フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第165号(2020年9月7日号)]

京商連News 第165号(2020年9月7日号)

新型コロナウイルス被害電話相談窓口

あなたの声聞かせて

対話・要求アンケート9月中実施

国保全額免除に!2、3月分も還付

新型コロナウイルスの感染が止まりません。全世界で感染者は2000万人、京都でも1000人を超えました(8月15日現在)。政府の対応はGоTоトラベルの強行など、コロナ感染抑え込みに無策です。学者や医療関係者は「PCR検査の抜本的拡充で感染震源地域を特定し感染者を隔離・保護することで感染押さえ込み」を提言。コロナ感染拡大の下で業者の要求も変化しています。民商・京商連はコロナ感染を抑え込み営業を守るため、対話・要求アンケートを呼びかけています。

声を上げよう!営業の困難 全業種に

要求・対話アンケートに続々と業者の声が寄せられています。「祇園は午後6時を過ぎると店が全部閉まって死んだような街になっている」(スナック)、「仕事の受注も不安定。先が見えない。持続化給付金100万円一回きりでは到底足らない」(製造業)。

「今我慢して7月になれば感染もおさまってきて営業もできるようになる」多くの業者がこのように考えていましたが、この願いはコロナ感染拡大で打ち砕かれました。

アンケート「やっとお客さんが戻ってきたところで、昼カラオケでクラスター発生と報道されて、常連さんも家族にカラオケに行ったらアカンと言われてパッタリお客さんが来なくなった」(カラオケ喫茶)。営業自粛や観光客の途絶で直接影響を受けた料飲、観光業に加えて、製造業や建築業を含めて営業の困難はすべての業種でますます広がっています。

業者の声集め支援策を

感染が再拡大する中、多数の業種で経営危機が広がり、これ以上感染が長引けばかつて経験したことのない倒産・休廃業が発生すると言われています。

京商連は、全京都企業組合連合会、料飲組合など、中小業者団体といっしょに「コロナ経済被害から経営と暮らしを守る中小企業連絡会」を結成し、日本共産党議員団とも協力して、感染防止策と社会活動・経済活動の両立をめざす方針を、国と地方自治体に求めるためにアンケートをすすめています。【別項参照】全会員でアンケートをすすめ、国・地方自治体に対して第2弾・第3弾の支援策を求めましょう。会外業者ともアンケートを使って対話を広げ、相談を集め仲間増やしにつなげましょう。

国・自治体・議員に要請

今、民商・京商連は、コロナ被害から中小業者の営業とくらし、命を守るために、国・地方自治体・地元京都選出国会議員へ中小業者の声を伝え、支援拡充を求めて要請行動を行っています。

PCR拡充と消費税減税を

申し入れ・要請中小業者の営業を維持し経済を回すためにもコロナ感染を抑え込むことが必要です。そのためには世界159位というPCR検査数を抜本的に拡充し、感染源を発見し感染者を隔離・保護して感染を抑え込むことが世界的な教訓です。私たちは国と自治体に直ちにPCR検査を抜本的に拡充することを求めます。

コロナ禍で倒産も相次いでいます。世界ではコロナによる経済危機に対して中小企業支援策として日本の消費税に相当する付加価値税減税を実施する国が22カ国に上ります。イギリスはコロナで被害を受けた業種を中心に付加価値税20%を5%に引き下げました。日本でも消費税5%への引き下げを実現しましょう。

給付金 改善・継続を要請

8月21日、左京民商・東山民商・山科民商は衆議院2区・前原誠司衆議院議員事務所を訪問して「持続化・家賃給付金制度の改善と継続を求める要望書」を秘書に手渡して「業者の給付金の相談に乗っているが開業届けが遅れたことで申請が通らず困っている業者がいます。ぜひ改善を求める声を国会へ届けてほしい」と要請しました。左京民商・和田茂雄会長は「まだまだ申請方法が難しい。国には個人経営の実情に合った柔軟な対応をしてもらいたい。こうした要望を届けていくことが大事」と要請した感想を話します。

民商では国から地方に配分される「新型コロナウイルス感染症対応地方創成臨時交付金」を活用して「国保で事業主にも傷病手当を。営業支援策の継続・拡充を」求める要請を全自治体に届ける運動もすすめています。営業とくらしを守る支援策の創設・拡充・継続で、何としても私たちの営業を継続しましょう。

業者青年の交流の輪、広げよう!

京青協 総会開く

京青協8月26日京青協は第44回定期総会を京都経済センターで開催し、11民商青年部から15名の役員・代議員が出席しました。評議員は4民商青年部から5名で合計20名の参加となりました。

代表発言で東山民商山崎勉さんから「5年ほど毎月部会を開催している。困ったことがあればすぐに助け合うことができる環境になっている」と発言。昨年末に入会した山科民商奥田倫人さんからは「歓迎会を開いてもらい、地元の業者の方との交流ができたのが有り難かった」と発言しました。

斎藤議長は「気持ちも暗くなりがちだが、日々の目の前のできることをコツコツと確実にやり前向きな気持ちを持つようにしています。みなさんも明るい気持ちを持ち、今を乗り切れるように頑張っていきましょう」とあいさつしました。

総会は方針(案)、予算・決算を満場一致で採択し、新しい役員体制を選出しました。

 

元気会員レポートオンリーワン!照り焼き専門店

てりやき屋 山本洋祐さん(34) 南民商てりやき屋 山本洋祐さん(34) 南民商

2020年1月28日に京都市南区上鳥羽の地に照り焼き専門店「てりやき屋」をオープンさせた山本洋祐さん。同年7月に南民商に入会したニューフェイスです。

コロナ禍でも、おいしいお弁当と笑顔を届けたい

店をオープンした途端、新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るい、今なお収束のきざしは見えません。4月16日から5月21日までの緊急事態宣言で、オープンして3ヶ月で「これはやばいな」と思うほどの打撃を受けました。

そんな中でもゴールデンウィークの2日間に持ち帰り弁当100食を無料提供することを考えました。学校の一斉休校で外にも出られない子どもたちやその家族に、少しでもおいしいものを食べてもらい、笑顔になってほしいとの思いからです。店をリフォームしてくれた工務店も賛同してくれ、「自分は飲食店のように直接何かをしてあげられない。資金協力するから、提供する弁当の数を増やせないか」と逆に頼まれました。店にポスターを掲示し、インスタグラムなどのSNSでもお知らせしました。

てりやき屋
てりやき屋
〈住所〉京都市南区上鳥羽角田町81-4
〈電話〉075-644-9111
〈営業時間〉昼11:30〜14:30
(昼のラストオーダー14:00)
夜17:30〜21:00
〈定休日〉不定休
URL:https://teriyakiya.net/

「てりやき屋」のお客さんは、近所の方や近くの会社のサラリーマンが大半です。お店のポスターを写メに撮るなど口コミで広げてくれたようで、当日は開店前から7〜8人が並んでいました。2日間で100食以上を提供し、ツイッターには「先ほど美味しくお弁当頂きました。家で閉じこもりの家族も美味しいと笑顔が見れました」と、感謝のツイートが届きました。

オーストラリアで「TERIYAKI」との出会い

山本さんは28歳から30歳までの2年間、オーストラリアに滞在し、日本食レストランで働きました。オーナーは日本人でした。その店では寿司やうどん、丼、揚げ物などなんでもありましたが、オーダーの7割は「照り焼き」でした。「彼らの中では、日本食と言えば『スシ、テンプラ、テリヤキ』なんです」と山本さん。ところが、オーストラリアはもちろん日本でも照り焼きをメインに食べられる店がないことに気づきました。「外国の人が日本に来て照り焼きを食べたいと思ったら、まず浮かぶのはテリヤキハンバーガーくらいです」

山本さんは、日本で照り焼き専門の店をオープンしようと決めました。

19歳の時の体験が原点

山本さんは愛媛県の工業高校卒業と同時に家を出て、関西の工業専門学校に入学しました。自分のやりたいこと、勉強、バイトとろくに食べずに動き回り、体を壊して緊急入院。病院のベッドの上で意識を取り戻した時に、「あ、生きてた」と思いました。

「自分は日本という国に生まれて、医者がいて薬があって、だから助かった。世界にはそうではない国がたくさんある。自分は何かそういう人のために役に立ちたいと、その時思ったんです」

メニューこれが山本さんの商売の原点です。「商売を繁盛させたい、大きくしたいという思いはもちろんあります。お金ができれば海外進出もしたいと思っています。そして、自分の商売を何かその国の人たちのために役立てたい」

お盆の時期に、わざわざ山科から来店してくれた2人組の客がいました。「照り焼きが食べたいと思って、ネットで検索してきました」という2人。

「僕の店はオンリーワンです。たぶん、照り焼き専門店はうちだけ。だからお客さんのターゲットは京都だけ、日本だけでなく世界規模です。コロナが収束したら世界中から照り焼きを食べに来てもらいたい」

 

婦人部拡大双六 8月1日〜

婦人部の拡大双六京商連婦人部協議会では、2つの総会目指して、拡大双六を取り組むことになりました。

新型コロナウイルスの影響で、会議もなかなか開けず、役員同士が会う機会が減少し、このままでいいのだろうか?寂しい思いになりました。そんな時、第2波ともいわれる新型コロナウイルスで、また会議が出来ないのかなぁと言う不安が募っている中、何とかしてみんなで一緒の方向を向いて頑張りたいねと言う声が出されました。何がいいのかみんなで悩み、拡大に挑戦することとなりました。新幹線では「コロナが心配」と言う声もあり、歩いていく方法の双六にしようと「弥次喜多道中拡大双六」と言うネーミングになりました。

行き先をどうしようで、北民商から丹後に行って最終は全婦協の総会の場所「琵琶湖グランドホテル」に決定しました。ただ民商名を書くだけでは面白くないねと言うことになり、各民商のまわりの名所や名品などをお互いに言い合い、一つ一つ描いていくことになりました。今回イラストを書いて頂いたのは京婦協会長の十河恵美子さんです。民商に配布しました。貼っていただくようにお願いしています。みんなで一度見に行ってください。

コマも一緒に送りました。自分たちの民商が今どこにいるのか見てください。きっと楽しくなりますよ。

コマはポイント制で動かしていきます。婦人部員を拡大したら…なんと3ポイント(^_-)-☆会員を拡大したら…2ポイント、読者・共済・青年部員を拡大したら…1ポイント。

今から準備をして行動すれば決してできない目標ではありません。みんなで集まって相談すれば道は開けます。

8月25日現在では、トップが右京民商です。9つの民商が拡大しています。婦人部員9名、会員9名、商工新聞16名、共済6名、青年部1名を拡大しています。

まだ、14の民商は、スタートが出来ていませんが周りを見ていただき、業者に一声をかけていきましょう。

京婦協は、単に拡大するだけではなく、遅れている婦人部も励ましながら、全民商が一歩でも前に出られるようにしていきたいと思っています。また役員同士の連帯を強めていきたいという考えでこの双六を始めました。

要介護家族を抱える世帯へのお見舞金のご案内

共済会

民商・京商連共済会は、仲間同士の助け合い活動で、励まし合いながら、要介護者・介護者の実態や要求を集めて社会保障改善運動の一助にしたいと活動しています。

内容
〇「要介護家族を抱える世帯へのお見舞金」として、一世帯3千円をお届けします。
〇申請書は各民商にありますのでアンケート(必須)とともに記入していただき、班・支部・民商を通じて京商連に提出してください。
対象
2019年8月〜2020年7月末までの期間に年齢・原因に関係なく、連続して3ヶ月以上にわたり家族の介護なしには日常生活に著しく支障をきたす介護の必要な家族(同居又は、週に3回以上お世話に行っている)がおられる民商会員・事務局員世帯を対象にします。ただし、施設や病院に入所中の方は不可とします。また、一人でトイレや病院等いける方は不可とします。
期間
8月1日から始まっています。締め切りは、2020年10月15日ですが、京商連必着とします。

行事案内

〈日程〉