フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第153号(2019年9月7日号)]

京商連News 第153号(2019年9月7日号)

京商連主催 税務調査対策学習会
日時 9月25日(水) 17時40分開場、18時開会
場所 京都経済センター4階 4-D会議室
京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地

10%ストップ!「あきらめない」宣伝を

10%増税で営業つぶすな!

商工新聞をもって10%ノーを宣伝安倍政権は、経済情勢の悪化や国民多数の反対の声を無視して10月からの消費税10%増税を強行しようとしています。民商・京商連は中小業者の営業とくらしを破壊する消費税10%増税には断固反対します。

今こそ、班・支部で集まり、増税中止の行動と10%増税強行に対する対策を話し合い、全会員で増税中止の世論を広げましょう。

国会開き増税中止′断を
―議員に声集中し一大宣伝を

8月17日・18日に行われた共同通信の世論調査では、10月消費税10%増税への「反対」51.3%、「賛成」43.3%と「反対」が引き続き5割以上の多数となっています。

京都大学大学院教授藤井聡さんは全国商工新聞紙上で「消費税増税が断行されれば、日本は先進国の座から『転落』し、国民に貧困と格差が一気に拡大しすさまじい低迷期に突入する」と警告します。

国会議員のファックス一覧安倍首相は今後10年間は消費税を増税しないと言っていますが、何の保証もありません。全商連は直ちに国会で予算委員会を開いて徹底審議し、増税中止を決断することを求めています。民商・京商連は地元国会議員に対して「国会を開いて審議を行え。10%増税は中止せよ」と個人・団体の声を届ける運動を提起し行動しています。(国会議員のファックス一覧は表の通り)増税中止の怒りの声を国会議員に集中しましょう。9月12日には「消費税10%ストップ」を求める請願署名提出行動が国会で行われます。民商・京商連の代表に署名を託し、国会議員に声をつきつけましょう。

10%増税の影響で「親方から下請けの仕事を打ち切られた」という民商会員もいます。10%増税は中小業者の死活問題です。消費税廃止京都各界連絡会は9月に「やっぱりダメ10%」の全自治体での宣伝・キャラバンを提起しています。「10%増税ストップ!」をあきらめない姿勢と行動を全地域で宣伝しましょう。

班・支部で集まり相談し「行動」「対策」を

9月末に向けて10%増税中止を迫るたたかいをすすめつつ、京商連は複数税率やインボイスの制度の仕組みや営業にどのような影響があるのかを改めて学び合う運動をすすめています。民商の班会・支部会や学習会・相談会に集まってみんなで「対策」を相談しましょう。

やっぱりダメ!消費税10%全商連が作成したリーフレット「やっぱりダメ!消費税10%」や全国商工新聞が格好のテキストになります。リーフレットは商工新聞読者数の1・5倍の枚数が民商に届けられています。8月26日付全国商工新聞は2・3面で「特集:複数税率とインボイス解説」を掲載。

「Q1:負担はいくら増える? A:一世帯8万円増。Q2:インボイスって何? A:税率を区分した請求書。Q3:複数税率の区分は? A:線引きは複雑、混乱は必至。Q4:ポイント還元って? A:キャッシュレス決済で最大5%。Q5:経理や記帳どうなる? A:課税業者は区分経理が必要。Q6:税率の区分が難しい A:特例を活用しよう。Q7:新しいレジが必要? A:自分の商売に合わせて。Q8:価格表示どうする? A:事業者の判断で。Q9:10%中止は可能か? A:政府に決断迫る運動を」と9つの質問に図解も入れて詳細に解説しています。

東山民商祇園支部の支部会の集まりでは「消費税が10%になったら値段をどうする?」「料金体系の見直しが必要かも」「家賃の低いところへ引っ越しも」など商売人同士の率直な話し合いで悩みも出し合い知恵を寄せ合って、消費税に負けない営業を守る取り組みをすすめています。

班や支部を中心に目くばり、気くばり、心くばりを

要介護家族を抱える世帯へのお見舞金のご案内

民商・京商連共済会は、仲間同士の助け合い活動で、励まし合いながら、要介護者・介護者の実態や要求を集めて社会保障改善運動の一助にしたいと活動しています。

内容
〇「要介護家族を抱える世帯へのお見舞金」として、一世帯3千円をお届けします。
〇申請書は各民商にありますのでアンケートとともに記入していただき班・支部・民商を通じて、京商連に提出してください。
対象
2018年8月〜2019年7月末までの期間に年齢・原因に関係なく、連続して3ヶ月以上にわたり家族の介護なしには日常生活に著しく支障をきたす介護の必要な同居の方がおられる民商会員・事務局員世帯を対象にします。ただし、施設や病院に入所中の方は不可とします。また、一人でトイレや病院等いける方は不可とします。
期間
8月1日から始まっています。締め切りは、2019年9月30日ですが、京商連必着とします。

共済金の給付実績

給付の中身を知らせて拡大を進めよう

2019年7月度給付実績2019年4月から7月までの4ヶ月の給付合計は、2864万5000円です。

支払っている会費に対して104.1%の給付率です。

全国の多くの仲間に助けられ、給付されています。

現在京都では、8463人が共済加入しています。早期に9000人の加入を目指して、毎月全民商がプラス1になるように拡大を強めていきましょう。

京商連婦人部協議会定期総会

京商連婦人部協議会は、業者婦人の困難や要求を解決し、社会的・経済的地位向上をめざし婦人団体とも連携した運動をすすめてきました。所得税法56条廃止、憲法改悪に反対の運動や、原発再稼働反対などの、要求にあった学習会などを行い、婦人部の多彩な活動を通じて、民商運動を豊かに発展させています。

総会は、前総会以降の取り組みと教訓をまとめ、次期総会に向けた方針を確立します。

日時:2019年9月16日(祝・月)
13時30分開場 14時開会・16時30分終了予定
会場:京都経済センター6階6-C会議室 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番

当りまえに生きたい業者婦人が希望の持てる世の中に
つながってみんなと変えよう世の中を

第16回全国業者婦人決起集会

日時:2019年9月26日(木)
12時開場 13時30分開会 15時デモ行進
会場:東京・上野恩賜公園野外ステージ

 

地域で生きる

アマチュア落語家・「お笑い福祉士」:ほっこり亭かじや(芸名)『笑いで周りを元気に』
アマチュア落語家・「お笑い福祉士」:ほっこり亭かじや(芸名)

中澤 善一さん(61) 乙訓・向日民商

「これ、お前さん。酒の5升ぐらい飲めるだろう…」扇子を広げ、口元にやると、くびくびと音をたてます。ぷはっと息をつくと、客席から拍手。「うまいねえ」とお年寄りが笑う。落語としては、神足落語会研究会という団体に所属し、年に2回地元で発表会をされている中澤さんにこの辺りを中心にお話を聞きました。

お笑い福祉士とは

「お笑い福祉士」とは、落語家・笑福亭学光さんが落語家養成講座で、市民がお笑いでボランティア活動に参加できるようにとはじめたものです(国家資格ではありません)。

はじめたのは、約10年前。もともと、京都市内の西陣地域で育ち、(両親は機械職人)毎日、話相手がおらず寂しい思いをしていました。いじめられっこを見ても見ぬふり。弱い自分に恥じていました。「今からでも人に元気を与え、自分を克服したい」以前から周囲を元気にする人にあこがれ(吉本ではありません…)ていた事もありこの講座に通うようになりました。

現在では、プロの前座を務めてよいレベルにまでなっています。芸名の「ほっこり亭かじや」は、本業の精密機械加工の町工場をイメージした「鍛冶屋」から取りました。落語は、「まんじゅうこわい」などの定番ものから、お客さんの層に合わせ芸を変えています。

落語会の他にも、長岡京市を中心に『ほっこり笑店』としてのグループとして、介護施設や学童保育園などの施設を手品をする人などと廻っています。

後継者問題について

ワーク精工
ワーク精工
〈業種〉製造業(精密機械)
〈工場〉長岡京市馬場六ノ坪30-1
TEL 075-953-0033

後継者問題について長男の大輔さん(31歳・乙訓、向日民商青年部所属)に、聞きました。

父親は、小さい工場の苦労が分かっているので、僕に大きい会社に就職するように言いましたので、名前は言えませんのですが一旦その会社に就職しました。そこは大変厳しい会社で、毎日朝早くから夜12時を越えてまで日常的に働かせる企業でした。それで、心と体をこわし今後どうしていいか迷っている時に、父親と相談したところ『それなら、大輔一緒にやってみるか?』の一言で、父親の下で働くことを決断し今に至っています。さらに父親と、一緒に働くようになり、連日のように『体こわしたたら何にもならん、これから楽しく生きていかなあかん』と僕を励ましてくれています。

父親が、民商会員でもある中、周囲の青年部の方に誘われ青年部にも入部しました。昨年に入会された青年部の方の入部歓迎会にも参加し楽しいひとときを過ごすことが出来ました。民商夏祭りにも、青年部のブースで他の青年部員の方と一緒に毎年参加しています。

今、このような小さな工場を取り巻く環境はとても厳しく、父親・母親・私は、毎日・毎月頭を痛めて営業を営んでいます。家族みんなが協力しあえば何とかなる思いで、引き続き頑張っていこうと思っています。

今さらきけない 税金の話

法人税、所得税、輸出戻し税、インボイス制
何?なに?

左京民商

左京革新懇の税金の勉強会8月9日は左京革新懇の税金の勉強会がおこなわれ、左京民商の山口事務局長が講師として参加しました。

所得税、法人税、消費税のそれぞれの税金について説明した後、いかに大企業が優遇された税制になっているのかを説明しました。

(左京民商8月13日FBより転載)

レコード音楽を聴く会

北民商

レコード音楽を聴く会8月4日、共済会主催の恒例「レコード音楽を聴く会」を衣笠支部の音楽喫茶ムジークさんで開きました。今回は、「平和音楽祭〜平和への想いを音楽に託して〜」と題し、ムジークの店主、渡辺さんが企画してくれた曲を聴きました。まずは、チェロ奏者パブロ・カザルスが、1961年にホワイトハウスのケネディ大統領の前で演奏し実況録音したレコード、スペイン・カタロニア民謡の『鳥の歌』。当時はベトナム戦争が背景にあり、後にパブロは国連で演奏し平和を願って、「カタロニアでは鳥はピース、ピースと鳴く」とスピーチしたそうです。レコード音楽を聴く会

次にジョーン・バエズの歌う反戦歌「風に吹かれて」「勝利をわれらに」のきれいな歌声にウットリ。交響曲第九の歓喜の歌は、偉大な自然の中の一員として世界の人々が共に生きる喜びを讃えたものです。

日本の歌では、「さとうきび畑」を森山良子さんの初版盤をフルバージョンで聴きました。第二部は、心和むムード音楽と、リクエストで、たくさんの音楽でひと時を和やかに過ごしました。

(北民商ニュース8月19日号から転載)

第42回「平和夏祭り」開催!

第42回「平和夏祭り」乙・向民商

今年の「平和夏祭り」は、20日(火)午後6時より、生協駐車場にて無事開催することが出来ました。(乙訓・向日民商通信8月26日付より抜粋)

時代の変化への対応が大事

「みんなで商売を語る会」中京民商

「みんなで商売を語る会」に9人参加

7月30日(火)の午後7時から、中京民商事務所2階において「みんなで商売を語る会」が開催され、9人が参加しました。(詳しくは中京民商ブログ7月31日付をご覧ください)

行事案内

〈日程〉