フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第115号(2016年7月7日号)]

京商連News 第115号(2016年7月7日号)

参議院選挙 政治は変えられる
じっくり見て、しっかり考え、そして変えよう
「商工新聞」「全商連参議院選挙ビラ」をもとに班会で話し合い、中小企業が希望を持てる政治実現へ、選挙権を行使しましょう。

京商連第55回定期総会

総会方針、決算、予算を全会一致で採仲間増やし、政治変える!

「60年の歴史と憲法を力に『小企業日本一のまち』京都をつくろう」―。京都府商工団体連合会(京商連)第55回定期総会(6月5日)は、歴史的転換期に政治を変える絶好のチャンスである参議院選挙に勝利し、中小業者の時代を担う強大な民商・京商連を作り上げる総会方針と決算・予算案を採択し、実践の先頭にたつ役員を選出しました。総会では、全商連第51回定期総会時現勢で読者、または会員でプラスワンを達成した17民商60支部を表彰しました。

代表発言1
拡大の鬼ババアです!

片岡厚子さん(城陽久御山民商)片岡厚子さん(城陽久御山民商)

西支部長の片岡です。私は拡大の鬼ババアです(会場爆笑)。城陽久御山民商の拡大行動について報告します。

実は3月末に10人の退会がありました。みんな昨年廃業された方で、今年の集団申告をもって退会する人でした。「これは拡大しなければ」と4月2日の機関会議で、@全支部で支部役員会を開き内田会長が参加して拡大の訴えをすること、A城陽と久御山で組を組んで業者訪問すること―を決めました。小法人と対話するために、経理センター事務局にも行動参加をお願いしました。

拡大するためには、何といっても訪問することです。訪問すれば、対話ができます。対話すれば、埋もれている要求を聞くこともできます。雑談だけでも大歓迎です。たとえその日に増えなくても、民商を知ってもらうことだけでも成果です。訪問して30分、1時間と話し合いになる業者もあり、4月は読者11人と会員1人を、5月には読者8人と会員4人を増やしました。民商の会員を増やすことは地域を変えていくこと。仲間を増やすことが私の喜び、生きがいです。

これからも「もう来るな」と言われるまで訪問活動を続け、民商を増やします。みなさん、いっしょに頑張りましょう。

代表発言2
35歳以下の業者青年を増やそう

畠中勉さん(京商連青年部協議会副議長)畠中勉さん(京商連青年部協議会副議長)

私たち業者青年は先行きの不安をかかえ、資金繰りや税金の支払いに苦労しながらも、「いい仕事がしたい」と夢を持って商売に励んでいます。また時間をやりくりしながら子育てし、青年部活動もしています。融資や補助金の獲得、税制の改革など、要求したい政策はたくさんあります。その一つひとつを青年部で学びあい行動したいと思います。

昨年度は全青協40周年で、京商連三役の皆さんと青年部で交流して、福知山青年部員のお店訪問にも取り組みました。大阪の青年部の「わっと交流会」に私も出店させていただき、大阪と京都の業者青年が交流を深めることもできました。先週の日曜日には京青協の焼肉交流会で30人が集まりました。これからの課題は、35歳以下の青年部員を仲間に迎えることです。8月3日にはここ中小企業会館で京青協総会を開きます。9月18日・19日には静岡県掛川市で全国業者青年交流会が開かれます。

仲間と学びあうことは必ず商売のためになります。すべての民商で35歳以下の業者青年に青年部への参加を呼び掛けてください。全民商で青年部員を増やしましょう。

京商連第55回定期総会表彰支部一覧

全商連第51回総会時現勢で読者又は会員で+1達成支部
(民商名 目標達成支部)

北:鷹ヶ峰、鳳徳、柏野、紫竹、元町、紫野、上賀茂、衣笠、金閣、小野郷
上京:室町、嘉楽
中京:朱一、朱七
南:南大内
左京:北白川、養正、洛北、三錦
東山:一橋、祇園第三
山科:陵ヶ岡、鏡山、大宅、山階南、小野
右京:西院上、山ノ内、安井、花園、常盤、嵯峨野、梅津西、太秦東
西京:桂東、桂西、樫原、大枝
伏見:醍醐、春日野、桃山、小栗栖、南浜、ニュータウン、住吉
乙訓・向日:長岡北、長岡東、長岡南
亀岡:西部
船井・北桑田:京北
宇治:御蔵山、中宇治、西小倉
城陽・久御山:富野
八幡:有都、中央、男山南、南山
丹後:網野、弥栄
以上17民商60支部

京商連新三役紹介選出された新三役

会長 久保田憲一(東山)飲食業(再)
副会長 西村英弥(右京)印刷デザイナー(再)
副会長 源進一(丹後)織物加工(再)
副会長 国府久雄(西京)スリッター巻取り裁断加工(再)
副会長 田端正一(伏見)旋盤加工(再)
副会長 松家幸治(中京)家電販売(再)
副会長・会計 今西和政(山科)土木工事(再)
事務局長 池田靖(宇治)京商連専従(再)

今、民商増やし時! (会長あいさつ要旨)

亰商連会長 久保田憲一亰商連会長 久保田憲一

京商連三役を代表して、ご挨拶申し上げます。総会での代表発言をみんなで聞きましたが、城陽久御山民商の片岡さんの「拡大の鬼」の発言は誠に頼もしいかぎりです。城陽久御山民商が拡大で業者訪問をしていると、相手から「今民商増えてるやろう。これだけ景気が悪いし、業者が大変。民商は増えて増えて仕方ないやろう」と言われたそうです。まさに正論です。今、まさに民商の増やし時。実際に増やすために、あとは行動するだけです。署名、ビラ、宣伝、口コミ、紹介、対話、訪問、ありとあらゆることをやれば、民商を大きく強くする道はまだまだあります。参議院選挙も目前です。民商を強く大きくして、安倍暴走政治を転換する一大チャンスの参議院選挙に勝つ。そして、中小業者の時代をみんなでつくる。私も京商連三役の一員として、皆さんの先頭に立って奮闘する決意です。ともに頑張りましょう。

民商ミニ情報

収支内訳書提出強要許さない!

●山科民商

東山税務署から「収支内訳書提出を求める文書」が民商会員に送られてきたことについて、山科民商は緊急学習会を開催。16人が参加。「収支内訳書の提出がなくても申告は有効」「提出がなくても不利益はない」ことや1984年に収支内訳書が「法律」となった経過などを学びあいました。民商は6月24日に東山税務署へ申し入れました。

●右京税務署内三民商

右京民商・西京民商・乙訓向日民商は共同して6月29日に「収支内訳書督促」抗議・返還行動に取り組みました。

伝統工芸ギャラリーオープン

右京民商会員の栗林和洲雄さん(染色)は、伝統工芸職人・作家12人で京町家にギャラリー「綾 artcraft」を7月2日にオープン。綾小路新町西入。土・日・祝日オープン。

 

地域で生きる

めざすのは地域に根付いた商売

岸田智之さん(59)下京民商岸田智之さん(59)下京民商

今、京都市は観光客誘致を産業政策の目玉にしています。中央卸売市場周辺では、水族館に加え、鉄道博物館もオープン。観光客の姿も目立ちます。その七条通りで150年の歴史をもつ「魚晴」主人の岸田智之さんは、「地域に根付いた商売が原点」と言い切ります。岸田さんに、地域に生きる商売を語っていただきました。

「魚晴」5代目、150年の歴史

つい最近、鉄道博物館が出来、水族館も有る下京区の梅小路公園、直ぐ側には日本で最初に出来た卸売市場「京都中央市場」。その近くの七条通りで永年、魚屋を営んでいる「魚晴」です。天然鮮魚を主に、お惣菜・お弁当・焼鯛(焼魚)などを販売しています。

母から聞いたところ当店「魚晴」は私で5代目、およそ150年前からの魚屋です。京都ではたかがそれぐらいと思われるでしょうが、その間にはいろんな出来事があったと思います。

魚晴
魚晴
〒600-8871
京都市下京区七条通御前東入北側
電話:075-313-5364

昔は料理宿的な事もしていたらしく、明治維新・鳥羽伏見の戦いの頃に侍が家宝の刀を預けて戦いに行ったとか、戦争中にまだ子供のように若い兵隊が泊まり夜中に泣いていたという話を祖母に聞いた事があります。その兵隊は朝には皆と一緒に京都伏見の師団へそして戦争へと行ったそうです。そんな歴史の中で今の私が生まれ現在商店街の中で、御蔭様で平和に皆様と一緒に商売をしています。自分の子供やこれからの子孫たちにはそのような戦いをさせたくはないですね。だから私は戦争をする日本にはなってほしくないです。

地域のために何ができるか

私の若いころ(まだ若いですが、40年程前)はバブルの真っただ中で、商売が楽しくて本当に面白いように物が売れました。今から思うとあの頃は何だったのか?何でこんなになってしまったのか?あの頃に使ったお金が返って来たら、でも最近あの頃は夢の中にいたんではないかと思うようになってきました。そして今日をどうやって生き抜いていくか、今の自分の何かを変えないといけないのかと思い、先ず、ずっと他人任せだった帳面(確定申告)を自分でやろうと思い、友達の誘いもあって下京民商にお世話になりました。そこで今の自分の思想には無くてはならない方達と出会いました。そしてまた何事も自分から求め動かないと何も始まらない事を痛感しました。手づくりの惣菜が並ぶ

商売も同じく何をどうしたいのか、なぜ商売がこんなに厳しいのか、皆が言います。「観光客もいっぱい来てるのに、もっとそんな人達を呼び込まないと」。しかし私は地域に根付いた商売が原点じゃないかと思います。地域の為に何か出来ないか、どうすれば地域の事に役立てるのか。観光客の方は商店街までなかなか足を運んでくれません。商店に魅力がないから、そうかもしれません。でも観光客は毎日違う人達が来ます、しかし地域には毎日同じ方々が暮らしています。先ずはその方達に愛される商店街になりたいです。

人生、これから

私も来年2月で還暦です、しかし今の私の考えは20歳の頃より前向きで毎日何か新しい事や情報を物色しています。心が年をとっては何も手に付かなくなるような気がして、日々頑張っています。まだまだ人生これからです。マイナンバー・インボイスなどなどまだまだ勉強しなくてはならない事がいっぱいあります。

まだまだ民商歴も浅く何も分かっておりません。ただ毎日の暮らしや商売を考えて、皆で情報交換できる、困った時も何か良い情報が有るのではないかと思えるような場所になればいいですね。いや、そうして行きましょう。是非!

尚、お弁当は一つから仲間同士の集会まで、後は何なりとご相談頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

学ばない幹部に指導される組織は不幸である!

「知を力に」―学んで輝く幹部になろう! ぜひご参加を

亰商連幹部学校in琵琶湖

日時:8月6日(土)午後1時30分開会〜8月7日(日)正午閉会
会場:琵琶湖グランドホテル(滋賀県大津市雄琴6-5-1 電話:077-579-2111)
●参加対象民商三役、常任理事、理事、支部長及び共済会、婦人部、青年部の役員
●参加費(1泊2日)役員5000円(民商事務局長含む)、事務局員7000円
●持参するもの全商連第52回定期総会決定集、京商連総会決定集
申し込み締め切り:7月20日

全商連第52回総会は、全体会と分散会での豊かな討論を踏まえて、今後2年間の運動方向を決定しました。全商連は仲間の英知で練り上げた総会方針を学び、要求実現と組織の拡大・強化の力にするため6月から12月末までを方針学習推進の「特別期間」としました。「運動しつつ学び、学びつつ運動する」立場から、京商連幹部学校と第28回事務局員交流会の参加を強めて成功させましょう。

パワーアップした幹部に

京商連は総会終了後早々に第1回学習教育部会を開き、京商連幹部学校の要綱を話し合い決めました。「歴史的転換期」と言われる激動の情勢。手本がなく経験だけでは対処できない時代です。商売でも、民商運動でも幹部が率先して方針・規約・基本方向を学んで団結して困難を切り開く力が求められています。

ぜひ、幹部学校にご参加下さい。

全商連第28回事務局員交流会(中部・関西会場)ご案内

日時:7月27日(水)午後1時〜5時 全体会
7月28日(木)午前9時〜正午 分散会、午後1時15分〜3時 全体会
会場:奈良県奈良市(なら100年会館中ホール)

事務局員が交流会で全国の経験から大いに学び、要求実現、組織建設にパワーアップして参加できるよう役員・会員の皆さんが準備して事務局を送り出してください。

行事案内

〈日程〉