フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第83号(2013年11月4日号)]

京商連News 第83号(2013年11月4日号)

ご存じですか?
 ◆自主計算で税務調査も是認かちとる(中京・やましろ・山科・下京・亀岡など)
 ◆国保料滞納でも高額医療認定証を交付させる(中京)
 ◆制度融資の趣旨を逸脱した対応を改めさせる(右京)
民商の豊富な実績!

集まると楽しい!

いま民商では、全民商で班会開催の取り組みを推進しています。集まって話し合い相談し合うことは民商運動の原点。毎月集まることが楽しいと長年班会を継続している班会を紹介します。楽しい班会をあなたの班でもぜひ開きましょう。

班の魅力

左京民商 修学院支部修一班

確定申告、年金、国保 相談できる仲間が魅力

左京民商 修学院支部修一班40年近くも続けてきている修学院支部修一班の班会。会員のお宅の居間をお借りして毎月開催しています。商売のことから日常生活の出来事、家族のこと、健康のことと話は尽きません。冒頭に事務局が社会情勢や民商運動の報告をしますが、その話もなかなか進まないぐらいみなさんお話好きです。また、年に1回の旅行も楽しみの一つとなっています。

困りごとや相談ごとも、みんなで協力し合って解決しています。最近では、年金のこと、医療費のこと、国保料のこと、そして自らの健康のことと、みんなで集まって話して、自分のこととして相談に乗る暖かな班会です。みんなで話し合えば気持ちも楽になるし、良い知恵も出てきます。年に1回の確定申告の計算会も集まって、いつもと変わらない班会の雰囲気で行われます。今まで教えあいながら何年も続けてきているので、今となってはみなさんベテランです。税務調査があった時も、仲間で支え合って乗り越えてきました。

日常的に繋がり合い、なんでも話合える関係になっていることが、班会を続けてきた秘訣です。

民商の魅力

伏見民商 向島ニュータウン支部 西・中班

ためになる情報は班会で

ニュータウン支部西・中班は、毎月の支部定例役員会後に班会を行っています。

伏見民商 向島ニュータウン支部 西・中班班では伏見民商9条の会が行った憲法学習会にも参加し、班会で感想も出し合いました。「秘密保護法で、表現や報道の自由などが規制され、戦前の特高警察のようになりそうで不安」「マスコミは社会の在り方を左右する問題なのに大きく取り上げない」

署名の取り組みにも力を入れています。10月1日に安倍首相は増税表明をしましたが、伏見民商でも消費税署名は1会員10人まであと少し。「商売と暮らしを潰させない」と、未署名の人がないように呼びかけることを再度確認しました。また、「所得税法56条は婦人部だけの問題ではない、再度署名を皆におろして回収を」といった話し合いもありました。

またいつもお互いの健康の事が話題になります。慢性的な持病のある方は、医療費の3割負担が非常に苦しいこと、老人医療であれば1割で済む(京都市の場合)という話をしています。

仲間増やしでは会員さんの紹介で、土木業者の方が「税金の申告の仕方がわからない」と読者になりました。今後も集まって話し合いながら、今月4月1日現勢回復のためにアンテナを高くして働きかけていきます。

宇治民商 大久保支部5班

楽しい企画も仲間増やしも自分たちで

宇治民商・大久保支部5班では、「集まって話し合う」の精神で毎月第2木曜日を定例として班会を行い、現在3人のメンバーそれぞれが役割を分担して運営しています。班設立当初から何10年に渡って、やむを得ない時以外は欠かした事がありません。

宇治民商 大久保支部5班班会の話題は、情勢や最近の仕事の現状、家族の事、レクリエーションの企画など多岐に渡ります。

中でも今秋企画のレクリエーションに関しては、宇治民商副会長も参加する熱の入れようです。以前から、班会の度に「又、皆でどこか行こう」と話していました。昨年、他支部の発案に便乗する形で何と10年ぶりに実現!「勢いに乗って今年も」と企画から班会メンバーが取り組む事になり、現在手配の真っ最中です。

このように班会は、楽しい企画を皆で立てたり、悩みを打ち明けたりできる心の拠り所ともなっているのです。同時に「増やしてこそ民商」と、班会では独自に月一で拡大行動に取り組み、支部の仲間増やしにも大きな役割を果たしています。

事情により参加出来なくなったメンバーも落ち着いたらまた参加してくれる事を願って、今後も毎月班会を続けていきます。

京ことば

南民商、九条診療所、九条健康友の会、京建労、生健会など多くの団体による実行委員会主催で10月20日に「第16回みなみ秋まつり」を開催しました。実行委員会で「当日は雨」の前日予報の為、急遽会場を春日公園から九条診療所に変更しました。今まで15回「みなみ秋まつり」を開催してきましたが、雨という事は初めてです。九条診療所の1階は抽選会場、2階はバザー、3階は子ども名画劇場、4階はうどんコーナー、駐車場にテントを2張り立て模擬店を出店と、皆が工夫をし協力して午前10時〜午後3時まで「みなみ秋まつり」を開催する事が出来ました。こくた恵二衆院議員、山内佳子府会議員、井上けんじ市会議員も参加され、本当に良かったと思っています。春日公園で開催だったらお茶席をするつもりでしたが、出来なかったのが残念です。終わったとたん雨もやみ、後片付けがスムーズに出来、疲れもふっとんだ気持ちになりました。急な会場変更にも、皆が力を合わせることによって成功したんだなと思います。
南民主商工会 会長 小林幸子

地域で生きる

味処 みな川:下京民商 皆川 好一さん(44)無駄を抑え、味への信頼にこたえて

下京民商 皆川 好一さん(44)

皆川さんのお店は、西大路五条から南東、西高瀬川近くの住宅街にあります。自慢はお造りを中心にした和食です。味だけでなく、お客の様々な要求に応える皆川さん。店の前を通る人は、すべて皆川さんにとって大事な「お客さん」です。

仕入れた食材を無駄なく使う

味処 みな川
味処 みな川
〒600-8896
京都市下京区西七条西石ケ坪町8-1
電話075-315-1048

皆川さんは18年前、独立開業して今の店を始めました。始めたころは、羽振りのよいお客さんが祇園へ行く前に立ち寄って、時価でお造りを注文するなど、高価な食材を仕入れても十分に儲けがありました。しかし長く続く不況のなか、8年ほど前から「商売の考え方を変えてきた」と皆川さんは話します。

まず夜だけだった営業に、お昼の部を加えることで仕入れた食材を無駄なく使えるようになりました。ここ数年さらに、お店の入口にショーウィンドウを設置し、本格的な和食の一品料理をお惣菜として店頭販売しています。お昼の部でも残ってしまう食材を使い切ることで原価を回収し、商売を回しています。「ここ2年でようやくそのサイクルがうまく回るようになった」と皆川さんは話します。お昼のメニューも以前は1000円代からだけでしたが、今では800円代がずらり。お手頃、お値打ちの値段で、ボリュームたっぷりの和食が人気です。

それから「絶対に自分では食べない」と皆川さんは笑いながら教えてくれます。自家消費すると経費があいまいになってしまうので、家計と営業をきちんと区分しています。

変わらない信念で店を切り盛り

味処 みな川の写真付きメニュー無駄な経費も出さないように自分でできることは全部自分でします。店の壁紙の張り替えも自分で。商品の看板も板を買ってきてペンキで文字を書く。なかなかの出来栄えです。

店内には外が見えるモニターが設置してあります。店内で忙しく働く皆川さんにとってはいたずら防止用や来客確認などに欠かせない設備ですが、このモニターも自分で設置しました。店内のメニューも皆川さんが自分で写真を撮り、ラミネート加工した手づくりです。またお店の宣伝は、お店の外観と食べてくれたお客の口コミだけ。「外から見て店に何があるかわかるようにすることで売り上げを伸ばせる」と皆川さん。

開業以来、皆川さんの信念は、お客の期待を裏切らない味を提供することです。そしてもうひとつ、「こうする」と決めたことは必ず実行。失敗しても結果を踏まえて次につなげれば問題ないと話します。

「うちのこだわりは安くて美味しい食事を提供すること。『安い』というのはいいものをたくさんの人に味わってもらうために値段も頑張っているということ」

経験を積み上げ、今感じること

そんな皆川さんですが、「自分が変わったなあ」と思うことがあります。昔20代の頃は、自分の料理に自信もあり、「高級な良いものを提供することにプライドがあった」と話します。今は180円のお惣菜をお店の窓口で買っていくお婆さんにも「『ありがとう!』と愛想よく挨拶できるようになった」と、皆川さんは楽しそうに話します。

「18年かけて、今、ようやく自分は商売をしていると思う」と話してくれました。

第10回参加体験型商工交流会“わっとShow魂”第10回参加体験型商工交流会“わっとShow魂”

入場無料!!お誘い合わせてご参加ください

飲食ブースでは、鯖寿司の実演販売、うなぎ弁当、鶏たたき丼、居酒屋メニュー、泡盛、喫茶(コーヒー、ラスク、グラニタ)などなどプロの自慢の味をそろえて、皆さまをお待ちしています。また、物販ブースでは、手焼きせんべい、和装小物、シルバーアクセサリー、マッサージやリフォーム相談、無料保険相談、子ども食器販売などもりだくさん。ロクロや絵付け、銀の指輪づくりなど体験コーナーも充実しています。

キッズコーナーは粘土遊び、スマートボールなど子どもも楽しめます。入場は無料です。民商事務所には、豪華景品が当たる抽選券付参加協力券(300円)もあります(当日受付でも購入できます)。

ご家族そろって、知人や取引先などお誘い合わせて、たくさんのご来場をお待ちしています!!

日時:11月10日(日)午前10時〜午後3時
会場:京都産業会館5階コムスホール(下京区四条烏丸西入ル南側)
ステージ企画:
10:00〜 開会 実行委員長あいさつ
10:30〜 業者青年「商売」を語る!!
 出演:創業105年!老舗のうなぎ屋さんの後継者
 開業1年余りの業者青年(飲食業)
12:00〜 文化行事(沖縄の三線演奏など)
13:00〜 業者青年「商売」を語る!! パートU
 出演:美容卸業と建設業の業者青年
14:50  閉会あいさつ
※お店のアピールタイムもあります

いのちと健康を守る学習交流会in綾部

京商連共済会・いのちと健康を守る交流会実行委員会

前回(2013年3月)の学習会の様子今年の共済学習交流会は、北部での開催となります。学習内容は「社会保障の改悪」についてです。当日は京都駅からバスも出すことになっています。社会保障は改悪ばかりです。消費税増税でいじめられ社会保障の改悪でいじめられ、もう黙っていられません。しっかり学んで闘いの方向をみんなで考えましょう!しっかり学習をした後、午後からは各自で温泉や綾部の街の散策もできます。3時頃、バスで京都駅へ向かいます。

いのちと健康を守るために、共済の果たす役割について深め合いましょう。

開催日程:11月17日午前10時30分開会 午後3時終了
(バスは京都駅八条口前、新・都ホテル前から8時10分頃出発)
開催場所:京・綾部ホテル(綾部市味方町倉谷13 Tel:0773-40-5100)
参加費:1000円

行事案内

〈日程〉