フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース]

上京民商ニュース 2007年12月3日号

いくらでもいい、税務署認める!

先週既報の上京税務署へ請願書を出したTさんの続報です。

税金の滞納があって、差押さえがあった。解除するのに顧客名簿を出せといわれ、取上げられた。税金の分割は当初は月10万円以下は認められんと言い、民商でいっしょに交渉したあとでも5万以下はダメ、完納するまでは顧客簿は返せないと言っていた徴収課が、ころっと態度が変わった。

請願書でころっと態度変わる、しかし・・

11月26日、「やっぱり月5万は払えへん」とTさんは民商の仲間と税務署に出向きました。

前回の税務署との交渉では「毎月5万づつ払え」と押し切られていましたが、今回は態度が変わって毎月とりあえず払えるだけの金額で分割して納税することになりました。

返却を要求していた「顧客名簿」は返してきましたが、「コピーさせてくれ、承諾すると書類を書いてほしい」「もしコピーがダメなら書き写す権限は税務署にはある」と対応した徴収課統括官(課長のようなもの)は言い張り、結局それ以上の説明をせずに、かってに筆記してしまいました。なんで勝手に写せるのか、これも請願書で問いたださないと、納税者に説明する気持ちはないようです。

悪いようにはせんから?と税務署

実は当日Tさんと統括官の間にはこんなやり取りが。『悪いようにはせんから、社長』といって提出した請願書のコピーにアンダーラインを引いたものを見せて「この要望では社長が損しまっせ」、「これは取り下げていいですね」といい(請願書)を取り下げてくれという話をしたのです。Tさんは取り下げを断りました。

憲法遵守を誓って、法律に基づく職務にたずさわるはずの税務署員、それも幹部職員が「悪いようにせんから」はないでしょう。

お上意識はこんな風には発揮されているでしょう。憲法を力に道理を訴える「民商」はこんな税務署の天敵、この闘いも憲法の理想実現、納税者の権利確立のひとつです。

建築関連不況業種指定・借り換え可能に

あんしん借り換え融資の対象となる事業者が広がりました。

国が新たに不況指定業種としたのは建築工事業や設計業など建築工事に関わる15業種です。最近の売上が減少しているなどの条件で借り換え融資が申し込み可能となりました。既往借入金の返済資金や新規の資金などに活用できます。ご相談は上京民商にご連絡下さい。

共済会給付にお礼のハガキ

先日はお見舞金を戴き有難うございました。おかげさまで足のいたみがなくなり歩くのがらくになりました。
喜んでいます。  正親支部Tさん

アリガトウゴザイマシタ  出水支部Fさん

要介見舞金申請締め切りは12月20日

要介見舞金申請が届きだしています。95歳の母親を介護するIさんや84歳の夫を介護するUさん、病気などで60代30代の家族を介護する皆さんからなど、いっしょに提出いただいたアンケートには「仕事が思うとおりに出来ない」「デイサービスの利用減額が出来なかった」と介護を通じての悩みや要望が出されてきています。民商ではこの要介護見舞金を会員同士の助け合い、目配り気配り心配りの活動としてもれなく申請戴き、要望などもまとめて、今後の京都市などへの要求に反映させていきます。申請は12月20日締め切りです。班支部で申請漏れのない様に声を掛け合いましょう。

がんばり広がる国保署名

国保署名が毎日届けられます。仁和支部Kさんは友達や買い物先、習い事仲間と次々署名を預けて、今100筆を越えています。「高すぎるし、年寄りイジメは許せへん」と意気軒昂です。翔鸞支部のEさんは同じ半の会員さんが50筆60筆と集めているのを見て発奮、近所をまわって40筆を集めました。どこでも「国保は高い」と共感を得られるのが特徴です。

24日、毎週土曜日の「国保署名上京実行委員会」の商店街訪問も3回目を実施。民商からは仁和支部の越智さん、翔鸞支部の柴田さんが参加してくれ、地域の方々も一緒に総勢10人が組を組んで回りました。

北野商店街では話できたところは全て署名してもらい、店主が署名するかどうか迷っていると、居合わせた客が「年寄りイジメは止めささんとアカン」と一緒に勧めてくれました。ずっと参加のWさんいわく「今回署名断れたとこないで」だそうです。

上京民商も目標5000筆に半分のところまできました。全会員が署名を広げて、12月15日までにぜひやりあげましょう。

京都市歳末生活資金の貸し付け

一緒にいく申請日は12月12日(水)午前10時30分、上京区役所1階ロビー集合です。

申し込み期間 12月11日(火)〜17日(月)
  金額 世帯員一人あたり3万円を目安、世帯15万円を限度。無利子・無担保・保証人不要です
  貸し付け日は12月21日
  返済 1〜3ケ月据置期間のあと、2年以内