フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第86号(2014年2月3日号)]

京商連News 第86号(2014年2月3日号)

ご存じですか?
◆自主計算で税務調査も是認かちとる(中京・やましろ・山科・下京・亀岡など)
◆国保料滞納でも高額医療認定証を交付させる(中京)
◆制度融資の趣旨を逸脱した対応を改めさせる(右京)
民商の豊富な実績!

仲間増やして京都から世直し

「号外」と「ポスター」で打って出よう

「中小業者のくらしと営業を破壊する消費税増税はストップを!」「秘密保護法を撤廃させよう!!」――新春から京都府内津々浦々で民商の元気な声が響いています。4月の京都府知事選挙は、国民と中小業者に負担増を押し付ける政治に対する絶好の審判の機会とあって、京都府内で100枚のポスターを貼り出し、1万枚の『全国商工新聞号外』を配布しました(1月20日現在)。

班会や支部役員会では紹介も出され、記帳や申告の相談で民商への入会も相次いでいます。

『号外』と要請署名で対話

「私も消費税増税には反対」(西京民商)毎月の拡大行動を継続している西京民商では、1月13日に9人が集まり、チームに分かれて『全国商工新聞号外』を持って業者訪問。「京都は日本で一番景気が悪い。中小業者の減少率も日本一。ぜひ京都府知事に景気を良くしてほしいと要請を」と『号外』の1面を示しながら京都府知事への要請署名を渡します。また、「確定申告も近い。民商は選挙だけでなく、商店街訪問中(中京民商)記帳や税金、商売のこと何でも相談に乗っている。いつでも気軽に相談してや」と2面の民商の実績もしっかりアピール。和菓子屋さんでは「売上げ減少で困っている。この先どうなるか不安。消費税も諦めてるけど」と言いながらも署名をしてくれました。「孫子の代まで借金を残せない。増税は賛成や」という経営者とも粘り強く対話し、「今の税金の使い道はアカン」という所では一致しました。この日の行動で、50軒と対話して『号外』100枚を配布、消費税5署名、府知事への要請7署名を集め、プラスター宣伝にも参加しました。『号外』配布へ出発!!(やましろ民商)

北民商は、12、13日の拡大デーで新大宮商店街、新町商店街を訪問、宇治民商は宇治橋商店街へ秘密保護法撤廃署名を持って対話しました。19日は、中京民商、右京民商、山科民商、八幡民商、やましろ民商などが商店街に『号外』を配布しながら、宣伝行動を行ないました。

行動に参加した八幡民商の加藤久人拡大推進委員長は、「京都の景気回復には知事選挙は絶好のチャンス。『知事選いつあるの?』と言う人もいた。出足早い宣伝が大事」と語ります。

ポスター貼って、24時間民商の風を吹かせよう

ポスターで民商を宣伝(上京民商)上京民商では、11日に会長が所属する支部を回り、支部長宅では、「今年初めてやね。新年からご苦労さんやなあ」など対話しながら1時間の行動で6人の会員にポスターを貼ってもらいました。

理事会では、支部で集まる機会を増やしてもらおうと、『号外』配布1枚につき1・5円の補助をすることも決めました。それを受けて、3支部が集まって行動する計画を立てています。

支部役員会・班会で「民商に相談したら」

元気に音の出る宣伝(八幡民商)昨年12月に39班中31班で班会を開いた八幡民商では、班会で「税金相談で下請けの業者に『民商に相談せえ』と声をかけている」と紹介があり、さっそく2人の仲間を迎え入れました。

右京民商も、18日に支部役員会で紹介のあった業者さんが入会しました。民商には、税金の相談が多数寄せられています。

中小業者の切実な声

●不動産業はとても厳しい。こんな状況で消費税が8%になったらどうなるかと思っている。せめて、今は値上げするのをやめてほしい。(木津川市・不動産業)

●知事選挙では、景気対策をぜひお願いしたい。(宇治市・小売業)

●かけこみ需要の反動で、急に売上げが減った時に対応できるような融資制度の創設を。(京都市・建設業)

小児科医・知事予定候補 尾崎 望さん府政転換 世直し1万人府民大集会

小児科医・知事予定候補 尾崎 望さん

とき:2月21日(金)開場 18:00 開会 19:00
ところ:京都府立体育館(京都市北区大将軍)
入場無料 ※保育・手話通訳あります

京ことば

いよいよ確定申告の時期を迎えます。

山科民商では、記帳義務化の不安の声に応えるべく、11月からシート式帳簿の3日間連続講座を開催し、私も修了認定を受けました。消費税増税中止を求める「税金民商」の本領発揮の時ですね。

経営の取り組みでは4月13日(日)に小野隨心院にて第14回小町市を開催します。是非、参加・出店をよろしくお願いします。

私は「政治や社会を自分たちの手で変えるためには、署名を集めること、デモに参加すること、投票に行くこと」だと思っています。

先日、私の趣味であるマラソンの会のレセプションがありました。そこで記念講演されたスポーツドクターは「(市民ランナーは)運動を続けることが一番」、同じく講演をされた高石ともやさんは「競争や、急ぎすぎるのでなく、ゆっくり走ればいろんなものが見えてくる」と話されていました。

仲間を増やして、要求を集め、集まって話し合い、要求実現・解決していくことを大事にしていきます。

山科民商会長 宮村秀志

地域で生きる

「松新」の出し巻には、いつも長蛇の列ボリューム満点の出し巻が大人気

左京民商 三宅 良成さん(65)

「松新」では、12月30日の真夜中から出し巻を作る作業が始まります。作業は徹夜で、翌日の夕方まで続きます。大晦日の午後に販売するおせち料理を仕上げてから巻き始めます。

添加物や保存料はいっさい使わず、「体に良い本物の料理を」というこだわりを持っているのは、仕出し屋「松新」の店主・三宅良成さんです。仕出し屋にスナック、時には料理教室に呼ばれることもあります。地域の役も持ち多忙な中、商売へのこだわりを守り続けています。

比叡山のふもとで開業

すなっく加奈
すなっく加奈
京商連共済会指定福利厚生施設
席数40席 ガレージ有10台
〒606-0053
京都市左京区上高野車地町145-4
電話 075-724-3637
〈定休日は毎週月曜日。
ご予約で定休日も営業いたします〉

配達専門店 松新
(配達は京都市内・滋賀の一部)
〒606-0082
京都市左京区上高野畑ヶ田町35-8
電話・FAX 075-701-5504
〈定休日は毎週月曜日。
ご予約で定休日も営業いたします〉

比叡山の麓・三宅八幡で美味しい国産天然物のお弁当を楽しんで頂き、43年。

開業は1970年、22歳のときです。15歳で京料理店「松正」に就職、環境にも恵まれ4年目には部下6人で支店も5軒でき、仕事の量も山ほどありました。腕を上げ、5年の奉公と2年のお礼奉公を経て分家、「松新」を開業。

「すなっく加奈」で和気あいあいと開業といっても退職金代わりに頂いた軽四のトラックと祝いに包丁を頂き、6畳1間を借り、魚の行商から始めました。2年後に現在地で京料理仕出し店を開業、1995年には「松新」の料理を気軽に食べて頂けるお店として、スナック形式で白川通花園橋上るで「加奈」を開業。遠方からも来て頂き、法事やゴルフの打ち上げで使っていただいています。30人程度の結婚披露宴もしています。クラス会の二次会で75人が入ったこともありました。

四季折々の食材で「おもてなし」

年2回の創業祭は、6月は「松新」、11月は「加奈」で火曜日から日曜日まで6日間おこないます。会席料理並のメニューに6月は活ハモのしゃぶしゃぶ、11月は日替わりでてっさ、てっちりにカニ、ぶりのしゃぶしゃぶなどに自慢のチラシ寿司です。おまけに7時の開店から12時の閉店まで飲み放題。1人5000円で提供しています。

自家製おせちがズラリ!!なんと言っても最後はおせち料理。12月31日お昼からだけの売り出しです。60品目以上がすべて31日に出来上がり、昔ながらのおせち料理から創作料理まで全て自家製です。プロの料理人や料理を知り尽くした出入り業者、おせちを売っている人まで買いに来ます。

一番のおススメは出し巻!

京鴨ロース、鯖寿司などが人気ですが、一番のおススメは出し巻です。人気の秘密は、味はもちろんのことボリューム満天の大きさです。一人で食べると、それだけでお腹いっぱいになるくらいです。

「卵を5個使って作られる姿は、さすが料理職人といった感じです。民商まつりや地域の祭に度々出店されていますが、いつも長蛇の列ができ、祭の間中、巻き続けてもさばききれないほどです。近所でも『松新さんの出し巻は美味しい』と評判です」(左京民商・山口事務局長)

そういったお客さんがいるからこそ、「もっと良いものを」という意欲にもなります。宴会や祭事などお気軽に声をかけてください。

みんなで受けよう 無料大腸がん検診

実施期間:民商ごとに期間が異なります。必ずお手元に届くチラシでご確認ください。

検査は簡単です
@自宅で簡単にできる A時間がかからない B痛くない
受診される方は、班へ申し込んでください。器具をお渡しします。

初笑い!! 前進座新春観劇会

初笑い!! 前進座新春観劇会毎年たくさんの会員さんが楽しみにしている前進座観劇会。今年の演目のひとつ「松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)」に京商連・久保田会長、京婦協・伴副会長が出演(?)するとあって、婦人部員さんの期待は例年以上に高まっていました。

「一本刀土俵入」では、藤川矢之輔さんの見得に拍手喝采、「湯島掛額」では河原崎國太郎さんの美しさにうっとり。

登場人物が「お土砂」をかけられ、ぐにゃぐにゃになる場面では笑いが起こり、久保田会長、伴副会長が登場すると、場内は大いに沸きました。今年の舞台は、これまでにない初笑いとなりました。

2014年新年号お正月読者クイズ

正解と当選者発表

新年号の間違いさがしには、多数の応募と感想を寄せていただき、ありがとうございました。

当選された5人の方に図書カードを贈ります。

●当選者●

加藤 節子さん(城陽市)
中野 信一さん(中京区)
中村まなみさん(北区)
長谷川幸男さん(北区)
大西 忠子さん(伏見区)

おたよりでーす――*

・毎号手にして仲間が頑張っているのを見て頼もしく、嬉しく思います。(宇治市)

・2014年京都府知事選、尾崎望さんをぜひとも当選させたいと思います。ともに奮闘して、声かけからが大事だと思います。(上京区)

・生きるうえで食べる、住む、着るは最低限必要。商売の記事はこのことを満載しているので、役立つ。(右京区)

・毎年、年男年女の元気な記事にパワーをもらっています。みんなの笑顔をよろこびに、今年も元気で!(伏見区)

・1月10日の観劇に初めて行ってきました。國太郎さんの女ぶりがすごくきれいで、主人なんか「本当に女の人と違うんか」と首をかしげていました。(綾部市)

・今度の知事候補へのインタビュー、何としても今度こそ我々の願いを託した尾崎知事の実現に向けて全力を出し切らねばと思いました。(左京区)

行事案内

〈日程〉