フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 2013年12月号外(2013年12月16日号)]

京商連News 2013年12月号外(2013年12月16日号)

京商連News 201312号外

第2回理事会特集

民商前進で悪政反撃!倍返し!

署名・拡大目標達成!
全会員の力でやればできる

京商連は12月1日(日)に第2回理事会を京都市内で開催、役員61人が出席しました。理事会は午前中に京都府知事選挙に立候補を表明した尾崎望さんから直接、決意表明を聞き、尾崎望さんの推薦を理事会として決定しました。午後からは諸議案の提案を受け討議を行い、知事選挙勝利と仲間増やしを一体にして春の運動をたたかう方針等を決議しました。合わせて第2回理事会は秋の運動で一会員10人分の署名達成民商・支部と拡大目標を達成した民商・支部を表彰しました。

割れんばかりの拍手! 尾崎望さん推薦決定

「小児科医として、民医連の会長として民商のみなさんと国保料引下げの運動などいっしょにたたかってきました。子どもの貧困をなくすことをはじめ京都府にできることはたくさんあります。お金と仕事は地元にめぐらせ地域経済再生をめざすなど5つの方向でひと・いのちが輝く京都府の実現をめざします」と来年4月の知事選挙に立候補を表明した尾崎望さんは理事会であいさつされ、京商連・久保田憲一会長とがっしりと握手を交わしました。京商連第2回理事会は割れんばかりの拍手で尾崎望さんの推薦を決定しました。

民商の値打ち光る

理事会の午後からの討論では11民商・組織から14人が発言、記帳講習会の活動、消費税増税中止の署名活動、国保課との懇談、仲間増やしや班会開催など多彩な民商活動が報告され、「民商の値打ち」を浮き彫りにしました。

「シート式記帳講習会のビラを600枚配って27人が参加。25人が新しい参加者。入会者、入会予定者も生まれた」(下京民商・伊藤常任理事)

「支部の記帳講習会を月一回11回継続。一人ひとりに合わせた記帳をみんなですすめて、次は1月に決算を頑張ろう、次は人に教える立場になろうと話しています。記帳の義務化は民商を増やすチャンスです」(伏見民商・前川理事)

「9月27日の消費税大増税ストップ!国民集会までに一会員10署名を達成させようとがんばった。町内を回って90人の署名を集めた会員さん、パン屋のカウンターで署名を集めた人、絵の展示会場で150人の署名を集めた会員も。こうした頑張りで目標達成できました。そして4年間商店街訪問と相談会にビラ配りを月2回続けたことで署名・対話行動で民商の影響力を広げ世論形成に大きな力を発揮したと実感しています」(北民商・弥吉常任理事)

「うるさいおっさんと言われながら決めたことは『有言実行』。11月12月で読者100人を増やそうと民商で決めて17支部の役員会に三役が回って『今ここで増やしてくれ』と訴えた。今月読者46人を拡大。12月15日までに読者100人達成したい」(右京民商・谷智夫理事)

「八幡民商は8支部39班。すべての班で班会を開き、自主計算パンフを学習しようと27班で班会開催を計画。22班で開きました。参加者ゼロはありません。参加しやすい設定を考え、午前中の班会も開きました。パンフを読むと『知れば知るほど商売人にとってひどい税制だ』と怒りがひろがり、紹介にもつながっています」(八幡民商・山内常任理事)

理事会は討論を受け、第2回理事会決議案、春の運動財政予算案などすべての議案を全会一致で採択しました。

表彰民商・支部一覧

2013年12月1日 京商連第2回理事会

@4・1現勢回復・突破(読者・会員)民商

商工新聞読者:南民商、山科民商、右京民商、西京民商、乙訓向日民商、与謝民商(以上、6民商)
会員:山科民商、やましろ民商、綾部民商(3民商)

4・1現勢回復・突破支部(読者)

北民商:柊野、衣笠
上京民商:小川、嘉楽、室町、滋野、待賢、仁和
南民商:陶化、東和、九条、南大内、唐橋、上鳥羽、吉祥院、久世
左京民商:新洞・川東、養徳
東山民商:祇園第2、祇園西、祇園南
山科民商:鏡山、安祥寺、音羽・音羽川、大宅、山階南、小野
右京民商:西院上、西院下、花園、竜安寺、鳴滝、常磐、嵯峨、梅津西、西京極、葛野、太秦東、太秦西、嵯峨野
西京民商:上桂、松尾、桂西
伏見民商:南浜、向島、向島南、深草、竹田、板橋、下鳥羽、横大路
乙向民商:長岡南、長岡東、大山崎
船北民商:丹波、日吉、和知、美山
宇治民商:西大久保、西宇治
城久民商:寺田西、久御山西
やましろ民商:井手
福知山民商:西部
与謝民商:野田川、岩滝
丹後民商:弥栄
17民商67支部

4・1現勢回復・突破支部(会員)

北民商:待鳳、鷹ヶ峯、大宮
上京民商:小川、嘉楽、乾隆、室町、滋野、待賢
中京民商:朱七、西ノ京、木屋町
左京民商:新洞・川東、養徳、修学院
南民商:陶化、東和、九条、南大内、唐橋、祥豊、吉祥院
山科民商:鏡山、安祥寺、音羽・音羽川、大塚、大宅、山階南、百々、小野
東山民商:清水、祇園西、祇園南
西京民商:桂西
右京民商:西院下、竜安寺、鳴滝、常磐、嵯峨野、梅津西、西京極、太秦東、太秦西、山ノ内
伏見民商:南浜、向島、砂川、深草、竹田、住吉、板橋
乙向民商:長岡南
船北民商:八木、日吉、瑞穂、和知、美山
亀岡民商:篠
城久民商:寺田西、久御山西
宇治民商:西宇治、木幡、中宇治、西大久保、槙島
やましろ民商:京田辺
八幡民商:八幡中
丹後民商:弥栄
綾部民商:綾部東、綾部南
19民商70支部

A全商連総会時現勢回復・突破(読者・会員)民商

商工新聞読者:与謝民商
会員:該当民商なし

B消費税増税中止署名一会員10署名達成民商

北民商

消費税増税中止署名一会員10署名達成支部

北民商:鷹ヶ峯、鳳徳、大将軍、小野郷
上京民商:滋野、仁和、正親
中京民商:朱一、朱八、乾、南
下京民商:下東
南民商:九条
東山民商:貞教
山科民商:大宅、山階南、小野、陵ヶ岡、勧修
右京民商:西院下、安井、竜安寺、嵯峨、嵐山、葛野、嵯峨野
伏見民商:藤森、ニュータウン
宇治民商:大久保
八幡民商:男山南
11民商30支部

京商連第52回総会 第2回理事会決議

消費税増税中止 「小企業日本一のまち」京都めざして

京都府知事選挙勝利を強く大きな民商・京商連建設で実現しよう!

一、はじめに―情勢の大局

京商連は第1回理事会決議を行動の指針として秋の運動をたたかってきました。

安倍政権は来年4月1日からの消費税増税を閣議決定、秘密保護法制定、TPP参加、原発輸出など国民の願いに逆らって暴走しています。

第2回理事会の任務は、国民の願いに逆らう安倍政権の暴走をストップさせて、消費税増税断固中止のたたかいの方向を明らかにするとともに、第52回総会方針で掲げた「小企業日本一のまち京都」を実現するために京都府知事選挙方針を確立し、それと結んで強く大きな民商・京商連建設の意思統一を図ることです。

二、要求運動の重点
1、消費税増税中止、納税者の権利を守るたたかい

(1)日本経済と中小業者の営業を破壊し、景気を悪化させて税収減を引き起こす消費税増税は社会保障解体の策動と合わせて、国民の総反撃のエネルギーを高めています。参議院選挙で躍進した日本共産党は国民の運動と結んで消費税増税中止法案の共同提出を他党に呼びかけています。消費税廃止各界連を強化し、断固増税中止を実現するために広範な共同を追求します。全会員参加の署名運動で一会員10署名達成をやりあげます。「納税者の権利宣言」(第4次案)を広げ、応能負担や生活費非課税の国民的理解を深め、消費税増税中止の確信を深めます。

(2)消費税中心の税体系の下で、中小業者に「払いきれない重税」を押し付ける体制づくりが改悪国税通則法の狙いです。すべての会員が自主計算パンフを学びあい「納税者の権利」を身につけ、班・支部を基礎に不当・違法な徴税とたたかいます。

年内から準備をすすめ「税金の民商」の真価を発揮して全会員が参加する春の運動を進めます。3・13重税反対全国統一行動を運動の結節点として、これまでにない大きな共同行動にします。

2、諸要求実現、知事選勝利めざす活動

特定秘密保護法案は、憲法の国民主権・民主主義の原則を否定するものであり、国民の目と耳と口をふさぐ弾圧立法です。断固阻止へあらゆる行動に取り組みます。TPP参加などアベノミクスによる構造改革は地域の中小業者を根絶やしにしても構わないという悪政です。全中連決起大会(1月28日・日比谷公会堂)までに消費税増税中止署名一会員10署名を達成して切実な要求実現の機会として成功させます。中小業者の仕事おこし、金融、社会保障要求実現に自治体対策を強めます。中小業者の金融要求を集め、金融機関交渉を例年通り春の運動で行います。

安倍政権の悪政に対して山田知事は悪政後押しの役割を積極的に果たしています。Xバンドレーダー設置の新基地建設阻止の運動を強化します。民商・京商連は中小業者が地域経済の主役となる「小企業日本一のまち京都」を掲げ地域循環型経済再生をめざし「府政転換」に全力をあげます。1月6日(月)知事選勝利・拡大出発式、事務局員総会開催で選挙勝利と拡大を一体にスタートダッシュを図ります。

1月10日の京商連貸切前進座初春観劇会、1月11日に京都で開催される関西・北陸ブロック新春決起集会を成功させます。

三、組織建設の重点
1、全会員運動で全商連総会現勢突破を

京商連総会が掲げた読者15%・会員10%目標を堅持して全商連第51回総会は前総会時現勢を上回って迎えるよう拡大に総力を挙げます。拡大目標達成のカギは全会員参加の運動を成功させることです。「仲間を増やす」を基点にした討議を機関会議で繰り返し行い目標達成の決意を固めあいます。全会員への訴え、全会員訪問、班会・支部役員会での話し合いを徹底して全会員参加の拡大運動で目標を達成します。末広がりの読者拡大と「読者から入会へ」の取り組みを追求します。12月14・15日(土・日)、1月12・13日(日・月)、2月8・9日(土・日)、3月8・9日(土・日)、4月19・20日(土・日)、5月19日(月)〜23日(金)を京商連拡大デーとして拡大運動を飛躍させます。

2、商工新聞中心の班・支部建設を

会内外からの相談内容と解決の経験を機関会議・支部役員会で話し合うとともに、商工新聞をよく読み、会内外に紙面を紹介する機会を増やします。

確定申告の活動はじめ、お互いの経営や暮らし、健康を気遣い、困難を一つひとつ解決することで、多くの仲間が民商の「値打ち」を体感できるよう、「集まって、話し合って、相談し合って、助け合う」班会・支部役員会の原点の活動を粘り強く前進させます。新会員歓迎会の取り組みを強めます。

四、共済会活動

全商連は全ての会員が加入する「より民商らしい共済」めざして全商連第51回総会と全商連共済会第23回総会を5月に連続開催します。総会までにすべての組織が会員80%加入を、京商連共済会は85%加入を達成します。春の運動で全会員に訴え大腸がん検診に取り組みます。班の共済係・支部の共済役員づくりを強化します。

五、業者婦人・業者青年対策

多くの業者婦人は、苦労を重ねながらも暮らしと営業を支え頑張っています。所得税法56条廃止の運動を援助し、自家労賃の実現に力を合わせます。春の運動で婦人部の同時加入を追求し、4500人部員実現をめざします。

新規開業と事業承継の対策を強め、若い世代を民商に迎え入れます。業者青年に青年部の活動を知らせ、同じ世代からの呼びかけを強めることで、集まる機会を増やします。

六、財政活動の改善・強化を

未収者こそ困難を抱えており民商からの働きかけが必要です。訪問活動を強め、会員の苦難に心を寄せ、ともに打開の方向を探ります。京商連財政サイクル表をすべての支部部長・班係に届け、「財政活動の5点改善」への理解を深め「15日集金」など月サイクルの活動を確立します。(以下略)

知事選勝利 京商連拡大出発式

今回の出発式は、2014年新年早々から京都府知事選挙勝利と仲間増やしを中心とする春の運動を猛ダッシュするために開きます。元気で楽しい出発式にご参加下さい。

●日時:2014年1月6日(月)午後5時〜7時(予定)
●会場:京都府中小企業会館大ホール

※飲食の準備もします。必ず公共交通機関を利用してご参加下さい。