フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[運動]>[今西税金裁判]

今西税金裁判 2009年1月29日更新

最高裁は「上告棄却」の判決

2008年4月24日付けで最高裁は今西税金裁判に対して内容を一切検討せず『棄却』の判決を下しました。これまで、ご支援いただいた団体・個人の皆さんに心から感謝を申し上げます。

この不当判決をうけて、6月10日今西税金裁判「ただす会」は、裁判報告・決起集会を団体・個人合わせて34人の参加で行いました。「ただす会」加入は団体・個人合わせて307、署名協力281団体からありました。

本当にありがとうございました。

今西さんに限らず業者は、仕事をする上において、土木であれ・製造業であれ・小売りであれ仕入や経費のない商売はありえません。その時消費税は既に支払っている。なのに「売り上げ全体の5%の消費税をもう一度支払え」と、いうのが消費税2重取りです。

今西さんも私たちも何も悪いことはしていない、これからもやれる運動は何でもしていきたいと「ただす会」一同力強く決意しております。

これからも一層のご支援よろしくお願いいたします。

「ただす会」では早速2008年6月17日に大阪国税局へ7名で、陳情に出向き今西さんへの、強引な徴収をしないよう申し入れしてきました。

最高裁への運動

今西税金裁判 (2008年3月17日):「上申書」「署名用紙」を準備しました。ご協力をお願いします。

消費税の二重取りを許さず税制・税務行政をただす
京都山科の会の運動 (今西税金裁判)

今西税金裁判 2007年12月11日 ビラ

11月16日大阪高裁「棄却」の不当判決!
運動の成果で、一定追いつめたものとなっています!
たたかいの場は最高裁へ!今西さんのたたかいは一生続きます!

11月16日、今西税金裁判の判決言渡しがおこなわれ、60名以上の傍聴参加でした。

冒頭、裁判長は「棄却する」と一言で退席。「不当判決だ」との傍聴席からの声が飛びました。その後、弁護士会館での報告集会が行われました。

これまで、京都地裁への要請署名22,736名分提出し、大阪高裁への要請署名は、合計4,681筆提出、要請FAXも多数送られる等のみなさんからの大きな支援が寄せられました。

判決では立会人について「…実定法上、税務調査において、納税者に税理士資格を有しない第三者を立ち会わせる旨の規定がないだけでなく、第三者が知りうる状態において調査を行うことは、守秘義務に違反するおそれがあるのであるから、税理士以外の法律上守秘義務を負わない第三者の立合いを認めるかどうかは、原則として、税務職員の裁量に委ねられているものと解される。」とし、これまで立会人がいるため帳簿書類が見れず、だから提示がなかったとしていましたが「…控訴人(今西さん)は、帳簿書類を準備し、外形上はこれを提示したと見うる状態に置きながら…」「…当裁判所も両者が別概念(消費税法30条7項で規定されている帳簿書類の保存と提示の意味)である事を否定しない。…」と、「保存」と「提示」は別のものである事を認め、今西さんが帳簿・書類を提示した事実まで認めており、帳簿・書類の存在を否定できず、大阪高裁の判断は京都地裁とは違い、弁解せざるを得ないところまで追いつめことは、私たちの運動の成果です。

11月16日、大阪高裁判決の後、弁護士会館での、報告会で新たな決意を述べる今西さん。今西さんは、新たな決意のもと、11月28日、最高裁へ上告しました。

今西さんのたたかいは、これからも一生続きます。みなさんのご支援をお願いします。

11月16日、大阪高裁判決の後、弁護士会館での、報告会で新たな決意を述べる今西さん。

みなさんからの、多くの署名・激励で、一定追いつめた判決の内容となりました。

今西さんの税金裁判とは…

01年7月、2人の東山税務署員が、きちんと記帳と納税を続けてきた山科区在住の今西和政さん(60才、土木建築業)宅に事前通知をせず、突然訪れ、具体的な調査理由も開示せずに始まった調査。

今西さんが署員の目の前に帳簿書類を提示しているにもかかわらず、立会人の同席を理由として調査を放棄。翌年3月に、消費税の仕入れ税額控除否認、青色申告承認取り消し等で総額3千万円余りの更正処分をおこなってきました。

今西さんは、処分の撤回を求めて04年2月京都地方裁判所に提訴。

05年4月には平成10年から3年分の実額主張のための証拠書類、厚い冊子35冊にも及び、コピー枚数も3万枚余りにもなる「帳簿、領収書・請求書等」を提出し、全国から寄せられた「公正な判決を求める」署名は24,078筆を数えて、いましたが、06年10月27日、京都地裁、棄却。06年11月、今西さんは大阪高裁に控訴していました。

これまでの経過と関連する情報


消費税の二重取りを許さず
税制・税務行政をただす京都山科の会

事務局:京都府山科民主商工会
〒607-8346京都市山科区西野山階町11-17
TEL:592−5858/FAX:502−3246