フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第103号(2015年7月6日号)]

京商連News 第103号(2015年7月6日号)

中小業者のための憲法講座京商連創立60周年記念
「中小業者のための憲法講座」パートV
憲法を力に徴税攻勢をはね返そう
〜岡山・倉敷民商事件の判決を斬る〜
〈講師〉鶴見祐策 弁護士
〈日時〉7月18日(土)18:30〜20:30
〈会場〉キャンパスプラザ京都4階・第4講義室

京商連第54回定期総会&創立60周年記念祝賀会

戦争法案阻止 平和でこそ商売繁盛

京都府商工団体連合会(京商連)は創立60年を迎え、5月31日(日)にルビノ堀川にて第54回定期総会並びに創立60周年記念祝賀会を開催しました。

京商連第54回定期総会&創立60周年記念祝賀会民商・京商連は創立以来、一貫して「平和でこそ商売繁盛」と奮闘してきました。それは、戦争中「着物はぜいたく品」と呉服商が廃業させられるなど、多くの商売人が戦争の犠牲になったという痛苦の体験によるものです。

「戦争か平和か」が鋭く問われる重大な情勢の中で、「日本を戦争する国にさせない」という決意を固めあいました。

総会は、西村副会長の開会あいさつから始まり、久保田憲一京商連会長が「25年ぶりに年度末に読者の年間増勢を達成することができた」ことを報告し、「戦争法案を廃案に、マイナンバー中止を」と力強く訴えました。来賓として、全企連・大島会長、総評・梶川事務局長をはじめ、相談役の方々が列席されました。

討論では、8人の代議員・評議員が各民商の取り組みを報告して方針を深め合いました。

総会に続く記念祝賀会では、67人の来賓を含め、すべての民商・組織から246人が参加し、京商連の創立60周年を和やかに祝いました。

記念講演として、来年の参議院選挙予定候補者・大河原としたか弁護士が20分間講演しました。

「戦争する国にさせない」が婦人部の願い

水野恵美子 京婦協会長京婦協会長 水野恵美子

私は4年生のときに同級生を亡くしています。京都で2つだけ落ちた爆弾のひとつが私の学校に落ちて、隣で勉強してた人が亡くなったんです。5〜6年生はみんな学徒動員で、4年生の私が班長でした。警戒警報が鳴ったら全員下校せんならんのです。帰っている間に空襲警報になってB29の音がしてきました。「こんなに並んでたら機銃掃射でやられる」と、身体の震えを押さえながら子どもを屋根のある路地に入れて、「みんな防空ずきんを早よつけ」と言って、じっとしとったんです。まだ九つでしたさかいなあ、ものすご怖かったです。

今の消費税は軍費です。戦争のころもそうして税金を取って、全部軍に上げていた。今年は戦後70年で、折鶴を折って広島に代表を送ろうということに決めました。戦争する国には絶対にさせないというのが婦人部の願いです。がんばります。

「憲法Cafe(カフェ)」に取り組んで

右京民商 高木 冬彦右京民商 高木 冬彦

右京民商では戦後70年たって戦争体験者が高齢化しており、「今こそ戦争体験を聞きたい」という思いから、昨年10月に仁和寺近くの喫茶店で初めて「憲法Cafe」を開催しました。3人の会員の方から戦時下の体験談と、諸富弁護士からもお話を聞き、参加者全員で交流しました。

「憲法Cafe」は気軽に語っていただけるし、喫茶店をお借りするということでお店にとってもプラスになる取り組みです。5月には西院の喫茶店で第2回を開きました。会外の方も含め、17人の参加で大いに盛り上がりました。

絶対に戦争をさせない、憲法9条を守るために、これからも「憲法Cafe」や学習会を開いていきたいと思います。

祝賀会記念講演
「平和でこそ商売繁盛」と活動してきたみなさんと一緒に戦争法案を廃案に

弁護士 大河原としたか弁護士 大河原としたか

「戦争法案」―危険な3つの狙い

一つは「切れ目のない安全保障体制」。本来、警察などが担うべき仕事に自衛隊を出動させる。警察活動の目的は、逮捕して拘留して処罰することです。つまり、決して殺してはいけない。しかし、軍事活動は人を殺すことを目的としています。本来なら逮捕すればすむところを、自衛隊を出して事を大きくすることになります。

次に、自衛隊の海外派兵を可能にする点。「国連PKO法」「国際平和支援法」「重要影響事態法」。この3つの法律の中から一番使いやすい、国民を欺きやすい法律を使い、海外派兵を可能にするものです。

最後に、集団的自衛権の行使。安倍首相は一貫して「日本に石油が来なくなった時にこの事態に当たる」と答えています。70年前の戦争で日本は資源を確保する名目でアジア諸国に侵略を行った。まさに70年前の過ちを繰り返すものだと言わなければなりません。

自民党がめざす憲法改正の本丸は「9条」

仮に海外で自衛隊員が被害を受け、違憲訴訟が起こると、裁判所も「戦争法案を憲法違反だ」と判断する可能性がある。ですから、安倍首相は最終的には憲法9条を変えなくては日本が米国と一体となって戦争する体制は維持できないと考えているはずです。

この憲法改正を絶対に許さない。来年7月の参議院選挙でこの京都から憲法と平和を守る議席を必ず獲得したいと思います。

京商連三役紹介

会長 久保田憲一(東山)飲食業(再)
副会長 西村 英弥(右京)印刷デザイナー(再)
副会長 源  進一(丹後)織物加工(再)
副会長 国府 久雄(西京)スリッター巻取り裁断加工(再)
副会長 田端 正一(伏見)旋盤加工(再)
副会長 松家 幸治(中京)家電販売(再)
会計・副会長 今西 和政(山科)土木工事(再)
事務局長 池田  靖(宇治)京商連専従(再)

平成27年度労働保険年度更新について

事業主のみなさんへ
労働保険料の申告納付は、本年は、6月1日から7月10日(土日祝は除く)までにお願いします。
なお、昨年度と同様「石綿健康被害救済法」に基づく一般拠出金の申告納付も併せて行っていただくこととなります。
お早めに申告納付をお願いします。
問合せ先:京都労働局総務部労働保険徴収課
〒604-0846 京都市中京区両替町通御池上ル金吹町451
電話:075-241-3213、ファックス:075-241-3233

京ことば

私が平和を考えるようになったのは、民商事務局になる前に保育園のアルバイトをして、園児に「まっ黒のおべんとう」「おこりじぞう」「ひろしまのピカ」などの絵本を読んであげているときでした。「なぜ何もしていない人が殺されなければならないのか」「戦争で何が残ったんだろうか」と疑問を持つようになりました。

それから民商の事務局になり、原水爆禁止世界大会に参加しました。広島の語り部の人の話を聞いて、私たちは戦争の悲惨さは体験していませんが、「二度と戦争は起こしてはならない」と思いました。沖縄や鹿児島の知覧などの資料館も見て歩き、思うことは「憲法9条は絶対に守らなあかん」という事です。しかし安倍首相は、なんとしても「戦争する国づくりを進めよう」としています。戦争立法は違憲だと言われているのに、国会の会期を延長してまで法案を通そうとしています。こんな人に国を任せていいんでしょうか。「平和でこそ商売繁盛」です。戦争しない国をめざして業者婦人の声をくみ上げ、平和を守り続けます。

京婦協事務局長 丹野妙子

地域で生きる

澤田 知さん(72) 宇治民商地域のつながり強め商売も民商も元気に

宇治民商 澤田 知さん(72)

澤田さんが理容店を構える小倉町の住宅街は、宇治市の中でも比較的人口密集地にあたります。商売だけでなく、趣味のボウリングやカラオケで交流を深め、地域のつながりを作ってきました。そんな社交性が澤田さんの持ち味です。

開店にあたっては店舗付き住宅を探し、当時、近鉄沿線で開発が進み、人口も増えていた宇治市の小倉で店を構えてから約40年になります。

地域のつながりが民商支部のつながり

京都市内で生まれ育った澤田さん。親兄弟や親戚も理容店を営んでおり、父は右京民商の会員でした。そんな環境の中で自然と理容の道にすすんだ澤田さんは、30歳を前に宇治で独立開業後、すぐに宇治民商に入会しました。

当時は近所に同年代の業者も多く、声をかけられて地元の青年でつくるソフトボールの同好会にも参加しました。朝から小学校の校庭を借りて汗を流したり、そのあと喫茶店でモーニングを食べたりと、地域のつながりを広げました。同好会には民商会員もおり、地域のつながりを広げる中で自然と支部の会員同士のつながりも強くなっていきました。

西小倉支部でがんばっています

理容サワダ
理容サワダ
宇治市伊勢田町遊田63-75
〒611-0043
0774-23-0055
〈営業時間〉9:00〜19:00
〈定休日〉毎週月曜、第2火曜、第3火曜

澤田さんが班長を任されたのは、入会して2〜3年のことでした。その後、支部役員にも推されるなど、早くから役員として西小倉支部を支えてきました。ここ10年ほどは財政部長として、支部財政をしっかりとサポートしています。2013年からは宇治民商の本部理事にもなり、財政部会や理事会では、持ち前の社交性で周りの雰囲気を明るくしています。

西小倉支部は、宇治民商でも会員による会費の集金体制がしっかりしており、15日の期日集金で9割近くの会費を毎月納入しています。月1回、支部役員会の開催や拡大行動にも取り組みます。役員一人ひとりが支部に対する責任感が強く、以前の役員からの組織活動をしっかりと受け継いでいます。

消費不況で厳しい理容業界ですが…

「若い頃は、仕事中は昼食を取る暇もないほど忙しかったし、仕事が終わってからや休みの日には京都市内や大阪まで行って技術講習を受けて、合間に趣味や付き合いで遊びにも行ったけど、今はそんな無茶は体力的にできひんわ」と笑う澤田さん。

ゆったり座れる店内(理容サワダ、宇治市)今、理容業界は長引く消費不況に加え、若い男性客が美容院に流れたり、組合などに依らない格安チェーン店の進出によって価格破壊が進んだりと、大変厳しい状況です。昔から付き合いのあった同業者も廃業したり、組合から抜けたりと、徐々に数を減らしていますが、澤田さんは元気に店を続けながら趣味のボウリングやカラオケに、民商活動にと頑張っています。以前、宇治民商の記念行事として行われたボウリング大会で、50人ほどの参加者の中で優勝した腕前は、72歳の今も健在です。

商売も民商も「維持せなあかん」

昔に比べて会員数も減り、前の事務局長が病気で引退した時は「このまま民商が潰れないか」と心配したそうですが、毎月支部役員会や支部独自の拡大行動を継続しているのは、「なんとか民商を維持せなあかん」という強い思いからです。「中小業者を取り巻く社会も昔とは違う。これからは会員も人任せではなく自覚を持って、改善すべきは改善しながら運動することが必要やと思う」と、今後を見据えて気持ちも新たに頑張る澤田さんです。

京都市政告発 パート5
差押え「激増」、一部負担金免除「激減」

誰もが安心して医療を受けられる国保制度へ

今年度の京都市国保料は、多くの市民・中小業者の運動がみのり、一人平均2,532円引き下げられましたが、高すぎるという状況は変わっていません。例えば2人世帯の場合、所得100万円(2割減額)で年間保険料18万9390円、所得200万円で34万7130円と、全国でもワーストの水準です。その結果、国保滞納世帯への資格証明書・短期証も増え、とくに門川市政になって、差押件数は2007年の392件から2,092件と急増しています。

北区のAさん(和菓子製造)は、開業して初めての確定申告で50万円の国保料通知が来て、払えきれずに滞納し、預金口座を差押られました。短期証を発行されて子どもも含めて医者にはかかりにくい状況です。また、医療費に困ったときの「一部負担金減免」制度は、滞納世帯や資産調査などでの制限もあり、10年前には519件あった活用数が75件と激減し、金がなければ医療も受けられない現状です。

今春、病気で入院手術が迫られた北区のBさん(サービス業)は、収入が落ち込むこと、預金も当面の支払いでなくなることなどを訴えて、一部負担金免除が決定しました。誰もが安心して医療を受けられる国保制度への改善が必要です。

京商連創立60周年記念フォトコンテスト

特賞 「あ、倉林さんや」 丹野妙子(京商連)
特賞 「あ、倉林さんや」 丹野妙子(京商連)

京商連60周年記念中小業者フォトコンテストは、テーマを「商売・生業」、「民商活動」とし、応募作品52点を記念式典会場で展示し、参加者が投票で10点を選考しました。

審査員賞として2作品をプロのカメラマンであり、民商会員の横山健蔵先生、湯浅治成先生に厳選していただきました。

投票結果

特賞 「あ、倉林さんや」(作品は右写真) 丹野妙子(京商連)
金賞 「平和と笑顔」それが民商と共済会の願い 岸圭子(個人タクシー互助協同組合)
銀賞 笑顔全開!30周年全婦協総会京都代表 十河恵美子(右京民商)
銅賞 シベリア抑留体験談 小島秀介(山科民商)
奨励賞 あっ!京都だ 久保田憲一(京商連)、夏の選挙 国府久雄(西京民商)
60周年記念賞 日本のものづくりの原点 山崎ユディ(八幡民商)、「今、あなたの力が必要です!」 大西利江子(北民商) 経理センター企業訪問A 山津博一(経理センター)
審査員賞 団結ガンバローの瞬間 山田ちひろ(船北民商)
     未来へ! 益田真理(京商連)

審査員賞の講評

記念講演会場で展示、参加者が投票で10点を選考、審査員賞として二作品を横山健蔵、湯浅治成で厳選した。(湯浅治成)

審査員賞 団結ガンバローの瞬間 山田ちひろ(船北民商)評A 団結頑張ろうの瞬間
1.29全中連 中小業者決起集会(日比谷公会堂)参加者の決意 団結の気迫が伝わってくる。熱き憶いをカメラでシンクロさせた瞬間だ。作者の意気込みを感じる。
審査員賞 未来へ! 益田真理(京商連)評B 未来へ
京商連青年部協議会、焼肉交流会毎年恒例のイベントでの集合写真。京商連のホープ青年部、仲間と共に忌憚のない明るい笑顔が見る人を和ませる。作者の言葉どおり、正に 青年子どもは、未来のきぼうです。

京商連創立60周年記念ロゴマーク京商連創立60周年を記念してロゴマークを公募しました

最優秀賞は小林千枝子さん(伏見民商)

行事案内

〈日程〉