フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第116号(2016年8月7日号)]

京商連News 第116号(2016年8月7日号)

全国業者青年交流会プレ企画
新入部員歓迎!! 芋煮会
●日時 9月11日(日)11時〜
●場所 松尾橋
(阪急嵐山線「松尾大社」駅から徒歩5分)

全国のスゴい奴にGO

あなたもつま恋≠ヨ

「全国業者青年交流会」は2年に一回開催され、今回14回目。全国各地の熱い気持ちを持った仲間とつながり、事業者としても一人の人間としても成長の場となるように「俺よりスゴい奴に会いに行く!みんなで話せばもっと伸ばせるだに」がメインテーマです。

●開催日程●
開会 9月18日(日)午後1時30分
(受付・開場は午後0時30分から)
閉会   19日(月・祝)午後2時
●参加対象と申込方法●
参加対象は、青年事業主や家族従業者をはじめ「民商・全商連運動」や「中小業者として生きること」に関心を持つすべての青年とします。
申込は、各民商青年部・民商事務所へ。
●会場●
ヤマハリゾートつま恋(〒436-0011 静岡県掛川市満水2000 0537-24-1111)
「第14回全国業者青年交流会」のフェイスブックページ(http://fb.me/zgsk2016)を立ち上げ、随時情報発信していきます。

魅力の企画を紹介!

1日目〈9月18日(日)〉全体会企画

パネルディスカッション(3時間)
テーマ 「アクションをおこせば、商売・社会はもっと良くなる」
出演者:SADL(民主主義と生活を守る有志)、あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)のほか、中小業者、業者青年のトークセッションを予定

夕食・名刺交換会・製品展示
全国の異業種・同業種の仲間との出会いの場です。大いに交流して、仲間とのつながりが深められる業者青年交流会ならではの企画です。名刺を必ずご持参下さい。
製品展示、名刺交換会、商売アピール、県対抗の企画などのプログラムを予定しています。

2日目〈9月19日(月・祝)〉分科会企画

第1分科会
融資・補助金獲得と商売を見直す「事業」計画書づくり(学習スタイル)
独立・開業の大きな課題は資金繰り。融資や補助金・助成金獲得や、自分の商売を見直すうえでも欠かせない事業計画づくりを学びます。

第2分科会
民商(ココ)でしか聞けないマイナンバー(学習スタイル)
「マイナンバーは税務書類に記載がなくても不利益はない」との商工新聞の記事は、会外からも大きな注目を集めました。民商ならでは、ここでしか聞けないマイナンバー対策を学びます。

第3分科会
法人・個人どっちがいいの?税理士と話すここだけの話(学習スタイル)
法人にする場合、節税効果などのメリットがある一方、申告や登記の変更など事務作業の手間が増えるという側面も考えなくてはいけません。申告の形態も含め自分の商売の状況に照らして、じっくり判断しましょう。

第4分科会
マーケティングの基礎を学んで販路の開拓を(学習スタイル)
「どのようなターゲットに、何を、どのように提供し、利益を上げるか」―この分科会では、マーケティング戦略に必要な基本的な手法を学び、それぞれの販路開拓の力にします。

第5分科会
知らなきゃ損するビジネスマナー(学習スタイル)
商談で座る位置や言葉づかい、名刺の渡し方やビジネス文書作成など、マナーを知っているのと知らないのでは相手に与える印象が大きく違います。ビジネスマナー、営業活動の心得を身につけましょう。

第6分科会
広告(SNS・チラシ)賢く使って売り上げUP!(交流スタイル)
顧客獲得のため、全国の仲間はどういうターゲットにどういう媒体で宣伝しているのでしょうか。参加者それぞれが自社の広報活動の知恵や工夫を交流します。客層・地域・業界ごとの宣伝物のあり方も考えます。

第7分科会
事業承継を経営のステップアップのチャンスに(交流スタイル)
先代の築いた事業の土台を生かし、何を引き継ぎ、どう発展させていくのか。新たな事業展開・第二創業への展望や、後継者としてのやりがいや苦労を交流します。

第8分科会
みんなで話そうlady cafe☆(交流スタイル)
女性限定の企画です。日頃抱える女性経営者としての悩みや、自営業のパートナーを持つ上で考えたい「お互いを尊重し合える家族関係」など、恋愛や結婚、子育てや家庭の悩みまで、ざっくばらんに交流します。

第9分科会
民商・全商連の歩み―アクション起こせばもっとよくなる(交流スタイル)
戦後、徴税の嵐のなかから誕生した、世界に例のない民商運動。私たち業者青年は、民商・青年部でどんなことができるのでしょうか。その歴史に学び、商売・社会をもっとよくするための方途を考えます。

第10分科会
税務調査から身を守ろう! 権利と対策(学習スタイル)
脅しのような「おたずね文書」が税務署から送られてきたり、強権的な税務調査から修正申告を強要されるなど、納税者の権利を侵害する事例が後を絶ちません。しっかりと対策を身につけましょう。

移動分科会
再稼働なんて大丈夫?浜岡原発を見に行こう
浜岡原子力館を訪問します。原発は本当にクリーンなエネルギーなの? もしもまた大きな地震が起きた時、安全性は確保されているって本当ですか? 原発のリスクを学び、再稼働ありきの原発政策を検証します。

【前回参加者の声】

前回の交流会に参加した京都の皆さん「ビジネスマナーをきちんと学んだことがないので希望して参加。正しい名刺交換の方法、応接室や食事の席など役に立つことが多くあり参加して良かった。自分自身がレベルアップした」

地域で生きる

商売は地域貢献

理容 ナインワン 倉谷幸一さん(66)理容 ナインワン 八幡民商 倉谷幸一さん(66)

八幡市男山地域は、八幡市北西部に位置し京都、大阪のベットタウンとして機能しています。公団、府営など合わせて8500戸を有する住宅団地です。しかし、昨今、空き室が目立つようになり高齢化も進んできています。

その男山地域で40年、理容「ナインワン」を営む倉谷幸一さんに話を聞きました。

思い切った転換

長年の料金体系を変え、8年前に八幡で初めて1000円カットに踏み切りました。メインのお客さんは殆どサラリーマンで、そのお客さんが定年を迎えると、来店しなくなり、客数は減少するばかりで思い悩みました。

長年商売をしていると、お客さんが相談相手になってくれたりします。あるお客さんが、従来料金と1000円カットとの総売り上げに占める月の客数と売り上げ額の比較を作成してくれました。そのような協力もあり、「やっていける!」と確信しました。カット1000円が目立つメニュー

お年寄りの思いに

しかし私の思いの中には、地域のお年寄りの事も考えました。年々、年金は減らされる一方で、「散髪したいけれど、一回に3000円以上の料金に出せない」というお客さんはたくさんいます。でも、「1000円なら気軽に来てくれるのではないか」と考えました。普段から散髪しなくても話に来てくれるお客さんがたくさんいてくれ、そんなお客さんのサロンでもありました。

いざ、スタートすると女性客が増え、想定外でした。同じ並びにスーパーがあり、買い物がてらに、少し気分転換に気軽に寄ってくれます。今では思い切って「正解だった」と思っています。

地域の相談所として

理容 ナインワン
理容 ナインワン
〒614-8363
八幡市男山吉井3-23
電話 075-982-9141

民商も同時に40年です。私にとっての民商は、知らない事を教えてくれる処です。

お客さんにいろいろな相談をされたり、時には生活保護の相談もされます。そんな時には、民商や議員さんなどに、話をもっていきます。

マイナンバー、インボイス、複数税率、戦争法―今の政府はたたみかけるように、私たちに悪法を押し付けてきます。「国がする事だから」と、あきらめていては、とんでもない事になります。疑問を持ち、わからない事は民商に聞けば、ある程度は解決してきました。

地域で商売を続けるという事は、「その地域の情報発信基地にもなり、相談所の役割を果たしているからこそ、長い間、商売が続けられているのではないか」と思っています。

これからも健康で足腰が丈夫である限り、「ナインワン」を続けていきます。

京商連第23回中小業者フォトコンテスト 入賞作品発表

中小業者フォトコンテストは今年、第23回を迎え、例年並みの応募点数を戴きました。過日、日本写真家協会(JPS)会員の横山健蔵さんと日本広告写真家協会(APA)特別会友の湯浅治成さんで厳正に審査いたしました。

1席から3席の入賞作品を紙面でご紹介します。

1席 民商活動の部1席 民商活動の部
辺野古座り込み行動
〜中京民商青年部沖縄平和の旅〜
◆中京民商◆土居 浩之さん
「辺野古新基地NO」のプラカードを掲げるゲート前座り込み行動。参加者の毅然たる抗議が、見る人に強い連帯、共同を喚起させる。

2席 一般・文化の部2席 一般・文化の部
一本のローソクの輪
◆経理センター◆山津 博一さん
お母さんの誕生日を祝う家族それぞれの表情を、一本のローソクの光で表現している。ホットな家族の雰囲気が表現された作品だ。

3席 一般・文化の部3席 一般・文化の部
カワセミ
◆右京民商◆堀田 陽子さん

3席 一般・文化の部3席 一般・文化の部
流れ橋 夕景
◆やましろ民商◆鳥居 博一さん

行事案内

〈日程〉