フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第99号(2015年3月2日号)]

京商連News 第99号(2015年3月2日号)

豊富な民商の実績を掲載した
じゃばら型リーフ
●若手会員・青年部員も登場●
〜ぜひお知り合いにお渡し下さい〜

祝 京商連創立60周年

ヤッタ! 読者501人を増やして 記念式典&記念行事を挙行

拡大表彰を受ける各民商代表。山内敬夫八幡民商会長があいさつ京都府商工団体連合会は、去る2月15日にルビノ堀川にて「京商連創立60周年記念式典&記念行事」を行い、京都府内各地から123人が集い、京商連創立60周年を祝いました。

記念式典に向けて、民商・京商連は「小企業・家族経営」の社会的役割を広げ、それを押しつぶそうとする悪政に正面から立ち向かう民商の「値打ち」を押し出しました。

功労者一同全会員と顔を合わせ、活動参加を訴えるとりくみを進める中で、昨年9月以降、会員101人、商工新聞読者794人(1月以降501人)を増やして記念式典を迎えました。

25年ぶりとなる読者年間増勢に向けて、さらに仲間を増やす決意を固めあいました。

表彰を受ける右京民商の高木冬彦拡大推進委員長表彰を受ける右京民商の高木冬彦拡大推進委員長

当日目標をやりきって表彰された山科民商の小島秀介拡大推進委員長

「日本国憲法(大阪おばちゃん語訳)」を手に講演する谷口真由美准教授、島唄を演奏する大城敏信さん「日本国憲法(大阪おばちゃん語訳)」を手に講演する谷口真由美准教授(左)

島唄を演奏する大城敏信さん

●拡大民商一覧●

読者1万人目標を達成したよ

北民商、上京民商、中京民商、下京民商、南民商、山科民商、右京民商、西京民商、船北民商、八幡民商

フォトコンテスト 52作品の応募がありました

応募作品を見る参加者

3・13重税反対全国統一行動に参加を

今年の3・13統一行動は、「暮らしと営業、平和を守る」国民の一大行動日です。黄色いものを身に着けて(シンボルカラー)、Let's Action!!

2015年 3・13重税反対統一行動 日程表

  日時 場所
3月13日午前10時30分 京都社会福祉会館4階
上京 3月13日午前9時30分 京都社会福祉会館4階
中京 3月12日午後1時30分 京都アスニー3階第8会議室
下京 3月13日午後1時30分 キャンパスプラザ4F
3月13日午前9時30分 京建労会館3階ホール
左京 3月13日午後1時 教育文化センターホール
東山 3月13日午後2時 円山野外音楽堂
山科 3月13日午前9時15分 東野公園
右京 3月13日午後1時30分 ラボール京都
西京 3月13日午後1時30分 京都エミナース
伏見 3月13日午後1時30分(民商他) 呉竹文化ホール
3月13日午前10時(京建労) 呉竹文化ホール
乙向 3月13日午後1時30分 長岡中央公民館
亀岡 3月13日午後1時30分 園部国際交流会館イベントホール
船・北
宇治 3月13日午後1時 城南勤労者福祉会館
城・久 3月13日午前9時30分 ゆうホール(久御山町)
八幡 3月13日午後2時 八幡市人権交流センター
やましろ 3月13日午前9時30分 社会福祉センター
相楽 3月13日午前9時30分 京建労相楽支部事務所
綾部 3月13日午前9時 中央公民館
福知山 3月13日午前10時 中丹勤労者福祉会館
舞鶴 3月13日午前10時 商工観光センター
与謝 3月13日午後1時30分 みやづ歴史の館
丹後 3月12日午前10時 峰山公民館

京ことば

今年は戦後70年です。私も71歳を迎え、戦後と私の成長とが重なります。

子どものころ、農家でしたが「お米」は強制的に国に供出をさせられました。

その供出する米俵をつくりに来ていた隣村のTさんは「日中戦争」に行かれた人で初年兵のとき訓練と言って中国人の捕虜を日本刀で斬殺することもあり、それは恐ろしい事だったが、一度戦場に行き八露軍に戦友が殺されるといっきに憎しみに変わり略奪をすることにも何の抵抗も感じなくなったと言っていたことを思い出します。

高校生のとき、福知山駅で労働組合員だと思う五、六人がタスキをして多くの仲間と安保闘争の壮行会が行われていたことが鮮明に記憶に残っています。その年の社会科のテストは「憲法九条」を暗記して書くことで単位を貰いました。

戦争にかかわった年代が少なくなる中、日本の侵略戦争も認めず、強制連行・慰安婦問題もなかったかのように戦争に加担をする道には、アジアにおいても孤立し未来がないと思います。

福知山民商会長 大槻 一男

地域で生きる
「お年寄り・障がい者に優しい」観光タクシー

「藍観光」代表 藤岡 政則さん(63)と寿子さん個人タクシー互助協同組合
「藍観光」代表 藤岡 政則さん(63)

10年間、法人タクシーで夜間専門のドライバーとして働いた後、個人タクシーを開業した藤岡さん。有名観光地を事前調査したり、社寺に入場させてもらえるように粘り強く働きかけたりと、常に最高のサービスを心がけてきました。

現在は、「お年寄りや障がいのある方にも京都観光を楽しんでほしい」と、新たなチャレンジを続けています。

ホームページを使って観光事業を起業

1990年、友達のすすめで観光事業を起業した政則さん。元々機械が好きだったので、「パソコンを観光事業に使ってみよう」と思いつきました。今とは違ってホームページもプログラムからの作成で、毎日昼から夕方までパソコンに向い、夕方から明け方まではドライバーとして仕事をしました。『ホームページで見積までできる』と業界紙1面の記事になったこともあります。

そして、現在の「藍観光」を1997年に立ち上げました。当時はインターネットで「京都」「観光」と検索すればトップに出てくるほどでした。現在総ページ数は1000頁を超えています。(藍観光タクシーのウェブサイト

11月の観光シーズンともなると、一日10組以上の予約がさばききれず、スタッフから「最低人数を確保しよう」と言う声が上がり模索していたその頃、LLP(有限責任事業組合)に関する法律が制定されました。早速「これしかない!」と4人で立ち上げ、現在12人のメンバーで観光事業をやっています。毎年「京都の冬の旅」「夜のライトアップ」「七福神巡り」などオススメコースを作りウェブにアップしてきました。

お年寄り、障がいのある方にも楽しい京都観光を

藍観光タクシーLLP(有限責任事業組合)
観光の見積もり・予約・お問い合わせは
管理おばさん 藤岡(090-2014-2779)まで

政則さんは、車いす生活のお父さんの楽しみである「観光地巡り」のために、車いすでの見学の可否や障がい者用のトイレの有無などの問い合わせをし、実際に訪ねた資料をためて仕事にも生かしていきました。その甲斐あって、お年寄りや障がいをもった人たちのお客さまが少しずつ増えてきました。観光地でもスロープが作られたり、車いす優先の取扱いができたり、障がい者やお年寄りが外出できるための設備・制度が充実してきたことも影響しています。

メンバーがホームヘルパーや車いす操作の講習を受けるなど、誠実な仕事ぶりが評価され、現在では観光の仕事の6割が障がい者団体や福祉施設関係者の方々です。海外に住んでいる日本人障がい者から問い合わせを受けたこともありました。

夫婦二人三脚で

問い合わせを受ける寿子さん長年この仕事を支えてきたのが、奥様の寿子さんです。24時間携帯電話(現在はスマホ)を肌身離さず、トイレに入っている時は勿論のこと寝る時も枕元に置き、お客さまからの問い合わせや見積依頼への対応をしています。契約が決まれば、メンバーへの配車指示もこなしています。目標は、京都一うまくお客さまのご要望に応える観光を提供できる「受付のプロ」です。そんな寿子さんの楽しみの一つに、散歩をしながら描いたスケッチや写真があります。その作品はウェブの「管理おばさんの『ブログ』」にアップしていますので一度ご覧ください。

若い頃は、毎年深夜勤務あけで貫徹のまま子どもたちを連れて海水浴やキャンプに行っていました。今では現地見学、調査を兼ねて、夫婦二人で京都や滋賀の日帰り旅行を楽しんでいます。

景気が悪い中、政則さんは観光の仕事はメンバーに振りご自分は流しで水揚げ確保の毎日です。寿子さんも十分な給料もない中で「京都を観光したい」と言う方のために、12人のメンバーの要となって全力投球中です。

京都市政告発 パート1

青いとり保育園で起こっていること
安ければいいのか!

京都市長選挙が、2016年に行われます。門川市長は、「京(みやこ)プランの総仕上げ」として「応益負担」「民間でできることは民間で」と市民負担増、民間委託を職員削減と一体ですすめています。京都市政で何が起こっているのかを連載で伝えます。

京都市立病院で働く看護師さんたちが「子どもを産んでも働き続けたい」と運動を広げ、1977年に作られたのが「院内保育所・青いとり保育園」。以来、定員を45人に増やし30年にわたり、看護師さんは子どもたちを安心して園に預け、子どもたちはのびのび成長してきました。

4年前に京都市が病院を独立法人化すると同時に、保育園は民間委託されました。

今年、園の運営母体の京都市立病院は、新たに地域の子どもたちも受け入れできるように60人定員で委託事業者を公募(上限価額9650万円)。その結果、アートチャイルドケア(株)が6636万円という異常に安い金額で落札しました。アートチャイルドケア(株)は、13万円という低い基本給を提示し、そのうえ現在の職員のほとんどを不採用に。採用者は現在人員の半分になりました。

保護者は「今の先生方がいなくなる。私たちも働き続けられない」と不安の声をあげています。

病院は「雇用問題は委託業者とのこと。病院に責任はない」と責任転嫁。京都市は「言及する立場にない」と責任放棄しています。

民間委託の行きつく先が、そこで働く人の低賃金と解雇です。「安ければいい」の考えの下で、犠牲になるのは職員、保護者、子どもたちです。

第11回わっとShow魂(しょうこん)まもなく開催

第11回わっとShow魂(しょうこん)青年業者がわっと集まる ウデ・ワザ・アジの大アピール

第11回目となる「わっとShow魂(わっとしょうこん)」、今年は梅小路公園で開催します。

青年業者が集まって、自分の商売、技術、商品をアピールします。プロの技術をレクチャーするステージ企画も満載。

ぜひ、家族みんなでお運びください。

日時:3月22日(日)10:00〜15:00
会場:梅小路公園七条入り口広場
・養鶏場のこだわりチキンカレー
・老舗うなぎ屋の炭火蒲焼き
・寿司割烹店の鯖寿司
・スナック経営者のバー
・こだわりのスペシャルコーヒー
・牛乳屋さんのプレミアム牛乳
・建設会社のリフォーム相談
・畳製作実演
・伝統の手焼きせんべい
・鍼灸院のマッサージ
・デコレーションやアメリカン雑貨などなど
青年業者がプロの技術をレクチャー
するステージ企画も満載
劇団前進座、音楽などの文化行事も
会場は京都水族館、蒸気機関車館とも隣接しており、親子で一日楽しめます

行事案内

〈日程〉