フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[運動]>[ブレイクスルーニュース【19】2009年12月8日]

京商連・要求運動ブレイクスルーニュース【19】2009年12月8日

京商連不況金融対策本部は、12月8日午前10時30分より第48期第7回会議(通算第17回)を開催し、伊藤邦雄京商連会長はじめ6人の参加で中小業者をめぐる情勢、検討課題について話し合いました。

情勢資料【前回09年11月10日以降】

@11月19日 全商連が生活福祉貸付制度について厚生労働省担当者にヒヤリング実施。

A11月20日 京商連第1回京都府知事選挙・中小業者政策検討会開催。

B11月20日 京都市「中学生以下の被保険者への短期保険証の交付状況に関する調査について」まとめ (別紙参照)

C11月25日 府市民総行動 京都市交渉に池田事務局、京都府交渉に伊藤会長参加。府庁前街頭演説会で伊藤会長訴え。京都市交渉では池田から保険年金局・中江課長に国保の会と懇談を1月に行うよう口頭で依頼。

D全商連付属中小商工業研究所「09下期(9月期)営業動向調査報告」発行。

《調査結果のポイント》

中小業者の営業 未だ深い不況の中 売上・利益動向は底ばい状況、金属・機械製造業(町工場)は底抜け 資金繰り難 新規融資拒否1.6倍

E11月26日 中小業者への支援を求める京都府要請行動に43人参加。毎日放送・京都新聞取材。(毎日放送は12月1日VOICEで報道)

F11月30日 金融円滑化法成立。12月4日施行。

(参考)京都新聞12月1日、7日付記事

京都府下における要求運動の前進的成果

@京都市は国保証を11月末で更新。滞納者には1月4日期限の短期証を郵送して交付する事例も。個タク・北民商で交渉して6ヶ月の短期証を発行させる。

A与謝野町では住宅改修助成制度で当初2000万予算、9月補正で追加2000万を実施。それでも応募が殺到して、12月議会でさらに2000万円を追加する予定。総工事費は既に7億円を突破。建設不況の中で貴重な仕事起こし事例に。また、施行する建設業者を町内に本店を置く建築業者に限定しているため、町内の中小業者の仕事起こしとして効果が上っている。

検討課題

@右京民商で固定資産財・都市計画税で4月末納期1期分、7月末納期2期分合計19,400円を滞納したところ、11月26日付けで右京区長名でゆうちょ銀行の預金を差し押さえられる事例が発生。 (差押調書参照)

A他 税金調査、円滑化法案の実施状況

【討議内容】

@右京の差押事例については本人を先頭に民商として12/4に右京区役所と交渉した。民商側は「つぶされてたまるか」パンフを示し、無益な差押はすべきでない、普通郵便でなく書留で重要書類はおくるべきだと交渉した。担当者は「おっしゃるとおり」と認めて「差押はすべて元に戻す」となった。担当者は職員数は半分にされ理財局の方針通りにすすめている。以前は差押通知なども配達証明で送っていたが今は普通郵便に。苦情があいついでいるとも語っている。

A左京民商で「確定申告書のみで返済能力を判断する」として返済能力がないとされて断られた事例は府交渉も受けて本日再度面接となった。

B金融円滑化法の活用についてはサラリーマンの住宅ローンも視野に入れて、労働組合との共闘も必要ではないか?

C「反貧困ネットワーク京都支部」が12月5日正式に発足した。団体・個人での参加も検討を。

D老齢加算に関する生活保護裁判 12月14日(月)午前10時京都地裁で判決。

【次回予定】

2010年1月19日(火)午前10時30分
京商連会議室