの給付に「声」届く

入院見舞金を戴きまして、まことに有難うございました。この1年間入退院を繰り返して、大変不安な気持ちでいましたが、共済のみなさまが支えて下さっているという思いでとても安心でした。おかげさまで、完治に近くなりました。厚く感謝しています。
   嘉楽支部  Iさん

支部新年会があちこちで

1月は支部新年会があちこちで。室町支部や出水支部、待賢支部などで開かれました。

どこでも、毎年恒例の新年会で、久しぶりに顔を合わす面々もあり、色々な話が飛び交います。

2月に入って正親支部も「つどい」と銘打って開く予定。やっぱり、1月は「・・・のめるぞ、・・のめるぞ」で新春気分でごさいました。