フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第106号(2015年10月5日号)]

京商連News 第106号(2015年10月5日号)

マイナンバー「班会討議資料」(京商連作成)が好評です。
全班で班会を開催しよう!

交付申請≠チてしないとダメ… 通知が来ない… は民商の班会で解決

マイナンバーの『通知カード』届きましたか?

今月、多くの批判と反対の声の中、新たにマイナンバー(12桁の個人番号)が付番され(加えて法人には13桁の法人番号を付番)、市町村から「通知カード」が届きます。

民商・京商連はマイナンバー制度の学習をすすめ、「マイナンバー制度の本質は、国民を行政が管理・監督する国民総背番号制。戦争法案と根っこは同じ」と、中止・延期を求める署名を進めています。

民商の班会では、マイナンバーをはじめ、さまざまな要求をみんなで相談し合います。あなたの不安や困りごとも、班会で解決!!

班長学習会で、班会開催を促進

「マイナンバーのこと聞きたかった」

八幡民商 安藤伸代事務局長

8月の常任理事会では、秋以降の班会開催について討議しました。全班で開催するには、事務局任せではなく班会を役員・班長が招集し、学習会の講師的役割ができるようにしようと、班長学習会を開くことを決めました。

会員も班会歓迎―「機会をつくってもらえて良かった」

有都支部2班の班会9月1日に開催した班長学習会は、21人が参加して池田京商連事務局長を講師にマイナンバーについて学びました。学習会に参加した班長からは、「一度聞いただけでは難解だった。もう一度復習できるので、班会は頻繁にした方がいい」「すべて戦費調達である事がよくわかった」などと、班会開催に意欲的な意見も出ました。

男山南支部5班の班会では、班長学習会に参加した役員が活発に発言して議論をリードし、事務局が参加しなくても良かったかも知れません。

八幡中支部6班の班会班会に参加した会員からは「マイナンバーの事が聞きたかった。機会をつくってもらえて良かった」と大いに歓迎されました。また、「聞けば聞くほど便利どころか、余計ややこしく感じるし、国民の目線からずれている」と怒りの声が上がり、その場で署名が集まります。

小売業者の多い男山南支部4班は、マイナンバーから消費税の話に移行し、「軽減税率が導入された場合、帳面作成の煩雑さなど目に見えない不安が広がっている事がよくわかった」と班長は語っています。

八幡中支部6班の班会の感想から

●マイナンバーは疑問点がまだまだあって施行に不安。だけど今回の班会で、マイナンバーの交付申請はしなくてもいいことなど、利用制度について少し分かった。長澤君子さん(縫製業)

●マイナンバーについてはなんとなく分かった。今後の利用範囲の拡大に不安を覚える。また、施行にあたっての巨額の初期費用に怒りを覚える。この額を東北の復興支援に回せばどれぐらいの家が建つか…。鴫原仁志さん(寿司店)

消費税とマイナンバーで班会開こう

右京民商

支部役員会で議論始まる

西院上支部役員会9月の理事会で10、11月の班会は、消費税増税など税制問題とマイナンバーをテーマにすることを決めました。理事会決議を受けて、支部役員会では班会の計画や、どうして参加を促すかなど、話し合っています。

マイナンバーを利用させ消費税還付?

太秦東支部役員会では、消費税の還付にまでマイナンバーを利用させようといった案(財務省案)が出てきた事などを学び、「買い物のとき番号カードを落としでもしたら大変」「子どもをおつかいにやられへんな」と意見が飛び交います。また、「ナンバーを読み取る機械を置けない店は、お客が来なくなるのでは」「免税事業者はどうなるの?」と言った疑問もふくらみます。

話し合うなかで、「マイナンバーのこと、支部の全会員に伝えなあかん」「役員からも声を掛け、多くの会員に来てもらおう」と役員から決意が語られています。

班会でくり返しマイナンバー学ぶ

宇治民商大久保5班

毎月班会が当り前

班会討議資料で学習毎月支部役員会と同じ日に班会を開催し、月一回欠かさず集まっています。

9月の班会は二度目のマイナンバー学習会を行いました。8月の班会で京商連作成の「5分で分かるマイナンバー制度」資料をみんなで読み合わせましたが、「一度聞いただけでは分からん」という会員の声から9月も学習することにしました。事務局から「通知カードが来るのは住民票の住所。今の住まいと一致していますか」「個人番号の提供は拒否することができます」などの説明がありましたが、従業員のいる会員も対応策がなかなか具体化できません。参加した会員からは「ややこしい制度ばかり作る!どんどん暮らしにくくする」と怒りの声が聞かれました。

10月の班会は通知カードが届いてからの開催になるので、具体的な不安や疑問に答える予定です。

読者の声

商工新聞や京商連ニュースの感想や商売、暮らしの中で思うこと、身近な話題などをお寄せください。

●毎号楽しみにしています。特に地域に生きるシリーズはずっと続けていって欲しいです。さらに京都の民商の紹介など活動や交流が見える記事を期待しています。(右京区・防犯設備)

●先日、テレビのバラエティ番組で、「住みたい街ランキング」というのをやっていた。京都もランクインしていたが、「嘘やろ!」と思った。京都は確かにいい街です。きれいな場所もたくさんあるし、そこここに文化や歴史の片鱗があるし。じゃあなぜ「嘘やろ!」なんて思ったのか。意外に最近の出来事が原因しているみたいです。四条通や八条口をむちゃくちゃにしているあの人ですよ。2月に退任されるに違いありませんが、それまでの辛抱ですね。(南区・サービス業)

地域で生きる

穴場的HOTな清水焼団地の喫茶店

山科民商 堀池 照美さん(72)真弓さん(47)山科民商 堀池 照美さん(72)真弓さん(47)

京都市山科区の清水焼団地の中で、娘さんと喫茶店を経営している堀池照美さん。地域にねざして40年、こだわりのコーヒーと定食で地域の人から愛され続けるお店をつくってきました。

幅広く愛され続けているお店

照美さんが商売を始めたのは42年前。最初はおもちゃ屋さんからはじめ、開業と同時に民商に入会しました。おもちゃ屋をはじめてすぐに、パン屋さんと牛乳屋さんから「お店の一画に商品を置かせてほしい」と言われ、店頭にはおもちゃとパンと牛乳が同時に並ぶようになりました。

カフェ&ランチ ひまわり
カフェ&ランチ ひまわり
京都市山科区川田御出町50
〒607-8326
Tel 075-593-8682
【営業時間】午前9時〜午後5時
【定休日】日曜日・祝日 第1・3土曜日

「地域のなんでも屋さん」として近所の人が買い物にやってくる様子を見て、照美さんはパンや飲み物を買った人がその場で食べられるよう飲食スペースをつくりました。するとお客さんから「よその商品買って場所だけ借りるのは悪いから、何か軽食でもつくって」と言われたのが、今の喫茶店のはじまりでした。お客さんからいろいろ注文を受けてメニューも増えていきました。しばらくは「パン屋さんと牛乳屋さんと自分の店の喫茶店」というスタイルでしたが、1989年(平成元年)に店の内装も変えて、自分の喫茶店だけになりました。

家庭の味と安らぎのコーヒーをぜひ

3年前、照美さんは体調を崩し、「店をどうしようか」と悩みました。そんな時、娘の真弓さんが「お母ちゃんの守ってきた店を潰したらアカン!」と本格的に店にたち、今では親子で力を合わせて毎日頑張っています。

そんな「ひまわり」のこだわりは、「ヘルシー・ボリューム・バランス良く」をモットーにした自家製の定食メニューです。照美さんが32年間培ってきたおふくろの味で、お客さんからは「毎日変わるおかずであきがこない。家庭の味であったかい」と評判です。真弓さんも「この味を引き継いでいきたい」と笑顔で話します。また、挽きたてコーヒーにもこだわり、落ち着く→やる気が出る→明日に向かう≠ニいう、『ひまわり流安らぎのコーヒー三原則』として、気持ちを込めて入れています。串カツランチとコーヒー

支部活動にも積極的に参加しています

百々支部では班長を務める照美さん。毎月かかさず班会を続けています。毎月班会を開催しているのは山科民商でも照美さんの班だけで、班会をはじめて20年ほど続いています。現在は3人の会員さんが集まって、商売のことから世間話までなんでも気軽に話し合っています。照美さんは「班会ではなんでも話せる、そんな仲間が民商の魅力」と言います。

百々支部の支部総会を照美さんのお店で開くことも多く、支部の仲間との交流も楽しんでいます。これからも娘の真弓さんと協力して「地域密着の愛されるお店を続けていきたい」と笑います。

京都市政告発パート8

自営業者≠ニいうだけで減点?!
「保育所に入れない」という切実な声

今年4月から国の「子ども・子育て支援制度」がスタートし、京都市も保育所の入所審査に「点数制」を導入しました。就労時間などの10項目で保育所入所の優先度が機械的に判定され、自営業者から「保育所に入れない」という切実な声が上がっています。

息子を連れて両親が営む呉服の仕事をしています。1歳を過ぎると子どもも活動量が多くなるので、今年の4月からは保育園に預けたいと思っていました。入所審査に点数制が導入されて厳しいとは聞きましたが、すでにフルタイムで働いていたので、入所できるだろうと考えていました。でも、現実は全然違いました。

点数制になって、個々の家庭の事情は点数には一切反映されません。それどころか自営業で、しかも実家で働いていると言うと、点数は減点され、結局入所できませんでした。

いま息子は2歳4ヶ月。また11月から来年の募集が始まりますが、2歳児の入所はさらに厳しいと聞いています。京都市のホームページに『待機児童ゼロを達成』と掲げられているのを見ると、保育所入所に必死のママたちの思いが置き去りにされているようで悲しく感じます” (染呉服・製造販売:38歳)

保育の実施責任がある(児童福祉法第24条)京都市には、この切実な声に応える責任があります。「効率化」を優先して保育の質と量を後退させることはあってはなりません。

ウェルカム企画を成功させ、明るく楽しい青年部を

京青協第39回定期総会

総会、お疲れさま京商連青年部協議会は、9月1日に第39回定期総会を開催し、新しい役員と運動方針を満場一致で採択しました。

討論では、「毎月部会を開いている。青年部員が講師となって民商のパソコン教室を再開した」(東山)、「『経営プロジェクト』で、美容師から『店にお客さんが入ってきた時から雰囲気や服装などを見てどんな髪型が似合うのか考える』と聞いて商売の奥深さを学んだ」(中京)など、4人の代議員が発言しました。

今総会で新しく選出された斉藤裕志議長(住宅メンテ)は、「ウェルカム企画をみなさんと一緒に成功させて明るく楽しい青年部をつくろう」と抱負を語りました。

総会に先立ち、DVD「語り継ぐ戦争」を上映しました。

全青協結成40周年ウェルカム企画
宮津海鮮ツアー
日時:11月3日(火・祝)

行事案内

〈日程〉